スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また福井氏

2014.11.02.Sun
ガンダムUC公開時、原作小説の福井氏の追っかけか?という状態だったワタシですが、久しぶりに福井氏を見てきたーー。

はじめまして。大隈重信さん。
0717.jpg

という事で、早稲田大学の学祭に行ってきたよ!!!

人混みで死ぬかと思ったよ!!!
学内はもとより、早稲田大学行のバスで既に満員で死ねたよ!

少しばかり早めに行って、「あの早稲田」の大学祭の雰囲気でもちょっと味わってみようかと思ったけど、いざ付近に着いたら、時間までに教室にたどり着けるかどうか!?レベルの人渋滞で慌てたわ。本当に。

ひーひー言いながらたどりついた早稲田キャンパス15号館。

「早稲田大学ガンダム研究会」による
「福井晴敏氏・小形尚弘氏が語る~ロボットアニメは死んだか~」

実は柿原さんが中野の大学の学祭に出るってんで、当初はもちろんそっち狙ってたワケですけど、まぁ、当たるはずもなく。あははは。当日券出るっつても、買える気なんてコレっぽちもしないですし。ねーーー。
と、もぞもぞしてた頃に、目に飛び込んできたのがコレですよ。
福井さんの話、久しぶりになんかいっぱい聞けそうだし。チケットあるし。

いやーー、何はともあれ、福井氏、いっぱい話をしてくれました。
ワタシ達仲間うちでは、”使えるヲタクの星”とか”じゃべるヲタクの星”とか言ってますけど、正しくは”口のうまい小説家”です。もんげー胡散臭い。

小説家とサンライズプロデューサーというお二人によるロボットアニメの歴史講義は、最初すごい丁寧にやるので時間ダイジョブ?とか思ったら、途中で「ここから知りません」とか言い出して、後半は超適当。近代史をばっさり切られる中学の歴史授業かと思いましたよ。

その後、事前アンケートを踏み台に一般代表4名を交えてのお題に沿ったトークがあり、客席からの質問が3問位で終了。
一般代表の中の1名で、プロフィールに偽りがなければ「東京大学 法学部の学生」って人がいい感じにトークスキルがあるわウザさもあるわで良く連れてきたなぁという感じでした。

全然「ごちうさ」とか知りませんが、「こころ ぴょん!ぴょん!」というワードを聴衆の心に刻み込んだ東大法学部。恐ろしい。

そもそものお題の「ロボットアニメは死んだか」とざっくりしてますんで、まぁ、結論なんてーのが出るなんざ誰も思ってないので、その辺は深く追求せず、だただた福井氏のトークライブとして、ワタシは大満足!!!!

ありがとう、ガンダム研究会さん。





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。