スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀さーーーーーーーーーーーん!

2010.04.24.Sat
ってか、高杉さーーーーーーーん!

ワタクシの銀魂歴というのは、テレ東でやってた時は「ごくたまに偶然」、アニマックス(・・・キッズステーション?)で「時々」、この前の大晦日のアニマックス(・・・これもキッズステーション?)で「がっつり」程度のものでしかなく、なんとなーーーーく背景はわかるも、相関図とかまで把握するほどでもなく。

そんなワタシではございますが、元来のアニメ好きなおかげでしょうか。本日の「声優舞台挨拶付上映」に友達に声をかけてもらい、見て参りました。見たいなぁとは思っていても劇場に足を運ぶか?というものはこうして誘ってもらうとうれしいもんです。予習として公式サイトの「相関図」は見直して出かけましたよ。

そんな感じで声優ファンとも銀魂ファンとも言えない中途半端な立場ながら公開初日から見せて頂いたこの映画

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇
とんでもなくおもしろいぞーーーーーーーーー!!!!


うひゃうひゃ笑う面白さの他にも「面白い」というのはいろんな種類があるもんですが、じわじわ染みる人同士の気持ちの面白さ、涙ほろりの面白さ、斬り合いシーンのアニメとしての面白さ、出来る事は精一杯やってお客に見せようという制作サイドの気持ちの面白さ・・・・そんなもんがいっぱいぎゅわーーーっと詰まったもんが、ぼーーーんと飛び出てくるような、そんな映画でございました。

「気持ちが3D」

旨い事言った、ワタシ。



言葉を並べるとワンピースとかもそーじゃね?って感じなんですが、ワンピースともちょっと違うのは「侍」というキーワードがやはりちょっと特別な意味を含んで見てしまう年齢になっているせいでしょうか。それとも日本の美学を感じてしまう辺りか。(ワンピース劇場版も何本か見てて好きっすから誤解せぬよう)


あとですねー 今日は声優舞台挨拶もある回のせいもあって「とっても好き」で見に来てる客が満載なせいもあったのでしょうか。まるで誰か友達んちで見てるかのような客席の一体感がおもろかったーーーーー。全員がスクリーンに同じ気持ちで向かってる感。うっかり声出して「エリ!」とか言っちゃったし、ワタシ。銀さんの決めシーンに期待わくわくで声出ちゃってる人いるし。みんな入り過ぎ。

ま、そんなワケで劇場版も見たことですし、担当を決めようかと思いますが(意味がわからん決め事)、ワタシはですねー、銀さんももちろんそらーーーかっこいいんですけどもですね、「高杉」でいきたいと思います。エリザベスが居るので桂も捨てがたいんですけど、高杉で。

まぁ、テレビ版を全部見たりしたらこれまたうっかりうっかり他に転ぶかもしれませんが、ざーーーっと今ままでの知識と今回の映画版で決めると、高杉ですね。「純粋」なオトコです。えぇ。


も一個面白かったのが、舞台挨拶終了後、スタッフのお兄さんがでっかいでっかいブルーシートに包まれた物体を持って舞台袖から客席を通りぬけたんですが、大きさと状況から言って中身はどうやらさっきまで舞台に居たエリザベス。思わず会場から「エリ?エリ?」という声が。エリザベス、どうやら頭部がでか過ぎていろんな事情でそんな事態になった模様。苦笑と拍手に包まれる中、お兄さんがはけ際に「しーーーー(内緒)」なポーズをしたので、本当はこれは内緒です。


東映なので、来月はゼブラーマン。
0410.jpg



ついでに、今日は秋葉原のガンダムカフェがオープン。
0409.jpg
朝から大きなお友達が行列です。ワタシは並ぶの苦手なのでとりあえず見るだけ。ふっと辺りを見渡せばシャアが何人か・・・あははは。更に、行列のルールが今ひとつわからず、とことことお土産やに近寄っていったワタシの横で、スタッフジャンパーを着たお兄ちゃんがなにやらブツブツ。ん?と見上げるも遠い目をしているので一瞬無視をしたんだが、聞こえてきた言葉がどうにも状況的にワタシに言ってる模様。もう一度振り返るも絶対に目はあわせないけど、確実にワタシへ「列に並べ」という事だった。どこがその列なのかとかは説明しませんけども。わはは。お兄さん・・・・大丈夫でしょうか。その気弱な且つ言葉足らずで。大きなお友達は時折ムチャを言うだろうから、負けないでね。

初日と行列ルールは、店に向かって左に「カフェの列」。向かって右側に二列で、一列が「ガンダム焼きの列」と、もう一列が「お土産屋さんの列」。
ガンダム焼きの列はそのままカウンターにつながってるのでわかりやすいが、お土産やの列は、お土産店入り口から数メートル離れて並ばされ、数名毎に誘導されて店の前に連れて来られる方式。なので、店の前が空いてる形になり、「え?入れるの?」ってな事になり、ふら~って近寄っていくと、遠い目をしたスタッフに「並んでください」とつぶやかれます。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。