スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラマめじろおし

2009.01.25.Sun
○続・夏目友人帳
ドラマと言いながらいきなりアニメですみません。前シリーズはとびとびでしか見られませんでしたが、今期は予約録画してます。ニャンコ先生らぶ。

○浪花の華
ケータイ7のケータくんが出るので見始め、予約録画でちゃんと見ています。役どころというか、感情の表現がケータ風味なので、ケータイ7も見てるワタシは週に2回も彼のあわわでヘロヘロな顔を見てますと、結構お腹いっぱいですけど、それでも時折り見せる表情がバツグンに良いのです。
決して派手ではない若手俳優を主役にしてのこーゆードラマのターゲット層がどこにあるのか判らないのですが、アタリとかハズレとかそーゆー話じゃないので、、ワリと安心して見ております。栗山千明ちゃんが刀を振り回して流し目してくれるのもイイです。

○水嶋ひろの執事コスプレドラマ
イケパラ以降、見事にハズれドラマを引き当ててた感がありますので、ものーーーーーーすごい心配をし、心配のし過ぎで、このドラマが、「イケパラ」「有閑倶楽部」・・・あと何だ・・・「花より団子」か、あのヘンを混ぜてみましたというのは判ったんですけど、結果として面白いのかどうか全く判断がつきません。いや、正直言うと、ドラマといえども、とにかく「イジメ」を毎週見る趣味が無いので、早くその辺のシーンが無くなる事を祈ってやみません。
んで、イケパラのひばり様が今回も筋の通ったお嬢様として登場してくれて嬉しい限り。しかし、岩佐真悠子ちゃんっつーのは、実際何歳なのだ。ある意味、永遠の女子高生。
とりあえず、水嶋ヒロの執事コスプレはお似合いなので見ます。

○大野お兄さん
なんだかんだと言っても、見ないとね。という事で見てます。ただ、もっとコミカルドラマかと思ってたので、思いの他重い進みぷりで焦ります。大野くんのちょっとハズした間合いが見られる演出に変えて欲しいです。

○ケータイ7
まだまだちゃんと見てます。

○中丸くんドラマ
えーーーーっと、番宣はそれなりにがんばって見ました。
ドラマ本体としては、中丸くんが出なかったら全く見る事は無いであろう種類のドラマなので、初回2時間という事もあり、予約したのを後で見ればいいやーと思っていたら……見事に録画を失敗してました。ワハハハハハハ!!! スマンスマン。内容は番宣を結構みたので大体判ったしね。ってそういう問題じゃないのも判ってます。へへへ。

ここ数年、雑誌を全く読んでないので彼らの事情がわからない中、フレンドパークで「上田がすごいいいベッドを持ってる」事や、朝のテレビで相変わらずメンバーの事(今回は上田くん)を「この子」と言うクセが失われてない事が判り、ほのぼのしましたよ。

○仮面ライダーディケイド
新しい仮面ライダーの季節です。全く予備知識ないままに居ましたら、ライダー師匠から、「カブトも出るから」という誘い文句を散りばめた「忘れずに見ろよ!」メールが届きました。

んで、本日第一話。いっぱい仮面ライダーが飛び回る中、必死にカブトを探してる自分が悲しい。ジャニーズジュニアん中でお目当てのジュニアくんを探してるじゃないんだからさ・・・・。見つけるとまた嬉しいのもセツナイ。コマ送りしてないだけマシか。

にしても、人気シリーズとして毎年いろいろ作るのはタイヘンだと思うので、今回のこの「過去ライダーを使う」という案を思いついた人は「オレ、ナイス!」と思ったでしょうね。こーゆー作戦があったか!と思いました。成功するかどうかは、これから1年かけて見届けさせていただきましょう。

主人公のオトコノコは、顔がぷにゅぷにゅ系なのであまり興味は持てなく残念。ワタシは顔の皮膚が薄そうな顔が好きなんです。そして、ディケイド自体の顔もどうーーーなんだ!?と。だって、バーコードよ。
スポンサーサイト

言わせてもらいますが

2009.01.16.Fri
なんだかんだで軽くスルーしてるようなフリしながら、コンサDVDも買ってますし、カツンTVも毎週見てるワタクシです。

そして、今更ですけど、やっぱりこれだけは言っておくべきかと思いましてペンを取・・・キーボードを叩きました。


たっちゃま、パイロットスーツが激お似合い!!!!!!!!!!(かつんTVにて)

