スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいおいおい

2006.03.30.Thu
Blogペットのみー様が、まるで人間のようなエントリーをしていて腰をぬかしました。深すぎてこえぇーよ……



さて、カツンのコンサートも始まり、洩れ聞こえてくる「いいよ!」「サイコー」という言葉に、「このツアーの中身が勝負だよ!」と自分がものっすごい心配をしていた事に気づいたり、ホントにオマエが心配したってしょーがないだろうというセルフ突っ込みをしたりしながら東京の空の下でこじんまりと彼らの門出をかみ締めていたワタクシ。

更には、怒涛のTV出演ラッシュのうえ、何気なく見てたクイズ番組で「先日デビューをした~~~6人グループの名前は」「正解はKAT-TUN」という出題をまのあたりにして、恐ろしいほどの事務所の力もかみしめてみたり。業界内根回しがすげー。

いや、しかし、TVを見てて思ったんですがKAT-TUNの売りでもある「初々しさの無さ」っつーのが、歌ってる姿とか話し方とかでなく、トークがメンバー内で処理しきれる という部分なのかと。

過去のエピソードの中からいらない部分をそぎ落とし、今現在の突っ込みも加えつつ、話すメンバーも場に応じて変えつつ披露するという安定感すら漂うその様。役割分担もさることながら、ちょっとかぶりつつもヤンヤヤンヤと話すそれすらも「元気いっぱい」を演出しつつのトークかよ!と。そりゃー、初々しいワケがないって話で。
スポンサーサイト
コメント
安定感とかを出題しなかったよ。



管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。