スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カツン写真集

2009.08.31.Mon
台風の中、写真集が届きました。

エライちゃんとしたもんを作りましたねーー、カツンさん。
雰囲気写真が多いですけど、カツンってそもそも雰囲気!雰囲気!みたいなノリですのでよろしいかと。

ワタクシ的にはたっちゃまの噴水ちょんまげ写真ががっつりでっかく載っていたのでもう満足。他にも相変わらずのホケ顔基本に、おちゃらける中丸くんの横で真顔のたっちゃまというタイヘン大好きなコントラストの写真もあり、満足。


KAT-TUNライブ・ドキュメント・フォトブック“BREAK the RECORDSKAT-TUNライブ・ドキュメント・フォトブック“BREAK the RECORDS"
(2009/08/31)
菅野 ぱんだ

商品詳細を見る

スポンサーサイト

仮面ライダーディケイド

2009.08.30.Sun



最終回拡大2時間スペシャルとかで片付けて欲しかったよ・・・・・・



子供番組なら、やっていい事と悪い事を教えないとな・・・・・

これはやっちゃダメだぁぁぁぁぁぁぁ




お気に入りキャラ

2009.08.30.Sun
先日仮面ライダー剣を見終わってからこっち、何気に「剣崎くん」が気にいっているワタシ。

大きなワンコが広場で走れるのがうれしくってわふわふ走ってて、勢い余って柵にぶつかってみながら、それでもヘラヘラ嬉しそうに走り回ってるような、そんなイメージなんです。剣崎くん。

ブレイド好きな友達に言ったら丸印を頂いたので、このイメージは外れてない模様。うひ。

楽しそうなワンコっていますよねー。なんかヘラヘラしながら走ってるわんこ。振り向きザマにその辺のもんにぶつかってみたりしても全く凹まないで遊んでるわんこ。これがカワイイと思える人にはきっと剣崎くんは気に入ってもらえる事でしょう。

天道といい、士といい、オレ様ヒーローが好きだと思われるワタシですが、ここにきて剣崎くんというストレートに感情表現する剣崎くんが気に入るとは。

もう一度、じっくり見直す気満々です。

だからね。。。

2009.08.29.Sat

0381.jpg

邪魔をーーーーするなぁーーーーーー

ぷははははは

2009.08.28.Fri
世の中の風が、シンケンレッドこと殿こと松坂桃李クンに風が吹いているのは知っている。

もちろんワタシもだーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいすきだ。ちゃんと毎日ブログとかみちゃって、てへへってしているキモワンフだ。

間違って”がわ”だけでもニヤけてしまう位に夢見させてくれる、今世紀最大のオットコマエと思っております。

ホントにビジュアルも雰囲気も最高の物件。



が、そこはそれ。ワタシのおかしなもんアンテナはどーーしてもこっちを指すんだよ・・・どうしてくれよううか・・・・

井上まーくん・・・・・はい、ディケイドです。

ディケイドにだって、ディエンドこと戸谷きみくんというなかなかの物件が出てるんです。スタイル良し、顔よし、トークもよしの安定性のあるオトコマエですよ。

でもーーーでもーーーーでもーーーーーーー

やっぱりですね、どうにも井上正大という物件がワタシを引き寄せる・・・・どうにかしてくれ。

スタイルはめさんこイイ。ひょろりんタイプではなくしっかりタイプの骨格が、外人モデル風味なんで、
うっかりすると、今どきの服が似合わない時すらあるという珍しいお方ですが、長い手足を活かしたスタイリングをしますと、なんと見映えのすることか!!!!たまらんぞ!!!

そしてーーーー手がとっても好みなんですよー。骨はしっかり、でもすっきり。キレーーーーーなながいーーーーい指。


そうなんですねー。スタイルが良くて、手がキレイ。


そのうえで!!!!!

