スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高岩さん!

2009.09.30.Wed
偶然つけてたのが日テレで、そのまま流していたら「笑ってコラえて」で何やらスタントになりたいだのどーのという話が。ふ~んと思って見始めたらカメラはJAEへ。仮面ライダーの話でも出るべかなぁ~なんてそのまま見てましたらば、あらまぁ何て事でしょう・・・高岩さんが登場よ!!!!ぎゃーぎゃー

レッスン生の男の子が泣きだした時は、こっちもついつい感動だわよ。カッコイイもんねぇ、高岩さん。憧れるよねぇ、高岩さん。

って事で、しばし高岩さんの特別レッスンの様子が。

ド素人のワタシがカブトを見ていて「中の人カッコイイ」と思った位なんだから、やっぱすごいんだわよね。ホント。こーゆーちょっとした番組でまたスーツアクター目指す人が増えたらイイよねぇ。日テレだけど仮面ライダー映像もチラッと映ったりでありがたやありがたや。



スポンサーサイト

仮面ライダーディケイド ファイナルステージ & 番組キャストトークショー

2009.09.27.Sun
まーーーーーーーーくーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!!!!


さて今回のファイナルステージは11:00公演を見てまいりました。
特筆すべきは、「大阪公演とライダーショーの内容が違う!」「念願のまーくんの歌が見られた」「まーくんがバルーンアートが出来て、やってる姿が恐ろしくかっこいい」という3点。

まず、ライダーショー。

大阪ではダークライダーvsライダーってな事でワリにシリアスな内容で、戦うシーンも多かったので「がんばれ~~~」という展開盛りだくさんだったのですが、東京では「ライダーコント」。
トークショーで思わずまーくん達も「あのイクサの使い方はどうなんだ」とか「悪ふざけ過ぎ」など楽しそうに話していて、思わず会場もうなずきながらの爆笑。そんなコント。この手に持ったペンライトの出番はどこだよ!みたいな。

みんなでアポロガイスト達を倒すぞ!という中で、「イクサレストラン」「響鬼そばや」などが登場し、コネタ入れ込む、入れ込む。特に「みんなが大好きなイクサ」のレストランでイクサが登場した時の歓声がおかしい。なんでしょうこのイクサ人気。黒板メニューにも値段が「193」だったりでスタッフも力入れ過ぎ。
大阪ではライダーの声が本キャストとは別の人があててましたが、今回は「ディケイド」「ディエンド」「クウガ」に関してはキャストが当ててたいたので、その辺りもちょっとテンションがあがるってもんで、イクサの真似をするディケイド=イクサの真似をするまーくんの声で「座りなさい」とか聞けて結構レアでした。あとは、何一つ覚えてないけど、コントの中ですごい早く口セリフを言ってたまーくんにもちょっと感動したり。

カッコイイライダーショーを求めてるとコケますけど、ライダーの個性あふれるコントはワタシは好きです。もちろんみんな揃って戦うシーンはもれなくカッコイイですから、そこがあればOK。

ショーの冒頭でキバーラちゃんが出てきて「あの最終回どうだった?」「微妙よね~」「怒ってなぁ~い?」とかいうかましで始まり、キャストといいスタッフといい、なんかみんな客の気持ちはわかってやってるのね、とういうのもショーの楽しさか。

そして2部のトークショー。

今日はまーくん(士)、公くん(ディエンド・かいとー)、ユウスケ、夏ミカン。

毎度役名と本名がごっちゃになってる表記で申し訳ないが、いつも結構ごちゃごちゃ混ぜて話してしまうので、思ったままに書かせて頂く。

んで、まぁ、まーくんですよ。

登場から、ユウスケ以外3人がバルーンアートっていうのか、風船で作ったお花や犬を持って登場。トークショーではずーーーーっとこれをもって行っていた3人。公くんと夏ミカンの「犬」は小ぶりだったんだけど、まーくんの持ってる「花」がでかい。勢いこんでしゃべると花がゆ~らゆ~ら。面白いから、それ。
しかし、この風船。どこから持ってきたのかと思っていたら、なんとまーくん自作!!!どこまで器用なんだ、この人!!!