言いたいのはそれだけだ。

井の頭 追記

2009.01.12.Mon
フェネックを見に行った井の頭自然文化園ですが、他にも思いの他かわいい動物いっぱいで、なかなか満足だったんですが、その中で「ウシ年」という事もあり子牛が2頭。

子牛つってもデカイんですけど、ちょっと狭い柵の中でお疲れ気味
0330.jpg
日本でおなじみの白黒ウシと、かわいい顔でおなじみの茶色ウシ。

で、まぁ、そこまではよくある光景だったんですけど、ここから少し離れた資料館ですよ。資料館の前を通りかかったら、壁面に大きな大きな「牛を形どってそこに肉の名前書いてある図」が!よく肉屋さんとかであるやつですよ。

0331.jpg


牛本人の目と鼻の先で、思いっきり紹介されてて苦笑。

赤ちゃんフェネック

2009.01.12.Mon
友達に「これ見てきたらどーだ」と紹介されたニュース画像
0327.jpg
なんだこのヘタうまイラストみたいな生き物は~~~ それはフェネック。

昨年生まれなので、もうこのマンガみたいな事にはなってないとは思いますが、見物見物。祝日だし天気イイしで、フェネックくんとはもう人だかりだろう~な~と思いながらたどり着いた「井の頭自然文化園」

思いのほか空いてる。そして、フェネックんとこも特に大人気ってワケではなく・・・あれれ。つか、アライグマの方が大人気ですけども。アライグマももちろんカワイイですけど、どうにも我が家にも似たようなものが居るからね。うふ。

んで、目的の赤ちゃんフェネック。しかし、ガラス窓付き展示ケースの中には双子のお姉ちゃん達が。びろ~ん
0329.jpg
体がほっそくてちみったいのに、耳がシャキーーンと大きいのでやっぱりバランスが危うい感じで、なんとも保護欲をかきたてられます。

三兄弟はちょうど時間外だったのでしょうか。残念。「マッチ」「トシちゃん」「よっちゃん」というふざけた名前の子達に会いたかった。

外に居た子達はそれなりに大人のようですが、ちっさい体にでっかい耳がシャキ~ンなので、やはりどこかバランスが悪くて頼りなさげ。しかし目は気が強そうですけど。ギロン
0328.jpg

ガラスの森

2009.01.10.Sat
星の王子様⇒ラリックとき、 最後にもう一個くらい時間があったので、バスで行ける近いところ・・・とバス路線をながめたら「箱根ガラスの森美術館」

有名過ぎて、なんとなく逆に期待してないけど、でも時間あるし、まぁ、ついでなんで行ってみようか、と思って行きました。ヴェネチアングラスが展示されてるっていうし。ヴェネチア大好きなので見てみましょーかね、と行ってみたところ・・・

えーーー、なんかキレイじゃん!ガラス! 

ガラスだけで出来た野外展示物が想像以上にうつくしい。太陽の光だけで七色に輝くワケですよ。あぁ、プリズムで分光とかなんか理科の授業であったなーと思いながら、ぼけ~~~っと見てしまいます。

しかし、これが写真にとるのがむずかしい。回廊型の方はなんとか撮れましたが、ツリー型の方がダメだった・・・・残念。

0326.jpg


オリエントエクスプレス

2009.01.10.Sat
星の王子様美術館のあと、その付近でバス移動で行けるところを探したら「ラリック美術館」がございまして、いざ。

バス路線図を見ると、一回乗り換えが必要のようだったので、乗り換えのバス停で「ラリック美術館に行くには・・・」と付近の方に聞いたら、「え?そこよ!そこ!」・・・・見ると大きく看板が・・・わぉ。お手数かけました。スタタタタ。

ラリックは好きではありますが、「ラリックの作品が見られる」という期待以上の何も持たずに入館したところ、な~~~~んと!!!

オリエント急行の車内でお茶をしませんか」とお姉さんに声をかけられる。

なに!!!!オリエント急行とな!!!!!