なんか全体に体を持て余し気味に動く、その挙動不審な感じ。
オレ様な風貌に反して、気弱そうにえへへと笑うギャップ。
なんでそんな声やねん!と思わず突っ込みたくなる面白ボイス。
好きなものは「ブルーベリー」っていうチョイス。
無駄に高い芸術的センスと器用さ(パラパラ写真とか、工作とか上手い)。
簡単にガクトマジックにハマる子供っぷり(こらこら)。
そこはかとなく漂う妙な色気。
緊張しないと言いながら顔が確実に強張っていたり。
演技でも素でもなんかぎこちないしゃべりっぷりだったり。
ペットがインコなあたり。
何をしてもなんかこじんまり感のない様子。
ルービックキューブ大好きとか。


見れば見るほどその掴みどころのなさに日々ダウンをくらわされ続けた結果、現在ノックアウトされ気味。

妙なフィルターかかってるせいもあり、果たして顔自体も純粋にカッコイイと思って見てるのかどうかすらわからない状態。何を見ても「まーくんなんでカッコおもろい」と思ってしまうんです。あぁ、重症。


果たして、彼は大物になるか否か。こうご期待。
井上正大








作品展にむけてー!

2009.08.27.Thu
ビーズジュエリーのハンドメイドレッスンを受け始めてはや・・・何年!?
不器用の代名詞として君臨するワタクシですが、珍しくも地味にがんばっているのでございます。

んで、東京教室の作品展が来年早々に行われる予定となり、それに向けての作品づくりがスタートしたのでございます。

教室では相談しながら制作を進めるんですが、今までのように次のレッスンまでに出来るとかそーゆー生易しいもんではないので、基本は「自宅でコツコツ」やります。

しかーーーーーし!そこで我が家には難関が。

0378.jpg
ねっこさーーーーーーーーん!

腹の下から見えるピンクのそれは「ハサミ」だし!ぎゃーーぎゃーー


そんな中でモチーフがやっと一つできました(感涙)
0379.jpg
こーゆーのいくつか作ってハンドバック作るざんすよ。
ハンドバックが終わったらまたちょっとモチーフとか変わるんですけど、
ネックレスとか髪飾りとか待ってるざんすよ。ひぃー


ホントに出来るのかねぇ。。。。と、ネコさんがあきれ顔で見ております。
0380.jpg


むほぉー がんばんべー




出たー

2009.08.27.Thu
ロケ構成になってからタイヘン楽しい「カトゥーンKAT-TUN」。毎週欠かさず見ているんですけど、この番組を見ておりますとですね、ホントにちょっとした表情とか動きとかで「上田くん、やっぱすげぇーーーーかわいいなーーーーー」と実感する事がありまして、おかげ様でいまだにワタシの中の上田パワーは健在。

今回も、どう考えてもロバート秋山さんより映り込んでる回数が少ないとしか思えない上田くんですが、だからこそ、見キレて画面のすみっこに映る上田くんがカワイイこと、カワイイこと。
ちょっとした意識の無い傍観者的表情ががっしりワタシをわしづかみ。
行動も、周りでどんなにTV的コメントを発しようとも、画面の中央でものっすごい勝手に物品を眺めて真顔だったり、わちゃわちゃとコメント言ってる向こう側で一人他のモンに興味が移っていたりと、そのマイペースさがたまらん。

ロケが常にその昔の「長崎ぷらぷら節」チーム編成を崩すくこなく出動なので、亀梨くん聖くんという、ちゃんとそつなくお仕事遂行する2人が一緒なのが原因なのか、基本的に「自由」に行動している上田くんが見られるので、ホントに楽しいです。


と、過酷な山登りの中でTVらしいコメントの一つも言わずに己のトレーニングに励んでいた上田くんが面白かったようで、久しぶりに昨晩は夢に上田くんが出てきました。

夢の中でも適当大魔王の上田くんは、ヘラヘラと笑顔一つでひとさまを手玉にとって遊んでるキャラなんですが、やっぱり夢の中でもワタシは「この笑顔が見れれば何でもいっかー」とか手放しで見ているイタさ。ふつーに友達設定にも関わらず、夢の中でも感想はヲタ丸出しなのが悲しい。もっと設定に飛び込みたいっす。えぇ。



しかし、ちょっと前に一瞬でも「やっぱ富士山に登ってみたいなー」とか気楽に思った事があるワタシですが、番組を見て「高尾山から順番にやってみるべきね」と考え直しました。役立つ番組です。

仮面ライダー剣

2009.08.20.Thu
さて仮面ライダー学習その後ですが、クウガと響鬼が暗礁に乗り上げたままの中、剣を見終わりました。剣と書いて「ブレイド」、どうぞよろしく。

