スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応見た

2011.10.09.Sun
やっぱり見ないとダメかねぇ、という気持ちもあり。まぁ、ガンダムうんぬん言う前に、ここはアニメタイムでもあるのでとりあえず何でも見てみる時間でもあり。

「機動戦士ガンダムAGE 第一話」を見ました。


もう、なんというかね。わかってるよ。わかってます。それを言ったらダメなのは知ってるよ!「そもそもターゲットをオマエじゃないから!」って天から声が聞こえてますよ。なので、見て感想とか持っちゃダメなの。うん。ダメ。ね。そうそう。今までもそうだったでしょ。そしてこれからも「ガンダム」はもう「ガンダムじゃない」んだから、ワタシが変わらないとダメなんだ。知ってる。知ってるって。

なので、感想っていうか、「ついったー」のように脊髄反射で書き込むような気分で、脳内をよぎった事だけ書きとめておこう。(ワタシはついったーは少々見る程度で、積極的介入は一切していないのでアカウントとか聞かないでください)

「敵さんがハイカラだねぇ」
「謎の生命体が突然襲ってきたとか、なんかいきなり善悪は一方的っすね」
「曲線の登場人物いっぱい見るとザブングル(not芸人)思い出す」
「次々と物分りのいい人がいっぱい出てくる」
「全体に縮尺がなんだかよくわからんな」
「子供向けだとしたら子供をなめた設定だな」
「武器はどこだ?って、おい、装備してねーのかよ!」
「最初の攻撃が落ちてる武器を使うとかびっくりなんだが」
「持ってるじゃん・・・しょぼいビームサーベル」


こんな感じか。

「謎の敵」がこれから顔のある敵として描かれていく事はあるのでしょうか。
第一話で一切この敵の背景に触れられるシーンが一個もないという事は、このあまま「謎の敵」なのか。
だとしたら、単なる復讐が主軸な話しだけなんだが。それって最悪じゃないか。

結局マジ語りの自分がせつない。








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。