プチ鉄道ヲタ、ちょっと興奮。

話を聞くと、オリエント急行の車内装飾にラリックの作品がある関係で、車体を買い取り、そこでお茶ができると。もう、ラリックがどーとかより、「オリエント急行に乗りたいで~~~~~す」なワタクシ。

「45分の入れ替えで、コーヒーか紅茶にデザートがついて2,100円なんですよ~」

カフェって考えたらなかなかのお値段・・・・・一瞬躊躇するも、オリエント急行だべ!!!と思えば、それもありじゃね?

「では、お願いします」 そそくさと申し込むワタクシ。予約制なので次回の予約チケットを貰い、時間まで美術館本館へ。まるで展示見るのが時間つぶしのような状態です。あはは。後でも再入館できるというので心置きなく時間潰し。

そして、いざ予約時間にオリエント急行へ。

車内は写真撮影禁止ではありましたが・・・・・さっすがホンモン。フンイキがムンムンです。

何より感動したのが、イスも当時のものだというのですが、このイスがバツグンにすわり心地がいい。そして保存状態もいい!当時のままの布張りだという事ですが、状態もすごく良く、驚くばかり。しかし、さすがに腕の辺りなどは擦り切れがきてるので、近々イスにはカバーをかけられる予定との事で、当時の布張りを体感するのは今のうちです!と。

んで、そのイスが座るときゅっと沈む感じがなんともここちいいなぁと思ったら、中のクッション材は「わら」だそうで。なんと!わらってこんなに心地いいのか!!!

ってことは、ハイジのワラのベッドってもしかして、すんごいセレブ!?


おじいさん、ワタシにもワラのベッドを作ってください。

そんなこんなで、ラリックの展示作品にも満足いっぱいでしたが、予想外のオリント急行に大満足でした。普通、下調べして行けば知ってるんだと思いますけどもね。あはは。


にしても、不況のせいでしょうか。それとも、みんなは意外に興味がないせいなのでしょうか。オリエント急行でお茶するこの企画・・・・客が居なくてびっくりしました。ワヤシは静かに過ごせて良かったですけど、オリント急行が人気ないみたいで寂しいですよ。


0324.jpg

0325.jpg

星の王子様

2009.01.10.Sat
ロマンスカーで箱根に行くにあたり、ここは行ってみたかった「星の王子様ミュージアム

ぞうをのみこんだうわばみ は永遠の名画と思ってる次第なので、サンテクジュベリ、ダイスキ。サンテクジュベリの他の本は読んだ事はございませんが、そんなこたぁいいのです。

んで、箱根湯元からバスにゆられて・・・20分くらい?
0319.jpg
冬の澄んだ空気の中、シャボン玉が飛んでるエントランスからすっかりイイ気分。

建物も館内も展示物も庭も全部が良い。星の王子様の美術館というより、星の王子様を書くにいたったサン・テクジュベリの記念館といったところでしょうか。途中、うっかり涙ぐみそうな構成だったり。

0320.jpg


0321.jpg

0322.jpg

0323.jpg


ヨーロッパの町並みを模したところはあちこちにあり、そのたいていが「ちゃちい」と思うような作りで、そういうのはあまり好きではないんですが、ここは良かった。ミニパリ。

街並がよく出来すぎており、トイレが見つからなくて係員さんに聞いたんですが、以前に行った友達にそれを言ったら「同じ事をした」そうで。案内図で確認したうえで、これ。さぁ、一発で見つけられる人はどのくらい居るのでしょう。

うっすらとした雪化粧もなかなかでしたが、バラの咲く頃にまたこの庭を見たいもんです。



そうだロマンスカーに乗ろう

2009.01.10.Sat
プチ鉄ファンとしては一回乗ってみたいと思っていた特急ロマンスカー。しかし、思いつくときは既に「展望席の最前列」などはあるワケもなく。どこかへ行きたいというのが目的ではなく「展望席に乗ってみたい」という小学生男子並の発想なので、なかなか実現しなかったワケですが、こうしててはいつまでも乗れないぞ、と思い、ムリヤリのってきました。

妥協その? 行きも帰りも展望席最前列というのはムリなので片道だけでも
妥協その? 進行方向最前はムリでも展望席最前ならよし

結局、箱根に行く時にはこの車両の普通席。
0317.jpg
それでも初ロマンスカーですので結構ワクワクしておりましたが、なにしろ普通車ですのでね・・・軽い新幹線って感じでしょうか。

