スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっやまロミオ 見てまいりました

2009.03.07.Sat
4日から始まった「ロミオとジュリエット」をやっと本日見てまいりました。

なにはともあれ

たっちゃま、がんばってた!

ソロコンサートの時にも思いましたが、ワタクシがいつも思う以上に、たっちゃまはしっかりしているんだ、ホント。今回も心配なんて必要ございませんでした。えぇ、えぇ。むしろ、ワタシよりちゃんとしてるな。

という事で、ネタバレというほどのもんではありませんが、たっちゃま賛美はこちらからどうぞ。


まず、上田くんが「舞台をやる」と聞いた時点で、1人コントでもしてくれるのかと思うようにしていたくらいに、舞台でお芝居をする彼を想像できておりませんでした。
確かにジャニーズ舞台は出てますけど、ヒトコトフタコトの役だし。長いセリフ言ってるのなんて、ワタシ「怖い日曜日」でやってた「祠の秘密」しか知らないし!!!(←むしろ忘れてあげてくれ)

更に追い討ちをかけるように決まった演目が「ロミオとジュリエットやります」と聞いた時は、「コメディよね、コメディだよね、コメディだと言ってくれ~~~」と叫ばずにはいられなかった程に、シェイクスピアを上田くんが演る事に、とんでもなく不安を持ったのはワタシだけでは無いはず。

決して良いとも思えないカツゼツだし、極度の緊張しぃだし・・・・

しかーーーーーし!

上田竜也くんは、またライフポイントが増えて強くたくましくなっておりました(感涙)

確かにカツゼツはお世辞にも「良い」とはいえませんが、ほとばしる思いとでも申しましょうか・・・ちょっと位意味がわかんなくたって、全身から発する気合で通じるからOK!と思いましたわ。プロからしたら、「それ言ったらさー」って事かもしれませんが、そんくらい上田くんはロミオだったような気がいたします。

脚本が「現代風にアレンジ」という事でしたので、みんなでわ~いわ~いとふざける場面や、アドリブの掛け合いの部分もあったりと、堅苦しくない場面がたくさんあって、「素」に見えるような、見えてもいいような演出かとは思うのですが、実際問題、あまりにもホンキで素が出ると、見てる方の気がお芝居の世界からそがれる恐れがあるので、この辺のさじ加減は実は演者さんにかかってくる中、上田くんはちゃんと舞台でロミオを演じていながらの楽しく自由な姿だったように思います。

たっちゃま、やっぱり集中力がすごいのかなぁ・・・・。


なんて、まぁ、ホントはこんな事ばかり考えておりました。

ロミオとジュリエット、めんこ~い!  とか、

ひらひら衣装がホントにふつーーーに似合うなぁ~ とか、

途中のロミオのヘッドスカーフ(?)バンダナ(?)は似合い過ぎて違反だろう・・・ とか、

殺陣の練習、ハンパなかっただろう~~な~~~ とか、

乳母の人、うま~~~い とか

ロミオパパの松葉杖はマジ骨折かよ~~~ とか、

ロミオの友達のお裁縫好きの役の子が今回のナイス配役だ~ とか

ハセジュンったら、いつのまにこんなに大人の顔になってんだよ~ とか




んでもって、四六時中思ってたのが、ジュリエットがドラマ「魔王」に出たてサイコメちゃん((c)ぴこりす)なワケなんですけど、この子がまぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーカワイイ!って事か。

上田くんは、最近はかわいいが絶好調に継続中なので、楽しげな場面では、出てくるだけでほんわかほんわかお花を撒き散らすようなお姿に大満足。

幸せいっぱいのロミオとジュリエットの場面では、そんなほんわかロミオと、可憐なお花そのままのようなジュリエットが並んでるだけで、ほのぼの~~~~~~ですよ。 なんつーか、小動物カッポー。
逆に、後半の悲劇のシーンでは、誰よりもちんまりしてる2人なので、それだけで「家の事に巻き込まれてる」という風情も出まして、いやーーー、見事なキャスティングですわな。

舞台は、前半のキャイキャイの上田くんと、後半の悲劇の上田くんがたっぷりの休憩無しの約2時間。
ストーリー終了後はカーテンコールのみでご挨拶や歌などは無し。

そんな大満足のロミジュリでした。


にしてもですね、こーゆージャニーズの舞台を見るとですね、いつも、「仕事とはいえ、ホントに周りのプロの人たちはなんてスバラシイのか」と思うのですが、今回はこれまた人数も少ない中、皆様、ホントにプロだなーーーーーと感動しました。歌にしてもセリフにしても、人数少ないのにやっぱりビシっといきますもんね。こんな人たちを集められるジャニーズの力技に感謝しつつ、明日もまたロミジュリ見てきま~~~す(バカ丸出しの日程)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。