スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くーちゃん 最終回

2009.06.29.Mon
脳内がライダーに席巻されてしまっており、すっかりなおざりにしていた感のある「婚カツ 最終回」ですが、ちゃんと見てましたよ。オンタイムで。

さすがにいつもよりちょびっと多めに映った気がしましたが、「兄貴より先に弟の結婚式でしめくくり」という野望が果たされる事はありませんでした。当たり前ですけど。

毎回、友達とメールを飛ばし合いながら、たっちゃまの出ない時間を埋めつつ見てたので助かりました。そして、本当に少ない出演ながら、「どうですか?このアップ」と言わんばかりのショットで登場してたのも助かりました。1度のアップで20分余韻・・・みたいな。

最後は新婦白スーツは叶いませんでしたが、エンディングロールでは弟くんとして一張羅を着せてもらった感じの衣装がとてもお似合いでした。ちょっとかしこまると相変わらず七五三のように見えるちんまり体型でたまりません。早く彼を「アンチエイジングの神」として祭り上げて欲しいものです。
スポンサーサイト

仮面ライダー 十年祭 (28日分)

2009.06.29.Mon
なんだか「仮面ライダー十年祭」が幻のように思えます。わはは。でも、あれは事実。まだまだ消化しきれないまま、時間だけが過ぎていきます。いやぁ・・・・・楽しかったなぁ・・・・・

やっぱり、一番はミュージカル。
大人が全員で盛大に遊んでしまったというのでしょうか。ライダー見習いのクウガ(以下”クウちゃん”)と、大ショッカー軍団でショッカーの「イー!」が言えずに「ウー!」って言ってしまう見習い構成員(以下”ウーちゃん”)の心の交流を軸に、仮面ライダーとショッカーの戦いを通して二人の成長物語・・・・って事でイイんでしょうかね。そんな感じ。

幕開けと同時に、大ショッカー軍団がダンス!ダンス!なワケですが・・・踊りも背丈ももうバラバラなもんで、思わず「学祭かよ!!」と突っ込みつつ、♪ワルワルワルワル~と歌い踊る大ショッカー軍団の見事な出落ちとでもいうようなシーンで会場は一つに(笑)

その後、クウちゃんとウちゃんの二人の歌とか、ライダー監獄に放りこまれたライダーが歌ったり、ライダーそれぞれの個性あふれるセリフで織りなす展開があり、「どんだけ面白いねん!」とヒィヒィ言いながら見てたワケですけど、やっぱりね、最大の破壊力は、

仮面ライダーがずらっと並んで歌って踊る


これを目の当たりにした時のあの衝撃は言葉には言い表せません。マジで振り付けしてコントのようにステップ踏んでターンをしたりして踊ってるワケですけど、時折は挟み込まれるキメポーズはすんごいカッコイイし、でも、次の瞬間には陽気にきゃいきゃいお茶目に踊ってるし、けど、やっぱずらっと並んでるそのビジュアルはとんでもなく迫力あって・・・笑いながらトキメキながら爆笑しながらうっとりしながら・・・交互に訪れるいろんな思い! 

まさにカオス。

二番目は、2部のトークショーにおける「井上正大くん(通称まぁくん)」の挙動!

ディケイドからは”なつみかん””ゆうすけ””かいとー”来てたんですけど、まぁくんの挙動がおかしすぎて面白いやら、将来が不安になるやら。思わず、その夜の飲み会のお題は「まぁくんを考える」という事に。

どうやら本人的には「士くん」という体でがんばってたようなんですけど、まぁことごとく空回りだった28日。29日のライブの様子や本人のブログを見ると、こっちが思ってるような事でもないようなんですけど、ですけど・・・・それならそれで余計に「不思議くん」
そんな子を司会に据えてのトークコーナーなんてもんもあるもんで、そのグダグダっぷりはすごかった!ただ、そのグダグダがケタ違いなもんで、逆に「もしかしてコイツ大物かもしれないーーーー」とすら思うような勢い。何者だ・・・何者なんだ・・・・。


