スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品展なんですよーーーー

2010.02.27.Sat
ビーズジュエリー制作を習いはじめてからもう何年になるんすかねー、という位に何気にがんばっているんですけど、この度、東京教室のワタクシ達生徒の作品展が開かれる事になりましたんですよ!!!

力説するには理由が。

作品展をしよーと思うのよーとセンセイからお話があったのが、まだ暑いさかりでございました。事のタイヘンさをまだまだ知らなかったワタクシ達は「わ~い、やりた~い。やる~。作品作る~」なんてノンキに答えてたあの頃。

しかし、人生においてこんなに「理想と現実」、そして「計画と実行のタイヘンさ」に直面する事になろうとは。

デザインの時点で漠然と思う「こんな感じ」が己の力量で出来るのかという事。みんなでセンセイに理想をぶつけつつ、センセイは現実をみながら1人ずつに答えていくのですよ。あぁ~~~タイヘン。ワタシ達よりセンセイが。あははは。すみません・・・センセイ。

いざ作り始めたはいいが、今度は自分の力量の無さに何度もやり直し。やり直し。なんで同じ数編んで同じ数のビーズが入っているのに大きさが違うのよ!!!!なんでってか、己のせい以外に理由はない。やっと何か順調にやってると思うと、どうにもバランス悪いので、目数を変えてまた見本作りをしなくちゃだったり。そして、気を引き締めて本番に臨んでいると、糸も引き締めすぎたのか、いきなり途中で糸が動きません!!!(←タティング編みは動かないと致命傷)とか。
3歩進んで2歩下がる、ならまだしも、1歩進んで2歩下がってるような。それ、進んでない。

いやぁ、半年なんてアッという間ですよ。ホント。

センセイの予定してた提出期限なんて、一体何人が守れたことか。いくらセンセイが焦っても、歩みの鈍いワタシ達。重ね重ねすみません。

という事で、作品展の1週間前をきった本日。やっと提出して参りました。遅っっっっっっっ


同様の人が複数名。それぞれが出来上がる度にみんなで拍手! 普段通りのレッスンを受けてる生徒さんの周りで、作品展提出組みったら大騒ぎ。迷惑だとは思いつつ、自分の苦労を思うとついつい大はしゃぎなのですわ。

そんなみんなの汗と涙の作品展。散歩がてら興味がある方はぜひご覧いただきたい。ただ、作品を見る時は「遠めで、雰囲気だけ」で見て欲しい。あ、センセイのは凝視してダイジョブです。

CCI00002.jpg


詳しくはコチラもご覧ください。→ビーズジュエリーBlanc 作品展2010 in 東京


怖いのが、こんだけ苦労したのに、いやむしろ苦労したからなのか、期限に追われてやっつけ作業をした事を悔やみつつ、「今度はちゃんと計画をたてて、きちんと作品作りたい!恥ずかしくない作品作りたい!」とか言い出すワタシ達。喉元過ぎればという事か。しかしどう考えても、こんな生徒をいっぱい抱えたセンセイの方が身が持たないでしょうねぇ・・・・。
スポンサーサイト

戦えるかもしれない

2010.02.21.Sun
いつも行ってる近所の整体に行ったら、自分が思ってる以上に体の方はタイヘンな状況になっており、先生がものっすごい勢いで揉んでくれてるのはわかるものの、体の方は全然揉まれてる気がしない!感覚神経まで到達してないのねーーー。

すげーーーなー、ワタシの体。こんだけ押されても揉まれても痛くもかゆくもないんだ・・・・なんてぼんやりしながら、フッと思った。

ワタシ、今ちょっと変身したライダー程度の強度を持ってんじゃなかろうか、と。

いや、むしろ人間の状態でボコボコやられても結構起き上がる登場人物達は、「ドラマだから」とかではなく、「体が凝っててきっと感覚が無いから」という理由なのかもしれない。


そんな事を思いながら、ゆっくりと揉みほぐされ少しずつ感覚神経が蘇ってくると、冷凍シャケとかの気持ちになってきます。でろ~ん。


たっくすめ~ん

2010.02.15.Mon
ストーリーがどーとかヤボな事は言わずに、純粋にまーくんと安田顕さんを楽しむ為のドラマ、TAXMEN。

今どきイケメン俳優とは一線を画すふわふわニコヘアーで挑んだまーくんですが、おかげで新たなる一面を見出せた素晴らしいドラマになりホントーに嬉しい限りなのですが、これも相手が安田さんというこれまたなんて無駄にオトコマエ!という素晴らしいお人だったおかげだと思う今日この頃。

オトコマエなのにこんなにアホ演技がハマるって・・・・神様、ありがとう。

ワタシはこーゆー人が好きだよ。まーくん、こーゆーおかしなおっさんになって欲しいよ。って、まだ20歳の若者に何を希望してんだかって話しですけど。あまりに未来を見据え過ぎですけど。

でも、無駄にイケメンなまーくんって想像できてイイっすよね。オトコマエなのに何っすかこの人!って言われるまーくん。あぁ、見える・・・・ぽわ~~~ん(はーと)←えらい未来を想像して惚れ直しております。


本日の運勢

2010.02.15.Mon
先週風邪で溜め込んだ処理をしまくり、やっとお家に帰るその電車の中。

何とか空いた席に座る事が出来てホッとしたところ、気がつくと隣からアルコールの匂い!

