スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコさん受難

2012.07.28.Sat
日頃から病気をしない親孝行なネコさんなのですが、この度、ワタクシの監督不行届きでえらいこっちゃな事になってしまったわ。一応、もう大災難は脱したのですがー。

ある日の夜、いつもならワタシと一緒に寝るネコさんですが、何やら落ち着かない様子。呼べば来るので、撫でていると寝る様子は見せるのですが、少しすると部屋をウロウロしながら、ふにゃふにゃしゃべっている。結局一晩中そんな調子で。翌日仕事から帰るとあちこちに吐いた後があり、その夜もケポケポ数回嘔吐。
今までも毛玉は時々吐いてましたが、今回は胃液のようなものばかりで毛玉が無い。うむーーー。
エサも減ってないし、水もいつもより減ってない。そして、ネコさんもだるそーである。

翌日、午前中に抜けられない仕事があるので一応会社に行きはしたが、やはり胃液を1日吐いてるのはフツーではないので医者に行こうと決心。社長に「すみません、ネコの具合が悪いので早退します」と帰宅。社長もネコ好きでもあるし、差し迫った仕事があるものでもないので、「お、お大事に」とか言ってまして、ありがたい環境でございます。

それまで色々原因を考えていたんですが、もしかしてーーって思ったのが、コードをかじるので、今は全てのコードを保護してるのだが、以前に噛み切ったコード付きマウスをおもちゃ代わりに転がしてまして・・・・。も、もしか?いやいやいや・・・でもなぁ・・・でも、これが一番思い当たるっちゃー思いあたる・・・

そして、いざ獣医さんへ。

状況と、懸念事項としてコードの話しをしたところ、まずはレントゲンを撮ったワケですがーーーーー。

思いっきりコードが映ってる・・・・・・・(暗黒)



「内視鏡で診ながらひっかけて取り出せるかもしれない」「ダメなら手術」という事で、全てを先生にお任せして退場するワタクシ・・・・(無力)

ついでにやってもらった「血液検査」の結果は良好だったのがせめてもの救いではありましたが、もう、なんとういか、自分で与えたもんがネコさんの体に異常を起こしたとか、どーにもこーにもでございますよ。

いや、なんつーか、まぁ、「なんでそんなでかいもん飲み込むかね!!!!」という気持ちもありますが、
なんだかんだ言っても「飲んじゃうようなもんを置いておいたワタシが悪い」っすわなーーー。あーーあーーー。

そして、1時間ほどしてお迎えに行きましたところ、「内視鏡で取り出せましたよ」と言われて渡されたのが、ネコさんが飲んでた「コード」・・・・長いよ!!!!長い!!!!どーやって食った!!!!ソーメンかよ!!!

レントゲンで映った長さと同じなので取り残しは無いと思います、とか言われて一安心。

しかし、飲み込んだそれは中に銅線があるのではっきり映ってるが、周りのゴムってのははっきり写らないので、これだけの物を飲み込んだという事は、過去にも周りのゴムみたいなとこを呑んでる可能性はあって、胃がすごい傷ついていたので、それはその成分で荒れているんではないか、と。

あーーー(ガクリ)
すまん、すまんかった。ネコさん。

とりあえず、胃を保護する飲み薬もらって今回の処置は終了。

今回はネコさんの命に別状は無かったですが、下手したら命に関わる事なので、とにもかくにも今はほっとしております。病気知らずな親孝行ネコなのに、ワタシのせいでキライな病院に連れていかれてパニックになっていたネコさんを思うと、本当にすまねーって感じでございます。

犬はなんでも飲み込むとは思ってましたが、まさかネコもこんな無謀なものを飲み込むとは思いませんでした。
皆さん、気をつけましょう。




最後に先生に、「治療代はそれなりにかかってます。ただ、開腹すると倍はかかるので、いろいろ注意しましょうね」と言われ、覚悟して会計に望みましたところ、「血液検査」「レントゲン」「麻酔」「異物取り出し」などなどぜーーーーんぶあわせて、約10万円。


あーーーーーーーーー(別の意味でガクリ)



0555.jpg
ボクのせいじゃない!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。