三番目は「電王」の底力のすごさを体感した事でしょうか。

28日は電王のイマジン4人様がいらしてたので、会場も電王ファンが多かったというか、女子も多かった事もあり、アイドルイベ並みの歓声に素人のワタシはびっくりびっくり。更に友達から、電王のイベントオキテとして、”ペンライトの色””髪の毛につけたエクステの色”でイマジンの担当を誇示するというのを聞きまして、いわゆるジャニーズで言う「うちわ」なワケですが、そういった憑依した時の色分けという目に見える形ってのもこれまた上手いよなぁ~。ホントに感心するばかり!

またライダーのソードフォームの中の人もいい感じでちゃんとキャラ設定できてて、出てくれば裏切らない動きをしてくれるし、声優さん達はトークも慣れていらっしゃるしで、もうしょうがないです。楽しませてくれるんですもん。


そんなこんなの十年祭。カブトの中の人をやってくれた高岩さんも拝めましたし、なつみかんはかわいかったし、キックホッパーとパンチホッパーの漫才見られたし、特別な思い入れは無かったのにイクサ(名護さんのセリフ)がサイコーにおいしくてうっかり好きになってしまいそうだし・・・・夢のような1日でした。ホントウに。

28日はそもそも何時終了予定だったのかわかりませんが、完全にぐだぐだトークが面白過ぎて席を立ち上がれなかった友達は東京に1泊するはめになっておりました。「悔いはない」と言ってたのが救い。面白かったもんね・・・マジで。

カブト以外はまったく新人ライダーワンフですけど、ホントに見られて良かった。ヲタ友達よ、誘ってくれてありがとうございました。
そしてアホな事を企画してくれたスタッフさん、ありがとうございます。思うところはホントに人によって違うと思いますが、面白かったです!ワタシは。







仮面ライダー いっぱいショー

2009.06.28.Sun
0350.jpg

仮面ライダー10周年記念祭 という事で、「こりゃ行かないと!!!」と勢いこんでヲタ仲間4人で必死に、それはそれは一生懸命チケット取りをして挑んだこのイベント。

ただ、「行かないと!」と思うと同時に、「ミュージカル&ショー(28日)」というサブタイトルに対して「ミュージカルって!!!ショーって!何をどーするっていんだよ!!!」と不安いっぱいだった十年祭。

本日行ってまいりました。

結果・・・面白過ぎて疲れた

1部「ミュージカル」 2部「トークショー」という、サブタイトルに偽りなしの構成だったんですけど、もう、それぞれがそれぞれに、いろんな(ココ重要)面白さがぎゅーーーぎゅーーー。

言わずには自分が破裂しそうなので、この感想は吐き出しておきたいんだけど、現段階において「何から吐き出したらイイんだろう!!」という状態です。、ホントにいろんな事がいっぱい詰まり過ぎてて、脳内アワワワワ。久しぶりだわ、この感じ。


出演者が「昭和と平成の仮面ライダー達」「スーツアクター」「俳優」「声優」といういろんな関係者な分、客席もいろんな方向性のヲタ集結。その時点で、イベントの着地点なんて有って無いような話ですわな。ホントなら。その上、大人の諸事情なんかも考えたら、「なんやねん、このイベント!」となってもおかしくない要素をあちこちに抱え込んだ中、それを、「平成仮面ライダー10年ですからね!」「祭りですからね」という、ぶ厚い皮でぐる~~~んと丸めて、ボーーーンって出したような・・・

そんな力技が、思った以上の力技過ぎて、もう1部のミュージカルなんて、壮大なコントを見てるような大爆笑の連発ですよ。そのくせ、ライダーがずら~~~~って並んでキメポーズとかすると、真顔で「きゃぁ~~~~かっこいい~~~」とかにもなりつつ、またそのきゃぁ~がひと山越えちゃって、そのカッコよさすら大爆笑だったりで。もう、スイッチ入っちゃった状態。

いやー ホントに面白かった。ミュージカル(笑)