この仮面ライダーブレイドは見る前から話題はいっぱい。ついつい先入観を持ってしまいがちですが、見始めたら結構すんなり見終わっちゃいましたよ。うんうん。逆に物足りないと思うほどに「あっさり感」があるんですけど。もっと「どないやねん!!!!」と思うかと思ってたんですけど。どんだけ先入観があったんだ、ワタシ。オンドゥル語すら気にならない(ホントかよ・笑)

で、まずは気になるライダーのフォルム。
0375.jpg0376.jpg
「ぴちょんくん」とか言ってスマンかった。


いや、でも、やっぱりフォルムはぴちょんくん・・・おかげでどこかかわいい印象。

お話としては、ベースは仮面ライダーの基礎である「人間と人間以外の存在をめぐる心の葛藤と交流」って事なんですけど、それと同じ位に「人間以外よりも人間がウザッ」という部分を仮面ライダーは伝えたいのではないかと思うですね。「良くも悪くもそれが人間です」、的な。

で、今回はそのウザキャラが「橘朔也」ですよ。睦月なんかより断然橘さんがイラッとしまして、毎度この立場の役の人は気の毒でけど、「こいつきらぁ~い」とか思って見てしまいます。普通レベルの「人間らしい」の表現は虎太郎だったと思いますけど、この人に対しては天音ちゃんが毎度その辺りを指摘してる事でこちらの気持ちも中和されるんですけど、橘さんは誰も注意しないんだもーーーん!

まぁ、睦月は別の意味でダメでしたけど……健康的な草なぎくん。そのビジュアルでその変身ポーズは……(これ以上は言わない)

そんなイラつき部分がを我慢して見られたのは、ひとえに剣崎くんとはじめさんが良かったから。

確かに「ずっとこのテンションかよ」と思う叫ぶようなセリフ回しで最初は大丈夫か?と思っておりましたが、あのひ弱なビジュアルのおかげか、そもそもは意志のしっかりとした強い子キャラ設定ではあるみたいですけど、それが暑苦しくならず、空回りした感じがむしろいい感じになって、すんなり受け入れたワタシ。結局見た目が受け入れられればイイみたいです、ワタシ。

そしてその剣崎くんのキーパーソンの相川さんことはじめさんことカリス。

はじめさんのキャラもこれまたワタシの大好きな系列。ちょびっとちったい体ですけど、むしろニコっと笑った方が不自然な雰囲気がとてもお上手で。ときおり見かける俳優さんでしたけど、仮面ライダーだったんですねぇ。びっくりするほど大きな目はちょっと人間離れしてるくらいの役でちょうど良いのかもしれん・・・と思うくらいに顔中が目。

で、変身するとカリスですよ!!!!

3月の魂ネイションの前に見てたら、絶対に当時買ってたな・・・ワイルドカリス
0377.jpg
カリスの時点でフォルム的にかなりカッコ良いワケでして、これブレイド始め一緒に出てたライダーが気の毒ってなくらいにカリスとワイルドカリス最強のデザイン。

アギトに出てくる「ギルス」系統か。

カブトは美しいキレイな形で天道もひっくるめて大好きなワケですが、ギルスやカリスは戦ってると「かっこぃぃぃぃぃぃ」と血が湧く感じ。やっぱ強そうだもんね、明らかに。






とか言いながら、カリスはハートのカードなもんで、カリスだとお顔がうっかりモモレンジャー風味だったり、ワイルドカリスだと胸元がキューティーハニーだったりして、ちょっとかわいいんだぞ。


はやぶさくん

2009.08.17.Mon
土曜日に友達との待ち合わせに思いっきり遅れたワタクシ。
再度の合流まで時間が出来てしまったので、合流地点に近い丸の内オアゾに入っている「JAXA i 」に行ってきました。以前にロケットエンジンの説明をしてもらったりで、小さいスペースながら手軽に宇宙事業に触れられる良い施設なんでございますよ。

そこで今回みつけたのが、「小惑星イトカワ」からサンプル採取をミッションとした「探査機はやぶさ」の物語なんですけど、この小冊子がおもしろい!!!!!!!!!!!

