スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お母さん?

2013.01.15.Tue
最近の関東のニュースは、まるでお母さんである。

昨日今日で繰り返し聞いたのがこれ。
「足元に注意して」「時間に余裕を持って」
「交通情報をよく聞いて」「革靴ではなく、底に溝がある靴を履いて」
「少し前屈みで歩いて」「鞄はリュックや斜めがけにして、両手をあけて」

そーいや、秋には上着の薄さや、夏には袖の長さまで言ってくれるしねぇ…


ニュース番組って、お母さん?お母さんなの?
そのうち、ハンカチとか定期持ったかとか言われるんかな。

もしやこれは保護者ロボットの実験場なのか。そうか。そうだ。うん。


スポンサーサイト

東京はまたパニック中

2013.01.14.Mon
まぁ、昨日がとっても暖かかったので、天気予報でいくら「雪降るぜ!」と言ってもピンときてなかったとは思うのですが・・・そして、予想よりも早くに雪になったとは思いますが・・・

スノータイヤは履いて車を出そうぜーーーーー!!!


近所の整体で、おじーちゃん先生に重労働を課してすっきりした身体になり、とっとと帰ってのんびりしよーと家に向かう帰り道に、立ち往生する乗用車。

男子2名女子1名の3人の若者が押しているも、どうにもこうにも進まない・・・となったら、手伝うしかないじゃございませんか。最終的に男子1名が更に加わり、計5人でビミョウな坂のてっぺんまで押し上げたワケですが、轍でも空回りするようじゃ、お手上げですわな。更にここからどこへ向かうにも、もっと急な坂が待ち受ける地形なのね、ここ。あははは。という事で、とりあえず、それ以上はどうにもならんので判断は運転手次第という事で離脱したところ、また同じ場所でシュルシュルシュル・・・て音が(涙)

えーーーーと思ったが、他の歩行者のおっさんが2名で救出。その車はその後無事に走り始めたので見届けて終了。って、当たり前だが、ワシずぶ濡れ。何してんだ、ワタシ。


免許とれるほど大人のみなさん、雪に慣れてないなら雪の日は車を出さない。出すなら専用タイヤをはく。これだけは覚えておこーぜーーー。大人なんですから。まーーじーーーでーーー。



比較対象が無いので、まったく積雪量がわからないという、意味のない雪写真。
ゲルググくん、雪に埋もれるの図。
0602.jpg
下まで埋めると、ゲルググは見えなくなる量なんだぞー。

雪をバックにモデル立ちのゲルググ。
0603.jpg

新年早々(追記あり)

2013.01.09.Wed
年明け早々に、痛々しい芸能ニュースがきましたね。

某(棒)人主演による、人気漫画の実写映画化。


ポプラ大賞に続く、炎上商法なのかな、これ。


炎上商法にのりたくないので、固有名詞はださないよ。
己の過去が過去だけに、さすがに触れたけどさ(笑)


追記

午後になって、更にいろんな方面で盛り上がるこの話題の中で、
「小野Dでいいよ」 というフレーズに、小野さんの愛されっぷりと信頼っぷりと、そして何だか漂うみんなのおもちゃっぷりがたまらなく笑いを誘います。
スタイルいいし、顔も昭和のハンサムだし、何より皆が納得の声出す本人だしねぇ。
ワタシも小野Dでいいよ(笑)

でいいよ、って使ったやつ天才。

勇気ある外見

2013.01.04.Fri
明治記念館のお菓子部門っていうのかな。「菓乃実の杜」ってのがあります。
ネットで見ると焼き菓子の通販だけなんですけど、新宿小田急百貨店の食品売り場に行きますと、ここのケーキも売っておりまして。
で、ここは時折、「どうしてそれを商品化した」というものを出してきて、なかなか侮れないんですが、今年もやりましたよ。