2部のトークショーは、これまた別の面白さ。仕切りグダグダ過ぎてむしろ見どころ満載。その辺のあれこれは、明日にでもまたブツブツ書こうと思います。思う事いっぱいで・・・・。


とりあえず、ホントに全部ひっくるめて「見といて良かった」と思うイベントではございました。

明日はワタシは行けませんが、迷ってるライダー好きな方はどうやらチケットがまだあるようなので、ぜひ!!!ちなみにサブタイトルは「ミュージカル&ライブ」。 どうよ(笑)







仮面ライダーキバ

2009.06.24.Wed
ワタシは結構食わず嫌いというか、第一印象重視なところがあるうえに頑固なもので、キバももちろん3話まで見て”主人公が好みでない”という理由で見なかったんですけど、「好きだとか嫌いだとかでなく、見ておけ」という友人の言葉に従い(頑固なわりに素直)ことで、キバも見終わりました。

最終的にこれ、もう、仮面ライダーっていうより、「ハリーポッター」とか「ナルニア国物語」とかもうそーゆー部類でないのか?!と。そんな印象。

あとは、”あそうゆり”がイイ女設定なんですけど、ルビーモレノにしか見えず…そんな事ばかり気になって気になって(笑)。彼女を否定するワケではないですけど、せめてもう少し万人受けする美人を連れて来て欲しかったっす!とか、ワタシにはどうしても前世代のキングが強そうに見えないっす!とか、”たいが”の横顔はとってもカッコイイんだけど、何はともあれチュートリアル「徳井くんミニ」にしか見えなくて!とか、”なごくん”は岡田准一パート2みたいな顔だ!とか、555のマリちゃんがクイーンで登場っす!とか、喫茶店のマスターって結局フツーの人間だったの?思わせぶりな感じはフェイク?とか、なんかそんなストーリーとは関係ない、出来れば放っておいてくれという事ばかりが目についてしまいました。すみません。

そんな中で一番目についたのは、音也が「愛」の力ってだけでずっと不死身っぷりがハンパない!!ファンガイアなんかより恐ろしく丈夫じゃないか!主人公以上に主人公だし。

そんなアレコレばかりが駆け巡るキバ。ちゃんと仮面ライダーのオキテに従って、「人間と人間じゃないもの」っていうオーソドックスな話で、いろんな立場の人達が力を合わせて戦って、とベーシックな話だとは思うんですけど、やっぱ家がくっついた竜みたいのが飛んだり、キバ自体も空飛ぶ恐竜みたいになってみたりとか、いろ~~~んな設定が「魔法もん」見てるみたいで、仮面ライダーって気分になれなかったのねー。

いや、イイ話なんだけどもね。とっても。



くーちゃん10回目

2009.06.22.Mon
出たな!恐怖のたっちゃま3分ルール!!!!

なぜ今サトエリという配役なのか?という疑問がかけめぐりました。よね?よね?別に誰でもイイんだけど、なんか「なんでそこ?」と妙に気になったそんなサトエリ。
その昔、街でサトエリとすれ違った時に、そのスタイルの良さに驚愕したもので、もしかしてたっちゃまより背がでかいんじゃねー?とか思いましたが、なんとかセーフだったようですね。

というか、そうなるとたっちゃまの方がよりスタイルが良いと・・・・恐るべし、小顔アンチエイジング竜也。

ママにご報告してる時の背中の細さにもびっくりましたが。



いやしかし、ドラマとしてはホントに面白くないうえに、たっちゃま3分ルール発動でどうにもこうにも。初連ドラが来週で終わるのはホントーに残念ですけど、けど、解放されると思うとうれしい。罰あたりですみません。次回はもう少し面白いドラマに出させてもらえると・・・ワタシがイイな(w


まぁ、東のエデンの終わり方にもびっくりましたけどもね。あれは1年とはいいませんけど、半年くらいかけてやって欲しかった。サキちゃんがストーリーを全部話して終わるって…どんなやっつけかと。



