スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト -09-

2008.02.09.Sat
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)


ザビーとカブトの戦いの回というか、
その戦いの後、病院で女医を逆診察し、勝手に入院患者に食事を作って振舞う天道の回。

「おばあちゃんは言っていた。病は飯から。食べるという字は人が良くなると書く」
という語録にまともに胸を打たれたワタクシ。

倒したはずの天道はいる挙句に、カブトに変身するのを見て
我を忘れるザビー矢車だが、ザビーゼクターに見放される。
まではアリですけど、その後、使命感に燃えて熱くなってる加賀美が
サビーになるというびっくり展開。

そして、カブトバイクまでも「キャストオフ」機能が!
前輪が二つに割れて間からものっすごいでっかいカブトのツノが出る。
3輪バイクになるやら、ツノはでか過ぎるやらで
バイクのビジュアルがとんでもない事になるこちらもびっくり展開。


・加賀美を助けるためにサビーのライダースティングを受けるカブト
・樹花ちゃんの制止を受け一晩入院する事にする天道
・シャドウに入ってもゼクトビデオで戦いを録画する係りの加賀美
・カブトを倒したと思っている矢車
・影山と同じ病院に入院した天道「芝三田園総合病院」
・ひよりが触るとベルトの破損が直る。ひよりは記憶のベルトを思い出す。

【初めて出てきたあれこれ】
「ザビーゼクターは自らブレスにくっつくことも可能」
「カブトバイクもキャストオフする」

【今日の天道くん】
ザビーに殴られた後に死んだ振りから立ち上がる天道くん。
どうにも撮影した時にとんでもなく寒かったようで、
白い息を吐きながらしゃべる引きの映像ですが、
血の気が引いた感じがホントに仮死状態から戻った風でたまらんです。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。