スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国GP

2006.10.02.Mon
ディープインパクト、負けましたねぇ

って、そっちかいっ!


はい、というワケでF1の中国GPの地上波放送は、後半が競馬の凱旋門賞とだだかぶりで誰も見てなかったかと思いますが、シューマッハが勝ちましたよ。なんて報告してみたり。

ライコネンにつきましては、スタート直後のバリチェロ抜き⇒バトン抜き⇒フィジケラ抜き⇒マシントラブルによるリタイア、とちゃっちゃかちゃーと全てを見せて去っていきまして、おかげで何の障害もなく凱旋門賞を見られました。って…そんな事望んじゃいなかったんだがな。


気がつけば、ライコネンの優勝を見ないままにここまできてしまった2006年シーズン。ダイジョウブなのか!!?!マクラーレン!!!
このまま優勝できないままマクラーレンを去るなんてそんな悲しい話はないじゃないか。頼むよマクラーレン…エグエグ
つか、予選で走っててミラーが吹っ飛ぶような車はホントにやめよう、マクラーレン。ホントに。




全く関係ないけど、NHKで流れてた凱旋門賞(まだ競馬の話か)の中継映像ってば、すっごい見難かったですね。馬の走ってる迫力とかそーゆーのは伝わってくるんですけど、結局ディープインパクトも含め、走ってる馬の位置関係が全くわからないあの角度。やっぱり競馬というより、ヨーロッパでの貴族のお遊び風味を残すとあんな雰囲気での映像になっちゃうんでしょうかね。レース映像としはありえないですもんね。あれ。にしては、コースの中に駐車場が思いっきりあって、風光明媚とも言いがたいレース場ですし。よくわからん世界です。

※※競馬につきましては全くのド素人です※※
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。