仮面ライダー電王

2009.06.21.Sun
Jフレでありライダーフレ(なんだそれ)でもある友達からドンと送られてきた「仮面ライダー電王」と「仮面ライダーキバ」のDVDの山を黙々と見続けている日々。

電王を見終わりました。結局4話程「あー、偶然見たのはこの回かぁ~」と思う事があり、当時「ワケわからんし!」とか(途中だけ見てその言い草)、「おもろいのか?」とか思ってたんですけど、やっぱ全部見て初めてわかる面白さってのはあるね!うんうん。特にこの演出って、単発で見たら時はすごい賭けなような気がするわー。毎回見てるからこその「うへへ」って面白さが毎度きゅっきゅと詰まった感じ。

ワタシ的第一食いつきポイントは、いきなりデンライナーのナオミちゃんがアギトのマナちゃんで、それもものっすごいイメージが変わっての登場だったもんで、「おぃ!」みたいなところから始まって、しばらくそこに釘付け。女って怖いわ!変わるわ!

あとやっぱ、特撮は特撮なんですけど、ケタの違う特撮ってのか、この前作がカブトだったと思うと、制作サイドの「ひとつパッと!」的な意気込みを感じましたわ。色もいっぱい音もいっぱいキャラクターもいっぱいでお祭りだ~~~子供も喜べ~みたいな。

お話も、時間のあれこれは考えると実はとっても難しい話題と思いますし、その辺の理論がどこまで正確なのかとか気にしたら結構突っ込みどころ満載とは思いますけど、その辺はエッセンスとして考えればいいだけで、モモちゃん達(←既にファン風)との心の交流が回を追うごとに琴線に触れてくるもんで、非常に門戸が広い作りかな、と。

だって、うっかりワタシだって”モモタロちゃん”とか言っちゃいそうな勢いよ。キャラ設定とか構成とか上手いと思うのよー。りゅうたろうりょうたろうがイマジンの名前をぽそっとつぶやくだけで”なんて愛おしい”とか思っちゃうのよー。怖いわー。人気出るわー。わかるわー。しょうがないわー。

佐藤健くんも、当時”弱そうなヒーローは好きではございません”とか思ってあんまり興味がなかったんですけど、「弱いんじゃないよね、りゅうたろうりょうたろうこそが強い子よね!」ってちゃんと解りましたし、その雰囲気がもう彼以外ではあり得ないというキャラで。新人を見つける事に関しては仮面ライダー制作チームが一番うまいんではなかろうか。

ライダーのデザインとしては、好みはあんまりなかったんですけど、ただ・・・ただですね・・・ゼロノスの存在意味がカッコよ過ぎて、好きになってしまう自分が悔しい。

ものっすごいイイ役よね!ゼロノス&ゆうと!!!!    これが総括。



仮面ライダーアギト

2009.06.18.Thu
平成仮面ライダー10周年ということで、きちんと見直す旅に出ているワタクシ。555終了後、アギトをこの度見終わりました。

放送当時軽くかじってたワケですが、まともに話なんぞ見ちゃいなかった事が判明。だって、通してみるとフツーに面白い事を今知りました! 

なんだその”フツー”ってのは、って話ですが、そうですね、やっつけアホ脚本で軒並み”低い視聴率は俳優のせい”とか騒いでるその辺りの人に、話が面白けりゃ客ってのはついてくんだよ!と言いたいぞ、と。”フツー”に面白けりゃ、見る!ちゃんと次が見たいと思う、ってことよ。

んで、当時もギルスが好きで、なぜギルスだったかってーと、ギルスの人が好きだった事もあり、そしてギルスのデザインも好きだったんですけど、今見てもやっぱり「ギルス、かっこえぇ~~~」んです。友井雄亮も葦原涼もギルスも全部ひっくるめて好み。なので、話の中で関わってくる女子がキライです。わはははは、どんだけ純粋に見てんだ、ワタシ。そんくらい、ギルスが好きっす。

仮面ライダーといえばバイク っていう昔ながらのイメージもそのままにバシバシとバイクが走るのも好き。スタントさん上手い~~~かっこいぃ~きゃぁ~ そんなドロくささもたぶん、ワタシ好み。

