スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト -30-

2008.02.29.Fri
脚本:井上敏樹
監督:石田秀範

まだまだひっぱる「料理対決」の後編。

しかし、簡単には対決へいきません。生簀一郎は料亭破りをして回る様子を延々やってみたり、天道はじいやの兄弟のところへ修行にまで出かけてみたり。前回の加賀美パパに続き、田所・加賀美・岬まで天使ですよ。そして、今回は「生簀一郎 vs 天道総司」の料理対決。勝手に対決を申し込んだにも関わらず、またジャッジは加賀美パパ。なぜ。

いろいろな事情でお遊びの回があってもイイとは思うんだが、ワタシにはこのヘンの話としての面白さがなんだか全然つかめず、よって全体を通しての価値も見出せず、という悪循環。天道の細かい顔だの声だのだけを頼りに見ている次第。

・じいやの敵を討つために立ち上がる天道
・岬さんに本格的にアプローチをかける神代
・スランプになってまずい料理を作ってしまう天道
・田所さんの実家のソバ屋は300年の伝統を持つ
・じいやの双子の弟は料理の修行場のセンセイ
・修行により「光の料理人」になった証として「白包丁」を与えられる天道
・白包丁ではなく、田所家伝来の包丁を使って対決する天道


【初めて出てきたあれこれ】
「初めて田所さんの顔を知る天道」

【今日の天道くん】
田所さんの実家のソバ屋を負かし、鼻で笑った生簀一郎をするどい眼光で睨む天道が!そのまま変身してしまいそうな目力。にしても、本当に目がキラキラ。
スポンサーサイト

仮面ライダーカブト -29-

2008.02.29.Fri
脚本:井上敏樹
監督:石田秀範

一体何がどうしたいのかさっぱり判らない「料理対決」の前編の回。

前回の最後にハイパーカブトが姿を現し、何か重要な段階へ!と思いきや、「黒包丁」だ「白包丁」だと、料理が全面的にクローズアップ。そして、ゼクトまで「パーティーの料理人を決める」とかで、「闇キッチンルール」による「料理対決」開催ですよ。今回は「はも」を使って「じいや vs 生簀一郎」

メインの料理対決の他でもあっちこっちでひたすらに料理についてあーだこーだやってます。そして、思いついたようにライダーがワームと戦っている映像が織り込まれてる程度。しかし、その適当としか思えない戦闘シーンにまた「ハイパーカブト」が顔を見せ、なにげなーく「ハイパークロックアップ」を使って去っていきます。もっと、もっとそこは重要じゃないのか!!!

・樹花ちゃんの友達のあみちゃんの家はフレンチレストラン
・ワームにまで料理人を探す手伝いをさせる三島さん
・神代のバイト初給料は「76,073円」から割った食器代などを引かれて「73円」
・天道くんはイタリア語も話せる
・田所さんの実家はソバ屋なので、ソバにうるさい
・じいやが昔書いた本「料理の心得」を肌身離さず持っている天道
・対決のジャッジとしておかしな衣装で登場の加賀美パパ
・料理対決に負けるじいや


【初めて出てきたあれこれ】
「ハイパークロックアップ」
「ワームになるサソード(神代)を見てしまうガタック(加賀美)」

【今日の天道くん】
ついでのように織り込まれた戦闘シーンですが、やはりそこはあくまで仮面ライダーカブトです。高い所に立って、飛んでくるゼクターを掴んで変身するシーンではサイコーの顔でご登場。

仮面ライダーカブト -28-

2008.02.28.Thu
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太

擬態風間に騙されて、てんやわんやの大騒ぎってなところでしょうか。
ゴンだけがホンモノと擬態の風間を見間違わないところに、王道の子供信仰が見えます。

途中、ワーム風間にまんまと騙された「天道、神代、影山、加賀美」が並んで歩きながらライダーへ変身するシーンは、作り手の「どう?かっこいいでそ?」という声が聞こえそうな絵ズラ。えぇ、ベタですけど、ベタはやはりベタになるだけあって、皆が好きなんだと思うの、こういうシーン。ワタシももちろんダイスキです。