途中で、この風船が景品となったユウスケ仕切りの「クイズ大会」が実施され、そこで追加の4問目の時に、まーくんがバルーンアートをその場でやってくれたワケなんですけども・・・も・・・マイクを置いてカッコつけながら風船をキュッキュやってる姿がーーーーーーーーーーー!!!ってか、そこにキレイな手の動きも加わってーーーーーーーーたまらん!!!!!!キレイ。美しい。カッコイイ。

普段の挙動不審っていうか、平均的日本人20歳男子の動きとはちょっと違う彼の不思議挙動が、バルーンアートでは見事昇華されてるとでもいいますか。

ナイス特技!

普段彼を見て思うのは「カッコイイ3:おもしろい7」って感じなんだが、その時だけは「カッコイイMAX」になってたワタクシ。この先、このカッコイイMAXの彼を見る機会がそうあるとは思えないだけに微妙なツボをつかれて困っている。

そんなカッコイイMAXのあと、念願のまーくんの歌コーナー。きゃーきゃーきゃー。

十年祭では歌の無い日を見て、大阪ファイナルでは公くんの番の回に入り、やっとこの日を迎えました。ワクワクワクワクワクワク。

そんなワタシの目の前に現れた、素肌にファーのベストを着たまーくんが!!!!ぎゃはははははは、でた!!!! 何この外人並みの押しの強さ。 かっこいーーーーーーーーーと思ったその矢先、聞こえてきた破壊的歌唱力と、ワケわからんダイナミックなパフォーマンス!!!!まーーーーくん、サイコーーーーーーーーーー(笑)←笑うんか

ある意味何かに憑依されたようでもあり、でもどこかすごい冷めてるようでいて、やっぱり単に暴走して我を忘れてるだけのようでもあり・・・・・やっぱ面白いなぁ、この人。

公くんが歌ってる姿を思い出すと、あれがごく普通のパフォーマンスだったような気がするの。カッコつけつつも垣間見れるちょっと照れてるような表情の公くんっつーか。そーーーゆーーーのがまーくんには無い。あるのかもしれないが、見えない。

歌い終わって、みんなが出てきて最後のシメトークに入ってる中いきなりしゃがみこみ、ユウスケに「どうした!?」と驚かれ、「疲れた」とつぶやく自由さもまたまーくん。自由だ。

でも、でも、ホントーにまーくん本体のスタイルの良さと顔のパーツの収まり具合とかは、ホントにホントに写真より画面より、実物の方がとんでもなくイイのは伝えておきたい。痩せてるけど華奢ではなく、がっちりしてるけどマッチョでなく、小さい顔にでっかりパーツが収まってる様は、ショーモデル並みだと思う。マジで。しゃべると面白いだけで。


最後に、パンフを買うとできるという「仮面ライダーとの握手会」にも参加。
「クウガ」「W」「ディケイド(コンプリートフォーム)」「ディエンド」の順で握手していくんだが、やっぱり”ガワ”といえども思い入れによってドキドキ感って違うから不思議(って言ってるワタシが不思議だ)。
クウガ、Wとはふつーに握手をしてもらったのですが、友達の「やってもらいな!ダイジョブ!」の応援を受けてディケイドにはのハグ&握手をしてもらい、ディエンドとは握手、という完全にディケイド大好き状態で終了。フォルム的にはホントにどうかと思うディケイドコンプリートフォームだけど、思いれでここまで好きになれるものなのね。

しかし、きゃーきゃー言って終わったものの、考えたら中には知らないおにーさんなワケでして、なんで知らないおにーさんとハグしてるのかと思うと、ホントに不思議空間。ってか、中の人も大きなお友達相手もしないとイケなくてタイヘンだよね。マジで。やさしくしてくれてありがとう。



冬の映画までディケイドの再放送も始まるようなので、今度は地デジで録画したいと思います。




たいへんだ・・・

2009.09.22.Tue
天道と寮長のあとは無かった事にしている某俳優(伏せるのか)。その後、破壊的な演技力に頭を抱え、嫁に頭をかち割られてからはできるだけ静かに見送っており、もちろん今度のTV局的起死回生の月9も知らんふりをする予定だったのにさ・・・・・・・