このミッションの意味とかイトカワやはやぶさを知らなかったワタシですが、旅立つ”はやぶさ”の気持ちやら、小惑星に至るまでの旅路とか、イトカワに徐々に近づく様とか、ワクワクですよ!「はやぶさの大冒険deSHOW(←懐かしいパクリをしてみた)」みたいな。

ヒモでつながれたB5サイズ位の小冊子が1冊しかないんですけど、あれ、絵本にして出してほしいわ~。せめて、あの小冊子は複数置いておくべき。何なら、紙芝居とかにしてみませんか?ってな感じよ。

そんなはやぶさくん。帰還は来年2010年の予定。

きっと一般的なニュースにはならないと思いますが、ワタシは心より待っています。




ミッションは、小惑星からのサンプル採取。太陽系誕生の謎を探る「はやぶさ」

↑これだけ見てもワクワク感を抱く人は少ないかもしれませんが、東京駅付近におでかけの方は、ぜひ丸の内オアゾのジャクサへどうぞ。


仮面ライダーめぐり

2009.08.16.Sun
やっと見てきました。

「劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー / 侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦」

えっと、えっと、突っ込みどころ満載な部分も含め、仮面ライダーは面白かった!

いや、ホントに、ストーリーや、設定的にはあちこちで「こらー!」とか「おーーーい!」とか心の中で叫びつつ見てる方が多いんですけど、でもねもでね、オールライダーがずら~~~~~ん並んで歩いてくるシーンを見ちゃったら、きゃ~~~~ってなるのはしょうがないですよね。どこからともなく、「釣られてみる?」って声が聞こえてきそうですけど、「もちろんさ!」と釣られていきますよ、ワタシ。

もう一回、いろんな事を確かめる為にも見に行ってもいいかもしれないと思っております。

んで、シンケンジャー。3Dバージョン。

シンケンジャーの方は時間も短いですし、むしろTVより短くね?位なさっくりとしたエピソードドラマですけど、3Dってよくできてますなぁ~~~~~といたく感激。あんなちゃっちいみたいなメガネでこんなに立体になるんだから、人間ってお手軽ですよね?みたいな。
外道衆の大群とか、なかなか気持ち悪くていい感じでしたよ。

しかし、必死に焦点を合わせるような眼の動きをしちゃう性質の人は”酔う”と思いますので、注意です。

カッコよろしい新宿にある映画宣伝ボード。
0374.jpg

0373.jpg

0372.jpg

0371.jpg


そして、映画が終わったまだ午前中。

映画を見終わった大きなお友達2名に3名加わり、大きなお友達5名で「東京メトロ2009夏の陣劇場版 仮面ライダーディケイド記念スタンプラリー」をやってきましたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!ひゅ~ひゅ~

1日は長く、東京は広く・・・・そしてコンプリ魂を持ったヲタは熱かった。

ということで、無事にスタンプラリー完成。きゃーーきゃーーきゃーーー。

マジで疲労と達成感でクタクタっす!!!!!!!!

0370.jpg
カブトのスタンプ台は池袋。

立て看板は「ディケイド」「ディエンド」「ディケイドコンプリートフォーム」の3体ですが、なぜかうっかり、「このフォームは歴代でも爆笑度1位」と思ってるコンプリートフォームの写真だけ撮ってきていたワタシ。
0368.jpg
やっぱりおもしろいカッコだ。これ。ひゃははは


いつもJRのポケモンスタンプラリーをしている大勢の子供達を見ているもんで、それに比べて各スタンプ台では出会う子供の数の少なさに、若干涙ぐんだものですが、スタンプ台とか、スタンプ押すノートとか、いろ~~~~んなもんが、結構しっかりお金かかってるグッズたくさんで、感動しました。
そのうえ、12ヵ所コンプリすると応募できるプレゼントが決して「限定」商品で無い辺りにやさしさも感じでみたり。 当たるとイイなぁ~~ディケイドライバー。(←応募する気満々)

0369.jpg
上から「あっぱれ扇子」は映画館でもらったグッズ。裏がディケイドで、非常に使える良いグッズ。
スタンプラリーで5ヵ所達成で貰える「メトロオリジナルガンバライドカード」、そして、各地でスタンプを集めるスタンプノート。