・風間大介の携帯待ちうけ画面はゴンの写真
・じいやはゴンにもキチンと敬語で話す
・ワームにとって死体の振りは簡単
・ドレイクグリップを回収したら擬態風間がドレイクとなってゼクトの為に働く約束
・だが、擬態風間ドレイクが倒す相手は間宮麗奈が決める約束
・岬さん行きつけの立ち食いソバ屋でバイトをする神代剣
・「無神経の人は嫌い」と岬さんに言われる神代剣
・カブトとガタックが戦っているところに現れてワームをふっとばしたハイパーカブト


【初めて出てきたあれこれ】
「ドレイクグリップ」「ハイパーカブト」

【今日の天道くん】
やられてドレイクが海へ投げ出された後、水面を見ながら遠い目の天道くん。ダイスキな血の気の引いた感じでグッときます。今回もワリに血の気引き気味シーン満載です。そして、ゴンに「大介はホンモノよ!」と言われ、それを見上げながら小さくうなずく天道のたたずまいがイイです。なんでしょう、とても静かで穏やかです。

仮面ライダーカブト -27-

2008.02.27.Wed
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太

ゴンが風間との記憶を取り戻し、風間に会うために行動を起こす、という話を軸に、「三島とワームが手を組んでライダー倒し」「風間のライバルであるメイクアップアーティスト登場」。そのうえ、「擬態風間大介現れる」などなど、いろんなエピソード満載ですが、何より・・・神代くんちのじいやが倒れました!!!これはタイヘンです!

じいやが倒れる事で剣がバイトを始めたり、メイクアップ対決やら、樹花ちゃんのメイクとか、「ちょっとした味付け」に思う存分時間を費やしております。どんだけ時間が余ってるのか。

ちなみに、伸びてきた前髪の束と共に、くるくるのもみ上げとくるくるのえりあしも、どんどんのエライこっちゃになってきてる天道くん。一般人じゃ到底太刀打ちできない髪型。


【初めて出てきたあれこれ】
「ゼクトとワームが手を組んでカブトを倒す計画を実行」

【今日の天道くん】
風間大介の指名手配ポスターを貼りながら振り向いて「よ、殺人犯!」とちゃかした顔が、もう絶妙に色っぽんでございますよ。そして、もう、声の艶がたまらん方向へ加速度を増してきております。目を閉じて声だけでも仮面ライダーカブトは楽しめるのではなかろうか。

仮面ライダーカブト -26-

2008.02.26.Tue
脚本:米村正二
監督:長石多可男

いろーーーんなエピソード満載過ぎで、メインは何の回かと言われると難しい。
一応、間宮麗奈の登場し、ワームが人間の感情を引き継いで揺らぐ事に妙に興味を持つという精神的事柄がメインでしょうかね。

田所さんの振りをしてゼクト本部に来たと思っていたが、騙されていた加賀美(ガタック)と岬を連れ戻しにきた田所さんやら、岬に擬態したワームに襲われそうになる樹花ちゃんやら、岬の擬態を助けて一緒にダンスをしながらお姉さんとの思い出に浸る神代やら・・・

おかしいのは、間宮麗奈のワームの分析結果をガタックに送信したはずの田所さんだが最終的にガタックが今回倒したのは、もう一匹のワーム。なのに、「やったな、加賀美!」「田所さんの指示のおかげです!」の握手はどうなんだ。

・間宮麗奈ワームはえらい強い
・ゼクトを信じられなくなり辞職願を出そうとする田所さん
・神代を助けた岬の擬態ワーム
・何も知らないひよりに説明をする為に「擬態」を「ドッペルゲンガー」と言う天道
・ひよりに興味を抱く間宮麗奈
・7年前にひよりが見たベルトの少年は自分だと告白する天道