勝地涼が出るそうじゃございませんか。それ。

勝地くん見たいーーーーーー でもあの人の顔芸がメインだと思うと・・・・どーーーしよーーーーー


勝地くんはじめ他の出演者もがっちり固めてるようで、考えれば考えるほどたった一人だけあの人の演技力が怖い。ある意味、本人も周りも気の毒なような。


その昔、ナンシー関さんが高島○伸さんに関して「記号処理された顔面ぬいぐるみ演技」と評された事があるんですけど、ロボットドラマ以降、水嶋ヒロを見るとワタシにはこの言葉が浮かぶんですよね。あはははは。

そうか、前は期待した分げんなりしてたけど、ここまで来たらもう、開き直って記号だと思って見過ごすしかないかーーーーー。だなーーーー。


だって勝地くん、見たいもん。





※井上まーくんの破壊力もなかなかのもんっすけどもね。キャラ勝ちしてるので今は見逃してます。

久しぶりにあわてました

2009.09.21.Mon
友達から「まーくん握手会!」とメールが来てから2時間後には整理券を手にしてました。ぜーぜー

3月の写真集発売握手会の時点で全く目に入ってなかったうえに、今日の千葉、明日の川口での、「まーくんトークイベント」は一緒に動けるお友達が見つからず、軽くヘタレなワタシは自宅でのんきにディケイドの編集中でして、明日も自宅でひきこもり予定で、次のディケイドファイナルステージだけが心の支えだったワケですが、10月まで生きる理由をみつけました。

握手会の定番「1冊で握手、2冊でツーショットチェキ」という、最初に聞いた時はどんなホストクラブかと思ったもんですが、今ではそれにも慣れたつもりでしたが、今回は、1冊握手・2冊チェキ・3冊チェキ&その場でサイン・・・一人暮らしの家にカレンダーは3冊も要らないんだけどなぁ・・・・ってか、もう「何冊買ったらチュー出来ますか?」という話で。

福家書店 銀座店 井上正大握手会

不思議挙動が楽しみです。

江戸東京たてもの園

2009.09.20.Sun
0384.jpg
やぁ!こんにちは!
今日は江戸東京たてもの園に行ってきたよ!!!!

ってな感じで、決して「渡辺篤史の建もの探訪」を目指しているワケではないのですが、なぜか結構建物ズキなワタクシ。一気にいろんな時代の建物が見られるのはおいしいですよー。ってか、楽ちん。という事で行って参りました。

しかし、たどりつくまでちょっとした冒険。

東小金井駅から100円バスに乗って行ったんですが、「次、たてもの園前」というアナウンスと誰かがピンポンしたまではしっかりしてたんのに、一瞬なーーーーーんか魂抜けてたようで、気がつくと次のバス停のアナウンス・・・・・えーーーー!? 降りそびれた・・・・

あわてて次のバス停で降り、ゆってもたいした距離じゃないし!!!と今バスで来た道を引き返し・・・ていたハズなのに、気がつけば「小金井公園前」。それって2個くらい前じゃね?????
歩き過ぎ。戻り過ぎ。ひぃ~

とりあえず同じ道を歩くより、小金井公園に入って案内図でも見るべ。木もあって涼しいしってな事でしばらく歩いて駐車場のおじさんにたずねる。「たてもの園はどこですか?」
「この道をまっすぐ行ったらわかるよ。だいたい・・・600mくらいかな」


600mってトラック1周半じゃん。どんだけ歩き過ぎたのか・・・・えぐえぐ。

そんなこんなでたどり着いた江戸東京たてもの園。

いや~~~楽しいね!400円でこんなにいっぱい昔の建物を見られるって、とんでもなくラッキーじゃございませんか!時代も様々ですし、かなりの敷地の中にそれなりの距離をもって建てられているので雰囲気もなかなか満喫できます。

最初地図を見た時には、全部周れるのかな~とか思いましたが、コツコツ一件づつ堪能していたら、気づけば終わってたわ。ワタシはせっかちさんなので、サクサクまわってしまうんですが、日がな一日のんびり見学したら楽しいっすよー。

中には、「あれ?ディケイド?ディエンド?」みたいな格子とかあるし。
0385.jpg
参考資料「ディケイド」 どうよ。
0395.jpg


0390.jpg

0392.jpg


キレイじゃぁごいざませんか。

0393.jpg

0394.jpg

0389.jpg

建物はメインで27棟位あるし他にも展示物もあるので紹介もできませんが、なんといいますか、こーゆー建物とかそこに一緒にある内装やら家具やらを見てますと、結局「おカネと気を使うこと」がいかにすばらしいか、と思うワケです。