どうにもこうにも、今晩は仮面ライダーの夢を見そうな気します。


おやすみなさい・・・・・ぐーすか。





なぜか中野サンプラザ

2009.08.15.Sat
15日、16日はワタクシの地元新潟でのカツンコンサートだったワケでして、どう考えても参加の方向だったワケですが、特別な含みはなく純粋にいろ~~~~~~~~んな事情があり、東京に居たワタクシ。

「こいつは行ってるはず」とレポなどをご期待の皆様、すみません。


今回はおとなしく東京に居るべ~と思ったとたんに、友達から「中野サンプラザに行きませんか」とお誘いが参りまして、うっかりうっかり、今をときめく「アミューズのイベント」に行ってきました。

とか言いながら、アミューズの若手と言われてもナベプロの若手と言われてもさっぱり区別もつかない、ホントーにホントーに一般人なワタクシ。とりあえず「今をときめく男子が複数名見られます」というので、行ってみました!もちろん、その中に佐藤たけるんという、この機会に見ておこう、という物件があったのも理由ですが。 こーゆー興味が薄い人間を動かす力がある時点で、彼は売れっ子なワケですね。


「THE GAME ~Boy’s Film Show~」

最初に若手俳優達によるフィルム5本の上映会、その後数名の少年達が出てきてのトークショー。

なんですけど、まず・・・・・そのトークショー。そこそこの時間をやってんだけど、少年たち、ずっと一列に立ちっぱなしの質疑応答・・・・・って、アリですか?

え、別にイス位あるだろうに・・・・なぜ?

一応、マイクは個人マイクまではありましたけど・・・でも、一列に立たされた子供たちの質疑応答を眺めてるってのも、すごいえづらです。

なんて、そんな素朴な疑問を抱きつつ♪た~けた~けたける~~んを見ておりましたら、その隣になにやら見目麗しい男子が居るような・・・・すかさず隣の友達に「たけるんの左隣の子の名は」と質問。

阪本 奨悟くんと言うそうで。

へーーーへーーーへーーーー。名前すら初耳。にしてもかわいいお顔。キャラも作品も何も知りませrんが、顔だけはひじょーーーーーに麗しい。キレイとかかわいいとかカッコイイというより、「見目麗しい」という言葉が似合う所作。

と、帰宅後サクサクっと検索したら「16歳」    ぎゃーーーーーーー

その年でなんでそんな雰囲気やの・・・・びっくりするわ。

ただ、ほわほわ笑顔といい、しっかりした感じといい、おっとりした動作といい、どう見ても「かわいいキャラ」なんですけど、なんか、あまりにも完璧にかわい過ぎて、「もしかして、この子、たけるん以上の芸能偏差値の高さだったら・・・」と思うと、恐ろしい子!とすら感じる、そんな阪本くん。

そう思うと、黒執事のシエル役って、ふつーだったら「おーーーい!」となりそうな”ある意味大役”ですけど、この子ならハマり役なのかもしれません。(見てないですけど)


まぁ、だからといって、今後何をどーするつもりもございませんが、見かけたら全力で「この子はかわいい顔してんで~~~」と宣伝していきたいと思います。

にしても、アミューズのオフィシャルの写真はアカンですな。。。。この写真では全くよさが出ておりません。→ 阪本 奨悟  

むしろ画像でググッた方が良いです。

特撮日記

2009.08.09.Sun
今日は、「ディケイドとシンケンジャーの映画」を見て、ドームシティで「シンケンジャーショーを見る」という、大きなお友達ならではのスケジュール・・・の予定でした。

もちろん本日行われた「殿たちの舞台挨拶」はハズしてますので、そこはあきらめていたんです。もう、とっくに。

しかし・・・まさか今日1日の映画座席が満席だとは思ってなかった!!!!

というか、読みが甘すぎました。公開2日目の週末で夏休み・・・・それもシンケンジャーの3D上映は1日3回・・・・そら、昼過ぎに行ったらダメだわな・・・・そうだよね・・・わぁ~ん


今日の映画はあきらめ、とりあえずこちらはチケットを取ってあったシンケンジャーショーへ移動。

映画が今日見れないとわかり結構しょぼくれてたワタクシ。ですが!!!
なんと、会場についたら、出入口のところに「シンケンレッド」がお出迎え~~~~きゃ~~~~きゃぁ~~~

小さなお友達が順番に握手して入場してます!!大きなお友達もしてくれるのでしょうか!?

