スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうにもこうにも

2006.11.26.Sun
電車でポスターを見かけ興味があったので行ってみました。

近代印刷のあけぼの~スタンホープと産業革命~

これが…どうにも…つ ま ら な い。ワタシにはね。

民間企業がその財力でやってる博物館なだけにある意味期待してた部分があるんだが、さすが大手というべきなのか、金はおっそろしくかけているが全く面白くない。確実にワタシの興味ある物品が並び、興味深々の話題にも関わらず、何ひとつココロにひっかかる事の無い展示方法。いやホントに、広いわキレイだわモノはいっぱいあるわなんだけど…だから?みたいなな。文化的な社会還元というより金対策なんだろうなぁという印象。

建物を入ってもポスターはめちゃくちゃ貼ってあるが、メイン展示館はどこかもわからないまま、おそるおそる入っていき、行き場が無いので目に付いたエスカレーターを下ったらそこが有料展示場だったという。ちなみに無人受付カウンターみたいのは、お土産やさんのレジだった模様。そして、展示場の受付ではお姉さん2名の居る横に、タッチパネル式の入場発券機が2台。割引券を持っているのだがどうみてもそれを考慮したボタンが無いのでじーーーっと眺めていると、カウンターのお姉さんが「割引券のある方はこちらでどうぞ」と。って、そこだけ人力かよ!いわゆる4名体勢で2名は割引券には対応してない人が居るみたいなもんじゃんか。

お金を払って中へ入ると、まずは何よりも  暑い

展示物より何よりそれが気になって全く見る気半減。天気のいい日中に駅から延々歩いてきたコートを着た人は考慮外の温度設定。

壁にはいわゆる壁画に始まって現代に至るまでの歴史に沿ったブツが並んでいるんだが、このむやみに高い暖房にさらされてるワケだし、見渡しても撮影禁止の注意書きは無いので全てレプリカとか思い写真を撮っていたら、ずっとそれを見てた係り員が、しばーーーらくしてから「こちらは撮影禁止です」と言いに来た。撮影してたのをずっと見てて…今言う?というタイミング。ずっと泳がせていた挙句に注意するってどうなの。

どうせ暑いのでろくに見もせずに進むと自動ドアの向こうがいわゆるメイン展示場。自動ドアを通るとそこにやっと「ここは撮影禁止」の看板が。最初の展示場にはこれが無かったから撮影したんだが…置く場所の意味がわからん。

そして笑うのが自動ドアと抜けるとそこは空調がちゃんとしていて快適な温度になっているという事。なぜさっきの展示場は出来ないんだ。設計ミスなのか?

しかし、空調は快適なんだが…肝心の展示内容は…

だだっぴろいキレーなところにただただ展示物が並んでるだけ。どういう順番で見たらその展示物がより楽しく見られるのかもわからん位に「整然」と並んでるだけ。

そして目に付く「黒ずくめのおばちゃん達」。なんとなく仕切られてる部屋の角角にイスがありそこに座ったり立ったりしているのでいわゆる学芸員という位置づけだと思われるのだが、妙に目立つ。むやみにいっぱい居るせいか、暗い照明の中に黒ずくめの服で統一されていても目立つ目立つ。その人たちがいちいち立ったり座ったりするので、学芸員といより営業マンが居る感じ。そしてこっちが見られてる!という視線。落ち着かない。なので、タッチパネル式と思われるものもあったが、触ってみる気になれず。

そのうえ、ワタシはざっと見てから興味あるものを見直したりと行きつ戻りつして見るのが好きなんだが、歩くと音が響き渡る自分の足音がうるさいという事態。落ち着かない。

とにかく落ち着かないし、楽しさが全くない。

最後の方には昔の印刷工場のような場所があり時間によっては体験もできるようで、中ではおじさんたちがデモンストレーションのように見せているんだが、本来ならワタシなどは食いつくようなものなのに、楽しそうな雰囲気はゼロ。体験の時間に子供がわいわい居たらいいのかもしれないが、客が多かろうと少なかろうと客が大人だろうと伝わるもんが無いとそーゆーのってむなしいというか。


そんなこんなで滞在時間10分程度だったんじゃなかろうか。ホントはきっとワタシの好きなものがいっぱい詰まってたかもしれないが、それを上回る見せ方のマズさにげんなり。

他の階でやってた「ドイツと日本の美しい本」とかいう企画展も同じく、ただただただただ本と解説分がずらーーーーーと並んでおり、動きもへったくれもない。触っていいのかどうかもわからん。というか、うっかり触ってみたい気も起きない。どうなんだそれ。そしてそこにも入ると立ち上がる学芸員ならぬ観察員の人が。そそくさと退場。それは人気のない服やに入ったら慣れない販売員にずっと見張られる気分!そう、それ!

トッパンさん。余ったお金の使う方向は悪くないと思うが、運営方法は思いっきりヘタみたいです。

スポンサーサイト
コメント
あら~
我が家まであと5分って感じでした。。
今度はうちにも寄ってね!
そ~よね~。お邪魔したいですわ。ぜひぜひ。
だいたいあのヘンの状況は掴んだので(ホントかい)
駅以外でも待ち合わせもできるはずよ!!!

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。