お金もちの皆様、ぜひ「気を使ってお金を使っていただきたい



そして、ちょっと前にテレ東の「美の巨人たち」という番組で見た「前川國男邸」を発見。結構真剣に見てたくせに、まさかここにあるって情報は抜けてたようで、最初結構びっくり。知ってるよ!!!みたいな。見たいと思ってたものを見られるってドキドキするもんです。
0388.jpg

あと、井戸から水をくみ上げるという行為を初めて体験。レバーみたいのをじゃこじゃこするんだけど、結構重いんですね。うん。

そしてとある農家の横庭に咲いてた彼岸花
0387.jpg

を撮りながら、辺りの木々を見ていたら!!!!!

0386.jpg

葉っぱの裏に蝉の抜け殻がいっぱ~~~~~~~~い

今でも時折転がってるのを見る事はありますけど、木の裏にこうしてへっついたままの大量の抜け殻は久しぶり!!!感動ですよ。キレイに脱いでくもんです、ホント。
そして辺りの草むらには、これまた大量の「おんぶバッタ」。これまた久しぶりの再会。
トンボも結構飛んでいましたし、秋満喫。

小金井公園でのんびりもイイですが、たてもの園に入ってのんびりもぜひお薦めです。

ヲタ活動の為に!

2009.09.16.Wed
この不況の真っ最中に後先も考えずにや~めた!と会社を辞めた今年3月。

ちょこちょこ仕事をしつつ、一応新しい会社を探しつつ・・・基本ふらふらしておったワケですが、この度無事に就職決定。

長らくコレといったヲタ活動もせずに済む状況だった事もあり、おかげでふらふら期間も長くなってた感がございますが、上田くんもなんかソロの伏線を張ってる風でもあるし、何よりも!!いつなんどき井上まーくんに金が必要になるかもしれないですし!という事で、これからのヲタ活動資金の確保が出来て良かったよ。


ふらふらしてる間に結構貧乏になり(当たり前です)、こーゆー時って神様からプレゼントを貰えるかもなーとか無茶な夢を抱き、はじめてスクラッチなるもんを買ってみた。2枚を2回。

ダメだった。

そもそも勝手に貧乏になってるワケですので、神様がプレゼントをくれるような状況ではない事に買う前に気づくべきでした。





あ、中丸くんのドラマは録画してあります。いつかそのうちきっと見る・・・かもしれない

仮面ライダーディケイド ファイナルステージ

2009.09.13.Sun
しばらくカツンでも遠征してないのに・・・・井上まーくんを見に大阪に行っちゃった。てへ。

友達から聞いた握手会での挙動でココロにひっかかる→仮面ライダー十年祭でその挙動不審の面白さとビジュアルの良さのミスマッチ具合に更にココロにひっかかる→日々なんか情報を収集する→結構好きらしいと気づく

という段階で、大阪の友達から「いいチケットあります」の言葉。天使?悪魔?天使?・・・・友達は天使だと思い、大阪へ。


一部は「仮面ライダーショー」

十年祭のような壮大なアホ楽しさはございませんでしたが、平成ライダーいっぱい出てきますので、やっぱり楽しいのねぇーーーーー。かなり近くで見られたので、”がわ”の細部をついつい見てしまい、カブトのベルトのツノが動かないのを見て「貸してあげたのに!!!」とか、キバのベルトが自由工作みたいで笑ったりですけど、でも戦ってるの見るとテンションあがりまくり。子供達と一緒に「がんばれ~~~」とマジ応援。もちろんペンライトも振ってます。アホ丸出し。
現在大ブーム中の剣が客席から走って出てきたときには「ブレイド!ブレイド!」とつい叫ぶワタシ。知ってる。みんな知ってるから!
”がわ”の皆さん、中から客席のアホな大人を見て、どんな気持ちなのか一度聞いてみた・・・くはない。怖いので。