【初めて出てきたあれこれ】
「天道の両親や妹の事を知っている加賀美パパ」

【今日の天道くん】
タクシーの前に立ちはだかり「オマエ岬の擬態だな」と言った顔ったら!もう!
擬態の逃げ込んだ先でブレスレットの音を聞いて見上げる時の顔ったら!
「思っていたより事情が複雑らしい」と言ってる時のひっくりかえる程のアップったら!
やつれ感がまたあっさりなくなり、つやつやキラキラな天道くんが満載です。
最後の「ひより、帰るぞ」の笑顔はダメ押しの一発です。

仮面ライダーカブト -25-

2008.02.25.Mon
脚本:米村正二
監督:長石多可男

エリアX内を始めて見た事で35年前から行われているマスクドライダー計画を知った天道。
何をしたかというと、本庁に入り込み、刑事として潜入! とうとうスーツ着用。うはぁ~。

そして久しぶりに風間大介(ドレイク)が再登場。

銀行強盗を捕まえ、疲れた上司にスティック(なんの?)をあげ、署長のスプーンからこぼれるスープをキャッチしたりでおっさん達をメロメロ(そういった意味ではない)にする天道。つか、にこぉ~っと振りまく笑顔が無邪気過ぎ。

一方ゼクト本部へ田所さんの振りをして乗り込む加賀美と岬だが、田所でないとバレていて、無駄にゼクトと一戦交えるガタック。


・マスクドライダー計画は1971年4月3日から始まっている
・その計画書のNo.1は加賀美が持ち出しに失敗して燃えてしまう
・樹花ちゃんは夏休み
・ワームの擬態した岬に樹花ちゃんの事を教える加賀美
・ワームの擬態した岬さんに狙われる樹花ちゃん
・天道の赴任先:警視庁湾南麻布警察署
・田所の振りをしてゼクト本部に行こうとする加賀美
・喪服姿の女ワームを捜すように命じられるザビー
・ゼクトのトップが警視総監だと知る天道



【初めて出てきたあれこれ】
「エリアX内にある実験室」「マスクドライダー計画書」
「35年前にガタックとして加賀美新の名前が書かれている」
「エリアXの奥の扉の中で鎖に繋がれ仮面を被った男」
「喪服姿の4人の女たち」「フットオンという声でマスクドフォームに戻れる」

【今日の天道くん】
スーツですよ!スーツ。髪が伸びまくりなのでいまいちか?と思いますが、そんなこたぁどーーーーでもいいんです。細身の体にスーツをまとって動く姿はさすがに「モデル」。フツーじゃございません。っちゅーか、なんで天道くんの目はいつもキラキラしてるのでしょうか。

仮面ライダーカブト -24-

2008.02.24.Sun
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)


記憶を思い出したいひよりや、ワームが襲う相手が持っている渋谷隕石の謎が知りたい加賀美や、渋谷廃墟内のエリアXで語る加賀美パパなど、メインは渋谷廃墟を軸に進んではいるはずなのに・・・どうしても食べ物シリーズをも平行して描きたいらしく、それ相当な時間を費やしています。

もしかしたら、メインストーリーである渋谷隕石の謎だけでは子供番組としては重っくるしい、という事情もあっての抱き合わせ演出なのかなぁ、とか、そんな事でも考えながら見てないとうっかり脱落しそうになります。

メインとしては結局、渋谷廃墟に入りたいひよりと、それを助けたい加賀美を一旦は止めるも、
ひよりの決心を見てサポートする天道。

そして常々カブトの中の人の仕事っぷりに感動すら覚えてたんですが、今回も渋谷廃墟内での戦いの中で、ワームを倒した後にザビーがこれまた邪魔しに来るワケですが、そのサビーのキャストオフした時に飛び散るパーツをですね、さくっと避ける様がですね、もぉーーーーーーーーカッコイイ。ちょっとしか動かないんだけど、カブトというか天道というかそのキャラがすっとなじむようなその動きってんですか。戦いのシーンはもちろんなんですが、細かい仕草が天道なおかげで、天道のエロ声がまた生きるってもんで。  中の人、サイコーだな。

