スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうした節電ブーム

2012.01.22.Sun
東京都23区内もこのところ寒い日が、というか、冷たいという感じの日が続いているワケですがーー

公共施設の暖房が、例年通りハンパなく盛大に行われており!

暑いよ! こちとらコート着てんだよぉー!


東日本大震災後、○ったように(ピー)節電騒ぎをしてたのは何だったのかと…

毎年、なんであんなにコート着た客に向かって暖房を浴びせるんかな…と冬になるたび疑問だったんだが、理由は何であれ、今年は節電でマシになるかと思ってたワタシが甘かったよ、お母さん(涙)

原発止まってんだよね、大半が。

火力発電を増やしたとか言うんだけど、原発事故前のCO2問題は、そこは知らんふりなのか…そうなのか…


火力発電にも頼らないと、産業が回らない部分もあるわな。わかる。理解はしてる。



だからっつって、何もなかったかように娯楽施設でガンガン電気使い始めてるのが理解できねー。


ワタシ、わりとマジメだ。


なんて思うが、単に、半袖とかシャツ一枚で接客してる、暑い百貨店とか役所とかどーにかなんねーかなーってだけなんだ。

だって、暑いよ。


この都会において、この発達した建造物の中で、外気が入り込んで買い物も出来ない程凍えるとか無いから、安心して暖房温度を下げてくれ。
切れとは言わない。
下げろ。(いつしか命令)

そしてさり気なく付け始めた不要な灯りは、消したらいい。

節電騒ぎの時に、必要な夜間の街灯まで消したのにな。
何だったのかな、あれ。




昔この百貨店暑い疑問に、「コートを脱いでゆっくり商品を見てもらいたいという気持ち」でコート不要になるほど暖房を入れている、という説を聞いた事があるんだが、ちょいとした客は客じゃないような、この迷惑な話しは本当なのかな。単なる都市伝説なのか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。