見ると手にしてたのは缶ジュースとかでなく缶ビール~~

のぉーーーーん

ワタシ、酒の席はやんややんや騒いでるからこそダイジョウブですが、完全にアルコール分解成分を体内に保持していない見事な下戸。アルコール入りケーキで酔えるほど。
なのでまじめにじーっと匂いかがされたら気分悪くなる。

それに飲み会は匂い充満とか無いしね。

なのでこのまま接近戦で攻撃されたらヤバい!

と、そんなこんなの二駅後。

反対隣が空いた!即横移動!
やった!これで誰か間に入ってくれ!


もちろんすぐ埋まる空席。

やった。これで安心だ。


と思った途端………

カシャカシャひゅーんカシャストしゃしゃしゃしゃ……

耳元で隣の耳から漏れた音が鳴り響いてますよ。



呪っていいっすか。隣とそのまた向こうの席のヤツ。




※よい子は呪うとか真似しないでください。専門家の指導の元、充分注意して行っております。 (いろいろウソです。)

おひさーーーー

2010.02.13.Sat
いやぁ。。。偏頭痛に風邪にと、てんこもりのここ数週間。偏頭痛はいつもの事ではありますが、風邪よ!風邪!

風邪にはめっぽう強いDNAを持ってるとしか思えないワタシなので、ヤバーーと思っても一晩毛布に包まってウンウンうなってると翌朝にはすっきりするところが、今回はぜんぜん抜けなかった。すごい敗北感。DNAの配列でも変わったんでしょうか。

つか、頭痛ん時に行く医者は長年お世話になっている新宿の脳神経の医者なんですが、今までは頭痛の合間に行ってたのでその場でどーとかなかったんですけど、今回頭痛真っ最中にヘロヘロになってたどりついたら「とりあえず注射で頭痛取るか」と言われ、初めて「皮下注射」なるものを経験。

注射もってスタンバイした看護師さんから「皮下注射は痛いから我慢してね」と言われ、その状態でそのセリフはなしだろうという感じですけど、こっちは頭痛の方がひどいし、痛いのもヘイキな性分なので、「あ、どうぞ、どうぞ」とお願いしたワケですけど・・・・皮下注射って確かにイタイのね。

しかし、しかし!!!!!

5分位で頭痛が消える。

この感動。

少ししてからやってきた看護師さんに「どーですかー?」と聞かれ、思わず「皮下注射すげぇーーー」と頭の悪そうな感想を口にしてしまいました。でも、ホントに感動した。

それに比べて、風邪でぐだぐだになった状態で行った内科は・・・悲しかった。

もーろーとしてるワタシの前に薬を並べて延々説明されてもだな・・・・ムリ!!!!ってか、立っていらんないよ!座らしてくれ・・・説明は後にしてくれ・・・

そんなワタシに向かって「具合悪いの?」って、だから来ていまーーーーーーす!

そのまま座り込みたいのに、「お会計は隣ね」。は・・・早く。いや、むしろ後にして欲しい・・・ダメ?ダメか?

何とかお会計を済ませたものの、どーにも出来ず受付のイスで小一時間動けなかったですよ。でも、誰も何も言わないものなのですね。まぁ、みんな病人なのでいちいち気にもしてられないんでしょうけど、放り出されないだけマシでしょうけど、ちょっと悲しかったわ。皆さん、風邪で病院行った時ってどうしてんでしょう。


そういったワケで体にはくれぐれも気をつけたいです。


いやーしかし、ワタシも寝込む程の風邪をひく事がわかってしまったのはショックだーーー。バカなのでひかないっすよーーって言ってたのに!

そーいえばー

2010.02.01.Mon
友達から送られてきていたドグちゃん、ラスト2回。

テレビを新しくしてから見るんだいっ!と、テレビが届くまで待っていたドグちゃん。

ゆってもアナログ録画ですしプラズマで見る意味は無いんですけど、気持ちですよ。気持ち。

んで、まぁ、ちょっと前ですけど見たワケですよ。最終2話。


結末に大号泣!!!!!


ワタシ、ドラマで泣くとかたぶん何十年ぶりじゃなかろうか。というか、こんだけがーがー泣いたのも記憶にないし!ってくらいに大泣き。動物感動モノならぴゅーぴゅー泣くけど、そのほかの部分では結構冷静なんで、「あぁ~」とか思ってもそうそう泣かないのにさ。ティッシュペーパー発動したからね。


だって窪田くんが泣かせるんですよ!ドグちゃん(谷澤ちゃん@アイドリング)もまた健気な感じでイイんですよ!

ベタ中のベタなんだけど、今どきこんな王道無い。決して適当に終わらせたようないい加減さはなく、この結末は決まってたんだろう潔さ。そーだね、いわば日本昔話の刹那さを継承してるね、あのラスト。


そうだ、ドグちゃんは日本昔話に認定しよう。伝承していこう。


そんなワタシの今の心配は、ドグちゃんのまつりロードショー、行けるかな・・・・という事。2月末決済でなんだかすっちゃかめっちゃかな予想なんだよなぁ・・・エグエグ。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。