スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まうぴこんさーと

2010.09.26.Sun
やっと見れました!たっちゃまソロコンサート MOUSE PEACE uniting with Five ~TATSUYA UEDA LIVE 2010~
0442.jpeg



タイトル、ながい。ソロコンだからマウピで行きたかったんだよね。でもファイブさんも付いてくれるワケだし。ゆってもたっちゃまの名前入れないとワケわかんないし。ってな題名。

そんなソロコンも、今日がワタクシ的初日で、明日が既にワタクシ的最終日。なので、まずはグッズを買いませんと・・・と思い、開演1時間前に行ったところ、とんでもない行列で・・・・最後尾が見えなく、歩き気力を奪われるワタシ。キャパ以上に人が居る気がするんですが、気のせい?

係りのお兄さんに「会場内では売ってますか?」と聞くと「ここだけです」との返事。こりゃ明日もっとがんばって早く来るしかないかと思い「これは何時から売ってるものですか?」と聞くと、「今日は3時からでしたが、明日は開演時間が早いので、その分早くなって1時からです。」

・・・・・明日って16時からなんだ!!!!!

開演時間が違う事にここで気づくワタシ。おいおいおい。
返金の憂き目に会い、いろいろあれこれしながら結局譲っていただいてたワタクシは、必死すぎてもう時間なんて全く見てなかったというこの事実。あぶないわーーー。うっかり行ったら終わってるところだったわよー。

ってなびっくりもありつつ、見て参りました。たっちゃまソロコン。

とりえず、たいしたネタバレなんぞはございませんが、一応続きはクリックで。


まずですねーーー、カツンコン東京ドームでのソロコーナー「マリーアントワネット」の衝撃から調度2ケ月。いやーーーーーー、いいっすねえ。この出し物。かなり好きだわー。ここだけでもPV出して欲しい位にこれ名品。名曲っていうより、名品。

ゆっても、今回は決定も近々であまり前から準備できる期間もなかったようですし、どんどんソロ曲を完成させるような活動もしてないでしょうしって事で、2年前の初ソロコンサートの組みなおし+新曲入れ込み+広い会場の分盛大にって事ではあるんですけど、メインイベントともいえる「マリーアントワネット」がお見事ざんすよ。


うん、やっぱ良かったーーーーー。これ。曲も歌詞もダンスも構成も全部ひっくるめて、これが出来るのは上田くんしか居ないわなーーーーというコンセプトものとしてはかなりの完成度かと。このすっとびコンセプトを、こういう見せ方で男子アイドルが一人やるっつーのはすごいわよ。ホントに。これぞ「ショー」じゃないっすか。ね、ジャニーさん。

上田くんというのは、曲ごとに見せる顔がくるくる変わって、その曲のふり幅が広いんだと思うんですが、そんな普通なら、2曲3曲見て網羅すべき上田くんの持ってる「いろんなキャラ」を凝縮して1曲になったのが「マリーアントワネット」なんではないかと思いましたわ。だからなんつーか、すごい贅沢な気がするのね。たぶん。ワタシは。

とはいえ、さすがにマリーアントワネットでは網羅しきれないおふざけキャラが出してきた曲が「ニートマン」。 腹ペコマン、ヤンキー片思いに続く、とでもいいますか。これがまたイイ。上田、天才じゃないかと。やることなすこと、どんだけ客を喜ばしてくれるのかっつー。アイドルとしては満点です。まったく。おかしな落書きを曲に合わせてぐるぐる動かしてくれた編集制作スタッフさんもありがたいっすね。

あ、あと、もう最近のジャニコンでは定番となってきた「水の出し物」。これもかなり良かったっすね。全く他のグループのコンサートに行ってないので、比べてどうとかは言えませんけど、丁寧に作ってあるなーーーーと思いましたよ。これは、舞台装置にしても映像にしてもそうなんですけど、本当に見てて自然に「スタッフさんが丁寧に作ってくれてるよねーーーーー」と思うものばかりでした。ありがたいありがたい。


にしても、何んやかんや言っても、何が楽しいかっつーーーと、2年前の初ソロコンでも思いましたが、さらに広い会場で味わう「手放しで上田くんをみんなで愛でる」って事ですわな。夢空間ですよ。全く。



そんな夢空間で運よく降ってきたいろんなもの。

最初に、ロゴ入りテープ。最近はもうカツンコンに行っても反応しないのですが、隣の一人のお嬢さんが欲しそうにもかかわらず、なんかちょうど取れなそうな境目だったので、リーチを生かしてワタシがゲット。すちゃっとやったら2本取れたので1本差し上げる。

そして、次が、噴き出す羽たち。ぶわ~~~。キレイなのでうっかり手が伸びるもこれが難しい!!!勢いよく手をだすとその風圧で進路を変える羽。これまた、ちょうど振ってくるような来ないような微妙な位置。せっかくなんでここもリーチを生かして羽をゲット。これも、隣のお嬢さんが欲しそうだったので取って渡す。そしてもう一個取ったら更に向こうのお姉さんが欲しそうだったので渡す。ここまできたら自分の分も欲しくなり、再度取る・・・って、こうしてる間、全く上田くん放置。周りのお客さんも必死すぎて、ぜんぜん上田くんを見てないこの事実。いつも思うが、これステージから見てたら面白いだろうなーーーと思うの。えさに群がる鯉のようで。    (ピンクノートはグッズ)
0443.jpeg


んで、最後はでっかい風船が会場の各所に登場し、上田くんの合図で割れると、ちっさい風船が出てくる仕掛け。
これが席によっては明暗分かれるのですが、偶然間近に風船登場。振ってくる風船を眺めながら、「こればっかりは、1個限界だよな」と思い、とりあえず1個ゲット。量的にさすがに隣のお嬢さんも自力でどうにかしないと!と思ったようでがんばって1個ゲットしてたのが救い。お互い健闘を称えあってみたり。
0444.jpeg
中に飴入ってます。

このあと、上田くん自らバズーカで飴を発射してましたが、さすがのこれは少量かつ距離の問題もあり、手に入りませんでした。しょうがない。でも、飴がくるくる回りながらすごい勢いで飛んでるのを見て、「つかめるか!!!!」と思ったもんです。速い、速いよ!!!

ま、そんな事も久しぶりに楽しみつつ、というか、楽しみたくなるような幸せ空間なんだなぁという事で、
ワタクシ的最終日の明日も見てまいります。


上田くんメモは明日まとめて。(予定)




ちなみに、公演終了後もグッズを販売していたので、大人しく並んで買ってきました。昼よりダメージ少ないので夜並んだ方が正解かも知れない。明日も公演後に売ってくれたらノートとシールをもっと買いたい気分。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。