そして、555でもそうでしたけど、言いっぱなしとか謎ふっかけっぱなしとかもいろいろあるとは思いますけど、「言いたいこと」が明確というそういう部分でブレないのは仮面ライダーの良さなのではないかと思いました。はい。

くーちゃん9回目

2009.06.15.Mon
コンサートには行けませんでしたが、今日はドラマにやや多めに出ていましたね。コンサートでもあのニコニコ笑顔が見られたでしょうか。

にひゃ~という笑い顔もさることながら、今日もぷいっとした鼻がかわいらしく。妙にアップが多いうえに、横顔をポイントにしたカメラワークはホントに誰の指示でしょうか。ありがとう。ありがとう。

もじけた顔でカツをつっつく姿も、「金とんね~し」とふてくされた声も、ニコニコ笑顔も・・・ごちそうさまでした。

カツコン

2009.06.14.Sun
譲っていただいたチケットで、無事に今日もたっちゃまを、カツンを見て参りました。ありがとうございます。ワタクシは人々の愛で生きております。

っつてかですね、どんだけあの生き物はかわいんですかね。上田竜也という生き物は! ふがっ

コンサの方は、多少構成も変えたおり、つっても、なにぶん10Dayは初日しか見てないなので、その後もあれこれ変更があったのかもしれないですし、2Days用なのかもしれないので何とも言えませんが、まま、とりあえずバンジーをしなくていい中丸くんが元気そうで何よりでした・・・・って、そこかい!

いや、ホントに初日のあのテンションの低さがホントに印象的でして。あははは。

ま、そんなこんなのコンサート。ネタバレがどーとかいうより、また無駄に己メモなので折りたたんでおきます。




続きを読む "カツコン"

ぼくらのおんがく

2009.06.13.Sat
音楽番組と思ってましたが、トーク番組だったのですね。知りませんでした。うっかり「ピアノでも弾いて歌ったり?」と野望を抱いておりましたが、まさかそれは打ち上げで披露のようですね・・・・

いや、しかしあのアングル。「上田くんの後頭部は素晴らしい」と知ってのあの角度か!? 見事だ。

横、もしくはななめ後ろから後頭部のふんわり丸みがわかりつつ、ひょんと鼻頭が見える角度がイイんです。スタッフ、素晴らしい。愛されてるな、上田くん。

しっかりしてるのかー 気をつかえるようになったかー そうかー     しみじみ。



そういったワケで・・・ (しばらく優先で掲載)

2009.06.11.Thu
救世主が現れました。ありがとうございます。ありがとうございます。

たっちゃま、見てまいります。



KAT-TUN

6月14日(日)東京ドーム公演チケット  1枚 余ってる方がいましたら欲しいです!

1枚、または2枚でもOKです。席さえあればどこでもOK。

あ、いきなり高額とかでふっかけないでください。定価でお願いいたします。月曜日はお仕事なので行けません。

皆様の愛の手をお待ちしております。

ワタクシへのコンタクトは左側メニューの「言いたがりフォーム」をお使いください!!!


どなたかが、ワタシの救世主たらんことを・・・・・

くーちゃん8回目

2009.06.08.Mon
って・・・・・

出なかったぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっっっっ

予告編だけって!!びっくりしたわ・・・・うっかり予告で喜んでしまったけども、今日出てないよ!!
貴重な1時間を返してくれたまえ。

くーちゃん7回目

2009.06.01.Mon
たっちゃま3分間ルールでもあるのでしょうか・・・

4回目は例外として、常に3分くらいしか出ません!!!!!!ウルトラマンかよ!!!って例えも、今となっては古いっちゅー話だよ!!!

にしても、もりもりの筋肉のハズなのに、Tシャツきて細っこシルエットなのはなぜなのでしょうねぇ。不思議。

今日の一番はぶしつけな質問をして、お兄ちゃんとシゲに注意されて「中居さんの方を見上げるとこ」。
なんて完璧な弟キャラ。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。