二部は「キャストトークショー」

士くんとカイトーとユウスケと夏ミカン。
十年祭に続き、トークはもうグダグダではあるんですが、自分たちだけの気楽さは多少あるようで、緊迫感のないゆる~いグダグダが妙にほのぼの。
起承転結とか、着地点とかを考えてないでしゃべる井上まーくんと、話せばちゃんとしてるけど他の時は勝手に客席に手を振ってるキミくんと、さりげな~く静かに面白い夏ミカンと、それをちゃんと回すユウスケ。なんて良いチームだ!!!!
ユウスケくんが居なかったらと思うと怖いくらいに彼は良いお仕事をしますね。ホント。一応司会のお姉さんは居ますけどほぼ空気。ユウスケくん司会でやっていけるんじゃなかろうかと。

んで、んで、まーくんです。
相変わらず動きが面白い。しゃべりるのは嫌いじゃないと思うんだけど、なんか内容はとっちらかるし、マイクを持つ手はぎこちないし、そして表情もどこかぎこちない。でも楽しそうではあるのよねーーー。不思議だわ~~~。何んだろうあの子。
そして、手がやっぱりキレイ!!!!そこ重要。写真でもきれいだなーと思ってたけど、間違いなくキレイだった。ちょっと骨ばってるけど節が細い感じが好きなんですが、まさにソレ。そして爪がぴかぴか。動きも何気に優雅な辺り・・・・・だいすきだーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!ぜーぜー

一連の変身シーンの再現をして敵役になったカイトーにキックかましていったんだけど、それがエラくカッコ良く。アクションもいけるね!!!と確信しました。
ちなみに、変身シーンの音はもちろんユウスケくんが声あてをしてくれ、夏ミカンも適役でおかしなセリフかましながら参加してるしで、ゆる~~~い寸劇がこれまたほのぼのなんですよ。いやー、たまらんな。ディケイドチーム。

一部はまーくんが歌を歌ったとの事で楽しみにしてたんですが、ワタシの見た二部はキミくんが歌を歌っており。まーくんの歌う姿が見られなくてしょげましたが、キミくんは初お披露目だったとかで、それはそれで貴重でした。あの挿入歌、好きだしね。ディエンドライバーをくるくる回しながらカッコ良かったっす。むしろ、ディエンドがくるくる回すより、キミくんのビジュアルで回した方が数倍カッコイイという話で。

そう、トークの中で、まーくんもキミくんも、ディケイドとディエンドのデザインを最初見た時に仰天した話をしており、それを聞いてワタシも安心しましたよ。
バーコードだし!!顔に刺さってるし!的な素直な感想が聞けて笑った。やっぱそう思うよね・・・ホント。ディエンドに関しては「エスカレーター」とか言いだすし。
でも、2人ともとても自分のライダーを気に入ってるからこそのほのぼの話。険が無いというか、無邪気な感じがして良いのか。


TVの最終回が映画に続くという事になり、「こらぁーーーーーー」とか言っていりましたが、キャスト的にはまたこのチームで何か映画イベントなんかがあるかもと思うと、実はちょっと映画に続くのも許し気味な今日この頃。

とりあえず、東京のファイナルステージに向け生きてみたいと思います。


ビーズやらお着物やら

2009.09.06.Sun
週末は日本橋高島屋の催事場でお友達のお店の手伝いをしておりました。

ビーズグランプリ2009入賞作品展
2009年8月26日(水)→9月13日(日)
日本橋島屋8階ホール
ご入場時間:午前10時~午後7時30分(8時閉会)
ただし、最終日9月13日(日)は午後5時30分まで(6時閉会)。

★12日(土)も時間によっては居るので「Blanc」をよろしくで~す。


そして、今回は数年ぶりのお友達もご来場にて夜はお食事。

着物の染めのお仕事をしているお友達ですが、着付けの教室も始めたとか。
お着物関連のあれこれで相談する人が居ないわ~なんて思ってた人は
ぜひご覧になってみてくださいまし。

着物こと初め 中田堂
※名前の由来に思わず”カツンかよ!”と突っ込んだもんさ。ぜひサイトでご確認を。




26歳か・・・・

2009.09.04.Fri
(完全に更新日詐称でおおくりしております)


9月4日 中丸くん 26歳 おめでとーーーーーーーーー☆

0383.jpg

フリー画像ですけど、なんか中丸くんっぽくないっすか?
本人っぽいっつーか、書く絵っぽいってか。

ま、そういったワケで彼も26歳だそうで・・・・もう、あれから10年ですか・・・そうですか。ま、その辺はむしろサラッと流して、これからも地道に見続けていきたいと思います。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。