どきどきどきどき   ”がわ”だけど、気持ちは殿のシンケンレッド。どきどきどき。

手を出したら、ものっすごいしっかりと握手してくれたーーーーシンケンレッドーーーかっこいぃーーーーーーーーーーちょっと斜に構えた殿の雰囲気っすよーーーーレッドかっこいいいーーーーーー






とりあえず、ワタシより背が高くて安心しました。そして恐ろしくスタイルが良く、ホンキでちょっとドキドキしました。シンケンレッドらぶ。


ショーは30分くらい。子供たちが言われるままに素直に「がんばってぇーー」と叫んでてものっすごい和みました。シンケンジャー達の声がホンモノでない事で少々気持ちがそがれていた大きなお友達なワタシ達のすさんだ心をつなぎとめてくれたのは、そんな子供たちの声です。ありがとう、子供たち。

ショーが終わりすっかり映画の予定の無くなったワタシ達は、とりあえず、こんな事をしてみたり。
0366.jpg

入る為にひいたおみくじ。ワタシがブルーで、友達がレッド。速効交換。ありがたや。
0367.jpg
しかし400円は高いっす、このアトラクション。実質このおみくじが400円みたいなもんだもん!!!

んで、テコテコ歩いてたらあった”ここだけしか無い!”という言葉につられて、「仮面ライダー プリクラ」してみたり。

ジャンプショップに行って、ものっすごい二次元アイテムの現状を目の当たりにしたり、念願だったムーミンショップに行ってみたり。


でも映画を見てないこの心の隙間・・・・


その隙間を埋めるために最後はお台場へガンダムを見に行ってきました。友達は初。ワタシ2回目。でも、夜バージョンはワタシも初。

0365.jpg

カッコよろし。

心配してた左肩のオリンピック招致マークも思ったより気にならない程度のもので安心しました。






映画は来週リベンジです。見たい。早く見たい。




オトメン ドラマ

2009.08.09.Sun
以前よりマンガを読んでいたオトメンがドラマになるという事で、初回より見ております。そして本日2回目。

ドラマ版が決まる前からマンガを読みながら”これをドラマ化するならば~”と友達と話をしていたんですが、その時点でワタシ達の中では何はともあれ「橘 充太(ジュエル)」は生田トーマくんで決定しておりました。トーマくんがやるジュエルが見えてたのよね・・・ほんと。

が、まぁそこはそう上手くはいかないワケでして、とりあえず岡田くんのアスカちゃんはじめ、都塚さんも、多武峰くんもなかなか良い配役かと思っております。えぇ。
ってか、やっぱり木村了くんって上手いのね。あの子。背とかイメージだともっと大きいんだけど、木村くんならそれで多武峰に見えたわ。うん。ワタシ的にはOK。

なもんで、2回目でやはり橘 充太が好きなだけに、おしい!と思ってしまうのは許してほしい。

ワタシはこの役の子を初めて動くのを見たので、特に思い入れは無いんですけど、あまりにも素朴な雰囲気のままなんで、その辺をもっともっとチャラい雰囲気で壊れてキャイキャイやって欲しっす。演出さん、がんばってひっぱって!!!と。橘 充太は重要な役ですから!!

気になるのは、エピソードがとっても早いペースで進んでいくので、これ何回放送かわからんですが、キャラに思い入れが持てないままぐんぐん進みそうで怖いです。愛すべきキャラ達を丁寧に育ててくれ~、と原作マンガワンフとして思っております。はい。



やっとソロモン

2009.08.08.Sat
安彦さんの書く「ガンダムTHEORIGIN」。アニメでは書かれてないエピソードが入ったり、アニメとかちょっと違う部分があったりしますが、あのガンダムを作り上げた一人として安彦さんの描くORIGINは好きです。

んで、19巻にしてやっとソロモンっす。17巻でやっとララァと出会ってますので、いったい何巻まで続くんだよ!と。パタリロくらいいくでしょうか・・・


機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19)  ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22)機動戦士ガンダム THE ORIGIN (19) ソロモン編・前 (角川コミックス・エース 80-22)

角川書店(角川グループパブリッシング) 2009-06-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。