スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堂本光一コンサート

2006.10.28.Sat
夜はママさん上京の目的である「堂本光一ソロコンサート」へ行ってまいりました。
0167.jpg


思い起こせばワタシはSHOCKはもう何年も見ていないしKinKiコンも何年も見てないので、生☆堂本さん自体が久しぶりな上に、KAT-TUN以外のコンサート自体もものっすごい久しぶりでございますよ。えぇえぇ。

舞台装置なんかは2年前に水をじゃんじゃか出してたものや、KinKiのドームでの激しくド派手は装置に比べたら、シンプルそのものなんですが、そんなもんは関係ないね。光一さんが躍ってればそれでイイ世界。

結局、何をしても「That's 堂本光一」。どこをとっても「堂本光一ってこれいうもんです」という見本市みたいな。何ページをめくっても「堂本光一カタログ」見てるような。

曲はソロアルバムからじゃんじゃかやるので、アルバムを聞いてないワタシ(こらっ)にはソロシングル以外はほぼ知らない曲なのですが、そんなもんは無問題。一緒にどうのこうのというのではなく、「堂本光一さんの見せてくださる世界」をひたすら堪能すればいいだけだから。とくもかくにもその見せてくれる世界にただただため息ですな。「照明」と「MA&ダンサーの力」と、そして「光一さんの華」がバシっとハマると圧巻。

にしても、光一さんったら踊り倒し。どんだけ躍るんだ!と心配する程に一生躍ってます。そして、最後まで完璧に踊りきるその体力。やっぱあの人サイボーグかもしれない。いや、とても良くできたアンドロイド。美しい人工生命体にしか思えない。恐ろしいのが、生光一さんもそうなのですが、MCの時にビジョンで見せられた「コンサート終わりで焼肉を食う光一さん」の顔が一番「人工生命体」としか思えなかった事。血の気が引いてて作りもんみたいにキレイ。MCでは口を開けば客をイイ歳だのダイエットがどうだのと暴言吐きまくりなおっさんなんだがな…。人工脳に若干設定ミスが起きて小学生なみになってしまったアンドロイドって感じかもしれない。

まぁ、そんな光一さんのコンサートですが、よくある「みんなで一緒に躍るところがあるので練習しましょう」というアレがおもろかった。KAT-TUNでいうところの♪ナナナ咲くかなハルカナやく~そく~ とか、♪あいら~きっ(I Like Itです)とかあーゆー手だけの振りかと思っていたら、笑っちゃうほどの全身での踊りを、それも結構長いバージョンを「え~やだ~」とか「まだあるのかっ」とか軽く突っ込みつつも決して子供ではない皆様が従順に振り移しされて皆でやってておもろいおもろい。帝劇の天井補強に続き横浜アリーナの土台補強をしておくべきかと。

しかしコンサートというのはイイですな。ワタシにとっては普段TVでも雑誌でも偶然見るだけが基本な光一さんですら、コンサートを見るだけでなんか「確認」「納得」「安心」という作業ができるワケで、本来なら定期的にその作業が約束されていたはずが、現在のKAT-TUNワンフには無いというのはでかいなぁ、としみじみしてしまいましたよ。コンサートで「ろく~ん」見たいなぁ。ホント。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。