しかし、なかなかの速さで走っていたけれど、山間に入っていくにつれ、坂道なうえに妙に民家が近いですよ!山が近いっていうより家が近い!!よって、かなりの減速。家の近さと速度は江ノ電かと思いましたよ。しかも山道。ついさっきまでグングン走ってたのがウソのよう。距離では計り知れない時間を要するのはこういう事なのね。

いざ箱根湯元。

その昔、たっちゃま達が降り立った時の映像を思い描いていたんですけど、思いっきり工事中!!!
小田急新宿駅も軽い工事入ってたし、着いても大工事。「旅気分を満喫」としては導入部分が今はオススメできませんです。ほら、雰囲気って大事でそ。フンイキ。

んで、帰り。
ここで、やっと展望席ですよ!!!最前列ですよ!!!
0318.jpg

しかし、進行方向ではなく、後ろ向き席

これ・・・・想像に負けないオモロさですよ。

時折り向かい合わせのボックス席にのると、図らずも進行方向と逆に座ることがあると思いますが、あれはやっぱり視界が限られてるので救われてるのね・・・と思いました。ぜひ、この展望席で後ろ向きに乗ってみてください。

ものっすごい 「運ばれてる」感です。

人間、やはり進行方向に向かってこそ「乗ってる」と感じるんだと。吸い込まれるように消えていく景色を眺めてると、ホントに誰かに後ろからひっぱられて連れいかれてるみたいです。意思とは関係ナシに。思いっきり自分の意思で乗ってるくせにね。えへへ。

日が暮れてる事もあり、気分は売られていく子牛。♪ドナドナド~ナ

ってか、駅に停車した時、新幹線のように専用ホームでないので、他の電車待ちの人がフツーに窓の外に並んでまして・・・視界良好の窓席にとっては・・・ちょっとこっぱずかしい。前に向いた展望車ならまだしも、こっちは「運ばれてる身」なのでね。

というワケで、初ロマンスカーは、なかなか楽しいひとときでした。

初詣

2009.01.02.Fri
「初詣いくつまわろうか」と思いたって出かけたものの、思いのほか疲れてしまい結局2件。

とりあえず、今年も明治神宮へ。
着いた時にちょうど開門の時間だったんですが、参道に入ってびっくり。人、わんさかわんさか。
去年は3日に行ったので比べようもありませんが、おととしより完全に人多い!
不景気だと神頼みってところでしょうが、どんだけみんな神様好きなんだ。

2日目としては人が多いのか、お守りとか売ってるとこが1枠2名の巫女さんのみなので、見事な行列。さすがに神様んとこなんで、みんな静かに大人しく待ってます。

日の出と神宮の森。
0315.jpg

そして次に今回行ってみたのが、府中の「大國魂神社」へ。

0316.jpg

そこそこ大きな敷地を持つ神社なので、大晦日から元日までの初詣客も大勢だったと思われ、そのせいもあると思いますが、神社までのけやき並木がゴミだのタバコの吸殻だのでひじょーーーに残念。午前も早い時間で空気がきれいなだけに、目立つ・・・。がっかり感は否めず。
参道にもこれは正月なんでしょうがないですけど、露天びっしりなのでいまいち良さが掴めず。

平時の様子をまた見に行ってみたいと思います。

しかし、何より京王線からすっごりはっきりと富士山が見えたので満足。あんなに見えるんですねぇ。ぼんやりシルエットの山々の向こうに、雪景色のてっぺんだけ富士山がくっきりはっきりぽこっと見えるので、冗談のようで目を疑いましたが、あれは富士山だなぁ・・・と。
ありがたや、ありがたや。 日本人を実感。

あけましたー

2009.01.01.Thu
今年もノンキに暮らしたいと思っております。よろしくお願いいたします。

0314.jpg
希望に満ちた感じなお写真。


年越しは家でぐーたらジャニーズカウントダウン見てました。


たっちゃまがタイヘン数少ないカメラチャンスを見事に使ってくれてよかったです。
三宅くんのアンチエイジングっぷりはやはり感嘆いたします。
大野くんと赤西くんのツーショットはどうにもこうにもオモシロ過ぎました。

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。