スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騙されるなっっ

2006.03.11.Sat
少々遅くなったが、年に1回のネコさんの予防接種に行ってきました。毎度のことながら、やっぱり今回もおバカ全開。

最初は大人しく寝て待っていたのに、病院で預かっている犬猫がちょっとしたきっかけでヤンヤヤンヤの大騒ぎに。さすがに聞きなれないながらも仲間達の鳴き声に触発され、うちのネコさんも鳴き出す。一応は気弱そうな声でふにゃふにゃつぶやいてるぐらいだったんだ、間違いなく眠気はふっとんでしまった模様。

そして、いざ診療台に乗せられたその瞬間から豹変するネコさん。2年前の教訓をもとに、絶対にかばんからは出さない事は先生も了解済み。とはいうものの、中にある内網もちょとは開けなければならないワケで、ネコさんも必死なので隙をついてそこから脱走しようと始末。

結局、アシスタントさんがでっかい分厚いタオルでかばんの上から首根っこつかまれ、普通注射すべき場所もタオルに包まれてしまったので「じゃ、お尻にしよっか」という事で、まんまるのお尻の方の背中にプスリ。この間にも、タオルの中から「シャーーーーッ」だの「フゥワァーーーッッッ」だのものっすごい威嚇声が聞こえるワケです。そこまで怒らなくってもさぁって気分ですよ、こっちにしたら。こうなると飼い主の顔なんちゅーのも全く判別する事もなく、かばんを閉めようとするワタシにも思いっきり牙むいてシャーーーーーッッッ。情けない。飼い主としてしょんぼりです。

その後、会計してる間も「しゃーっ」。歩いててちょっとかばんに触ると「ふんぎゃー」。そんな声を聞きながら帰宅。

さぁ、ここからがネコの怖いとこですよ。

部屋についてかばんを開けると飛び出てくるネコさん。飛び出た瞬間、ワタシの顔見て「なぁ~ご」←ものっすごい甘えたかわいらしぃ~~~い声。まるで「さっきねぇ~、ひどい目にあったのよぉ~~」ってな感じでワタシの顔見ながら足元にまとわりつきながら甘えた声で鳴き続けるネコさん。こんな甘え方はそうそうしないような態度。まさに猫なで声。

いやいやいや、アンタさっきワタシに牙をむいて威嚇してたし…泣きたいのワタシだし。

ノミの心臓とノミの脳みそ。体だけはびっくりするほど丈夫なので、予防接種以外は病院にいかなくて済んでるのが何よりも救いです。

0051.jpg
あぁ~あぁ~
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。