スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ更新

2005.12.22.Thu
大雪によるたくさんの被害が出ている中、雪国と言われつつも何気なくあまり雪の積もらないワタシの実家付近。

しかし、このたびの「新潟地方の大規模停電」はさすがにクリーンヒットしており、実家はガスストーブがあるので、寒さはどうにかなったとは思いつつ、一応どんな様子だったのか電話で事情聴取したところ、またママがノンキな事になっていた。

ママは、たまたまちょっとした近所での停電と思っており、TVもラジオもつけないまま、一回電気が点いたら電気の点検してでかけるつもりだったそーで。偶然家の方面で起きた火事の情報を聞きつけたパパが電話をしてきたところ、「これから外出するから~」というノンキなママの言葉を聞いてパパは大慌て。「今、どこ行っても停電だぞ!信号もつかないから渋滞だ!どこ行く気だ!家にいろ!」。ここでやっと世の中がタイヘンな事になってると知るママ…。停電から既に数時間。やっとラジオに電池を入れて情報入手。「ラジオつけたらいっぱいいろいろ言ってたのよ~」。危機管理能力ゼロ。

その後、時々調整する際に通電するのを「停電が終わった」と思い、ビデオの時刻あわせをし、また停電し・・・を3回ほど繰り返したとか。ヒマなのか!ったか、まぁヒマなんだろう。しかし、さすがに3回で諦め、他にやる事もないので、ガスが点くので夕飯の支度をはじめたところ、パパが「仕事にならねー」と緊急帰宅。いいのか、パパ…。これまた適当。すでに3時を回っており、更に暴風雨の為辺りは暗い中、2人でガスストーブの前で仏壇のろうそくを灯しながら「戦争後みたいねー」とか話をしてたそうで…。

そしてマヌケなのが、「ふっとTVの下を見たらビデオの電気がパカパカしてて」、そこで電気が復活してた事に気がついたと。部屋の電気は切ってきたので、「いつから電気が通ってたのかわからないのよー」だそうで。あぁ、ノンキ。
0019.gif


ニュースで見たおうちは、みんなで部屋の電気が点いて「わ~~」とか言ってたのに、その瞬間にも我が両親はろうそくともしながら2人でくっちゃべってたのかと思うと…。


にしても、いろいろ偶然が重なってママはうっかり外出しちゃわずに済んだワケだが、こーゆー時、「広範囲での停電なので情報はラジオを付けてくださーい」くらいの地区の放送車が回ってもいいと思うんだが、違うのか。選挙だ増水だといろんな放送が聞こえる場所のここに比べると、どう考えても、田舎の方が不親切。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。