スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春アニメから夏アニメに

2013.07.20.Sat
毎度の事ながら、「好み」っていうのはいろんなバランスの元に成り立っているんだなぁ、と思うワケですよ。
結局春アニメはごんごん脱落していって、最終的に見届けたのは「はたらく魔王さま」「カーニヴァル」「進撃の巨人」「悪の華」「血液型くん」でしたわ。どこいった、ロボアニメ(笑)

マジョプリは絵で挫け、ヴァルヴレイヴは早々に切り上げたけど、ガルガンティアはそれよりはちょっとがんばったんです。が、いつまでも海の上の日常生活だったので飽きちゃってねぇ・・・。特にひっかかりも振りまいてくれなかったし。小倉氏の設定は評判は良かったようですけど、ワタシが見てる間にワタシの興味を引くエピソードが無かったので残念でしたわ。あと、たぶんワタシは、あのカイトに乗ってる飛んでるだけのヒロインって存在が気に入らないんだろうな、とは思う。一応最終回は見たけど、やっぱり飛んでるだけだったしな。あははは。2クールあったらもっと!とかって声が見受けられたけど、少なくてもワタシが見てた無駄に時間の過ぎた数話をきゅっとしたら余裕だったんじゃね?とか思うんだが。マドマギも「ふーーん」って感想で興味を示さなかったワタシに「虚淵がキライなん?」と友達が聞いた事があり、そういうつもりも無かったんだけど、もしかしたらそうなのかもしれないと思い始めた。Fate/Zeroがむしろ例外扱いの方がいいのか。

さて7月スタート。今回もいっぱい見ましたよ、一回は。あまり下調べはしないで、ざざっと録画してざざっと見てざーーーっとふるい落としておく感じなので、1話だけ見てるのはいつも結構あるんですけど、2話に至るのが少なくて、そして5話辺りで半分以下になる寸法。だーーいぶ予約録画したはずなのに、既に5-6本になってるよ。


そんな中、女子向けアニメの「オトコいっぱい」ってのは毎度ありますけど、ブラザーコンフリクトっつーアニメの「13人の兄弟」ってのは笑った。多いわ!!!!(笑) 出せばいいってもんじゃなかろうよ!!
まぁ、見始めたらワタシの苦手パターンだったので、もう見てないけどもね。
夏アニメで見る二次元の男子が一気に減ったワケですが。あぁ、もったいない。

つか、乙女ゲームをアニメ化すると、なんであんなに何もないぼーーーーーっとした時間がいっぱいなのか? セリフもヒトコトづつがゆっくりに感じるんだ。女の子が「あっ、うん・・・」って言ってる時間集めたら15分位になりそうな勢い。

同じようなパターンで「アムネシア」を柿原くんが出てるのでってんで見て、途中で3回位挫けつつの完走だったワタシにとって、柿原くんが出てないブラコンの高い高いハードルを越えられるはずもなく。
EDで「幾原邦彦」の名前を見つけた時は「わぉ!!」と思ったけど、薔薇がキラッキラしてるEDは1回見たので満足です。


そんなこんなで乙女ゲームが苦手というのは元々あったんですが、更にアニメ化されても苦手のようだ、という事が判った昨今。むしろ、同じ「なんじゃそりゃ!」設定ならラノベ的展開の方が合うらしい。所詮ワタシが「女子」というより「中二」だって事なのか・・・・・なるほど、なんか理解した。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。