スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月アニメ始まったねー

2013.10.09.Wed
兄さーーーーーーーーん!!!!

という事で、「ブレイブルー」と「キルラキル」と「ガンダムビルドファイターズ」が楽しいーーーーっっ

ブレイブルーが深夜なので、やっとさっき見たワケですが、それまでネットで漏れ聞こえてくる「つまらない」とか「わからない」「新規おいてけぼり」とかいう言葉に不安いっぱいで見たんですけど、みんな何を見ているの?!って思ったわ!

面白いじゃーーーーーん!!!!

ゲームもしてないし、小説も読んでないし、知識は「ぶるらじ」だけですけど、みんな何がわからないのか解らないわ。少しづつバックボーンも小出しにしてるしね。最初から全部設定説明される程つまらんものは無いじゃないかって思うので、楽しいわ。こーゆーのが。


って事で、継続するかどうか解らないものも含めて、一気にヒトクチメモしておこう。さて3ケ月後に何本残るかなー。

コッペリオン
「ミニスカートのはためき」に全てをかけてるアニメ。とりあえず、ずっとミニスカートがはためいている。風景がやったらキレイで、その前に別の風味の人の絵が動いてる感じで、昭和の街角人形劇みたいである。内容はまぁふむふむってとこなので、次回も見てみる。が、緊迫した1話ラスト「狼みたいなのに友達がやられたか!?」の結果が、EDでネタバレしててズコーーーッである。そりゃねーよ、だ。スカートパタパタさすのもいいけど、そこも気を使おうぜ。

境界の彼方
まぁ・・・なんというか・・・ラノベの王道なんだろうから口を挟む事はしない。出てくる女の子によって、楽しく見れる場合もあるんだが、ワタシの好みの女の子ではないのでな。うむ。

京騒戯画
いまどきサブカルオサレアニメってジャンルか。←勝手にジャンルを作成。最近増えたね、この手の雰囲気の絵柄で妖怪絡めてっての。結局はおもしろければいいんだけど、なかなかワタシにビシッとくるのが少ないのだなぁ。
決してオサレサブカルがキライなワケではないのだが。むしろ、オサレに生きたいと願っているよ。ホントだよ。

ストライクザブラッド
武器持って戦う女の子は好きなんだけどもねぇ。なんか安いってか、簡単な空気感漂ってますな。ミニスカ制服はためかせってのでは、コッペリオンのがはためいてたしねぇ。って、問題はそこじゃない。

声優戦隊ボイストーム7
一応、主人公のレッドが柿原くんだってんで見てみました。ゴールドも主人公を主張してて笑ったが。というか、モーションコミック部分がメインでなくて、顔出ししてる新人声優くんたちの売り出し用番組だったのだな、と。
そのわりにモーションコミック部分で声優の仕事をさせてもらえてない矛盾。あははは、いいのかそれは?

ログホライズン
まま、特に可も無く不可も無くっていうところかな。この位のひっかかりの場合、キャラに左右される事になるのでキャラって大事ってとこです。でこれは「アカツキ」がカワイイので次回も見ようと思う。そう、女の子が好みだとこうなるのよね。うんうん。

メガネブ!
どこへ向かっているのかわからない。これこそ、わからない。

ぎんぎつね
主人公が延々と説明パターンのうえに、その子がどうにも・・・。100歩譲ってキャラ設定は好みの問題としても、きつねの絵はいいのに、人間の絵が崩壊してないか。あーゆー顔ってことでいいのか。ブサイクだぞ(直球)
という事で、事情は全て語られたので、もう見なくてもいいなー。

夜桜四重奏
これこそがワタシの「一番苦手な1話」ってやつだった。むしろ苦手すぎて笑った。延々設定を説明する登場人物。いっそナレーターが全部読み上げた方が清清しいんじゃなかろうか。

マギ
一期は見事に途中で脱落。もう見る事もないと思っていたら、柿原くんが出るそうなので一応見る方向で。
まぁまだ出ないまでも、二期はどんな事になってるかなあ、と見てみたけど、やっぱり琴線に触れないのねぇ、これ。脚本なのかねぇ。なんなのかねぇ。

弱虫ペダル
これも一応柿原くんがそのうち出るので視聴。人気声優を使うってこういう事なのねーー。普通なら絵柄的にも設定的にも全く興味の範囲外のアニメですけど、一応見るもんね。
「ドジッ子男子」というジャンルですかね、これ。ドジッ子女子というのはまだまだ漫画・アニメ界には健在と思いますが、最近は男子もドジっこキャラですね。えぇ。
とはいえ、千葉から秋葉原まで自転車で行こうとする主人公はいいです。

東京レイヴンズ
うむ・・・まぁ、見る人は見るだろうから、ワタシはいいか。

サムライフラメンコ
これはまだ明日放送なので見てない。ちょっと期待している方。


キルラキル
今期大本命。グレンラガンがとにかくおもしろかったのでものっすごい期待して見たんですが、期待を裏切らない熱量!!!動きが早いとかってことで、がーーーっと前に出てくるのもそうなんだけど、端々にまでみなぎる大人の本気が好きです。昭和の漫画ちっくなガリガリ書いてる感がまたぐっとくる。
そしてごちゃごちゃ言わずに見て理解、説明は手短に!肌に合うってのはこれだわーーーー。


ブレイブルー
もう思い切り最初に書いたけど、世間の評判なんてワタシには当てにならんのだなぁと実感。世間からズレてるのかもしれないが、おもしろかったよ、ブレイブルー1話。

「魔道書が怯えている!!」 これだけで、見た甲斐があったってもんだ。 

指名手配のラグナくんの顔が途中で変わってたりとか、そこはかとなく漂う銀さん風味はもう銀さんだからしょうがないです。でも、ラグナくんです、あれ。どうぞ、よろしく。
って事で、格ゲーなんていう高ハードルを越える事など到底出来ないワタシが、やっとブレイブルーを体感できて嬉しい。あぁ、待ってたよジン。ハザマとジンの変態対決。毎週楽しみにしますニャス!!!!

ガンダムビルドファイターズ
特に全然気にしてなかったんで、なんで録画リストに入れてたのかも謎だった位なんだけど、予約録画した自分を褒めた。よくやったよ、ワタシ!!!!

ガンプラを売るぜ!!!大きなお友達は小さなお友達を連れてガンプラ作ろう!!!
そんな声が聞こえてくるような清清しい販促アニメです。
大きなお友達も小さなお友達も楽しめる見事な構成。
ってか、自分は小さなお友達なのかも!?と思った程にガンプラバトル部分に燃えた。

というか、いきなり「ギャン」を出した時点で、ワタシは持ってかれた。ギャン。マ・クベご自慢のギャンだよ!!!!こんなもんを目の前に出されたら、そら食いつくわ。



って感じで、お気に入り3本に関しては、2話以降、失速しないでくれよーーーーー!と願うばかり。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。