0601.jpg
商品名「みぃちゃん」 巳年のみぃちゃん。

つか、ヘビの形のままケーキにしおった!それもなんだか緑。和菓子の濃い緑とかじゃないよ。明るい緑。
アメリカ人の作るお菓子の色合い。とぐろ巻いてて舌とか出てるし。
んで、頭にみかん。なぜ・・・なぜミカンを乗せたーーーーー。

巳年という事で、世間にも様々ヘビを「どうにか可愛く商品化」という命題が発令されてると思いますが、ここまで真正面からヘビのままケーキにするとか、斬新だわ。ケーキの名前として「みぃちゃん」を採用した辺りも。


そんなヘビケーキのみぃちゃんですけど、ちゃんと美味い。
そこはそれ。さすが明治記念館って事でしょうか。



いいと思うの

2013.01.03.Thu
カツンの使い方として、ずーーーーっと間違ってるとしか思えない深夜番組が長く続いているので、これもビミョウな気分で見始めましたよ。「哀すべきエーッ!?な人 さまぁ~ずカトゥーンサンドウィッチマン」。

希望の光としては、さまーずとサンドイッチマンである事。

始まった時は、素人いじりだしネタも何だし、「これまたハズすんかなー」と不安満載だったんですけど・・・

いやぁ、良かったですね。

結局、ずっと持論ではあるんですけど、カツンは適当にわっちゃわっちゃやらせとけばいいんです、と。
さまーずさんもサンドイッチマンさんも仕切る気ないしね。むしろ、アナウンサー要らないしって位で。

メンバーの使い方も、合ってるし。あれでいい。
そう、特に上田くんと中丸くん。あれでいい。(超上から目線)

中丸くんはなんかいつも身体はらないといけない流れになるので気の毒だけど、あのぷるっぷると打ち震える感じがこれまた味わい深いです。年齢を重ねてもなおあの子鹿のような感じ。いいです。官能小説のくだりでは、精神的に打ち震えてたと思いますし。

上田くんは、特にトークが上手いワケではないんで、ヘタに決め決めなセリフは言わさないように。キャラ先行でぶっこんでいけば、基本トンチキなんでなんかおかしな事してくれるかと。そういった意味で、官能小説の担当はナイスだった。写真がどんどん出てきた時も素直に笑わせてもらいましたよ。

プロデューサーさん、だらっとあの調子でまたやってください。お願いします。無駄に力入れて、不自然に順番にセリフ言わせたりせずに。
そして、カツンがさまーずさんとサンドイッチマンさんにもっと面白がられますように。




謹賀新年

2013.01.01.Tue
明けましておめでとうございますー。

0600.jpg

今年の年越しはお出かけはせずにお家でまったーーーり。

初めて紅白歌合戦を、頭から最後までちゃんと見たわーーー。いつもは、「この人ん時だけ」とかで当りをつけてそこらへんだけ見てる感じだったんですけど、今回は「ももクロちゃんを見逃すワケにはいかねーーー」という強い決意のもと、頭っから見た。

ゆっても、12月になってからよーつべで映像みまくってからの、完全即席にわかももクロちゃんスキーなんですけど、たった1ケ月のくせに、「紅白良かったねぇ(涙)」「「いよいよ本番だねぇ(涙)」とすっかり気分はモノノフ。

ももクロちゃん、かっこよかったねーー。かわいかったよー。うんうん(涙)

そして、堀北真希ちゃんと綾瀬はるかちゃんのツーショットが見れたという、なんというミラクル!
桜吹雪がどばーーーと襲ってきた時の2人のアハハっぷりに、こっちはウヘヘ(←変態ではありません)

今年の紅白で学んだ事・・・ってか、確信が更に深まった事。
かわいいは正義!!!!
ありがとうございました。


紅白→ジャニーズカウントダウン、という正統派(!)年越しをして向かえた2013年。
面白そうな事は出来るだけ首をつってこんでいこうと思っております。
今年もネコさんともどもよろしくお願いいたします。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。