・記憶を思いだそうと渋谷廃墟に入ろうとするひより。
・決闘の負けを宣言したじいやを解雇する神代
・天道(じいや)の屋台の前で「高貴ラーメン剣」をオープンした神代
・どんどん暴走する加賀美パパの例え話をさりげなく無視する三島
・じいやのラーメンが一番おいしい事が判り、解雇を撤回する神代
・ひよりの前でカブトから天道に戻ったりまたカブトになったりで正体を明かす
・廃墟の中に謎の扉を発見し、開ける天道・ひより・加賀美

【初めて出てきたあれこれ】
「AREA X内の扉」

【今日の天道くん】
決闘の後、負けを認めない神代をあきれたような顔をいたします。見下してる風な冷たい顔をさせたら世界一ではないかと思う今日この頃。つか、どんどん天道くんが疲れているようにも見えてきてる。キラッキラッ天道もいいですが、ちょっとやつれた感じももちろんいい味出てます。

マンガ紹介

2008.02.23.Sat
友達から薦められたので買いました。じんわりきます。

聖☆おにいさん (モーニングKC)聖☆おにいさん (モーニングKC)
中村 光

講談社 2008-01-23
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

躍らされている

2008.02.23.Sat
完全に踊らされてるとは思いますが、ついつい・・・ついつい・・・買ってしまいました。ドアラがこれからもがんばれるならご祝儀です!


ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ
ドアラ

PHP研究所 2008-02-21
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仮面ライダーカブト -23-

2008.02.23.Sat
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)

えーーーと、フツーにワームも出て、謎の緑の石の存在がクローズアップされていくなか、メインエピソードは完全にラーメン屋台に始まる食べ物シリーズ。

神代剣が出るとお遊び演出風になるのは、もう当たり前になっていく中、天道を迎えにきたカブトゼクターがラーメンの生地を切って麺にして「虫切り麺」だと言ってみたり、屋台で使っていたゴム手袋を脱ぎ捨てた天道に対して決闘の申し込みだと思う神代など・・・もう、そういうどーでもいい時間が多くなります。

途宙でカブトは1体ワームを倒してはいるものの、ガタックがワームと戦ってる間に、天道(カブト)と神代(サソード)はフェンシングで決闘したうえに、仮面ライダーになってまで決闘してます。

この辺から天道の前髪がどんどん長くなっている。前髪というか、前髪の束。

・エリアXの中を田所に見せる三島
・加賀美の装着したベルトで両親を殺したのは加賀美と疑うひより
・ガタックの登場でゼクトから契約を破棄される神代剣
・ワームを倒した加賀美の前に置かれているガタックバイク
・じいやの屋台を手伝う天道と樹花ちゃんとひより
・ワームに襲われている人間が持っている緑の石は渋谷隕石の一部


【初めて出てきたあれこれ】
「ガタックはゼクト最強のライダー(三島談)」
「ガタックを得た事でマスクドライダー計画は次段階へ入る」
「ワームも次の段階へ入る」「ひよりの両親のお墓は海の見える丘」


【今日の天道くん】
屋台を片付けながら加賀美にベルトの事を聞くひよりの声を聞いている
街灯に照らされた天道の横顔ーーーーーー!
墓参りをするひよりを遠くから見ている天道ーーーー!
泣くひよりを見て自分も泣きそうな天道のドアップーーーーー!

仮面ライダーカブト -22-

2008.02.22.Fri
脚本:米村正二
監督:田崎竜太

倉庫の少年、決着の回。サブメニューは神代剣の誕生会。

天道のシェフのカッコは既に見慣れた感があったが、ここへきて、ひよりにメイド服!完全に一部マニア向けです。さすがにかわいい。そして、天道とじいやと神代の3人コントや、フォークでお支払いの場面、など、サルでの映し方をちょっと凝ってみたりと色々試してみるスタッフさん達。

ワームに思い切り腹を貫かれた加賀美。死亡・・・と思われたのですが!!!
で・す・が!
その加賀美に誰かがガタックのベルトを装着された事により生き返ったうえに、ガタックにまでなった加賀美。おい!おい!おーーーーーい!!!!!


・神代剣の誕生会をサルで開催
・天道曰く、じいやは「人類の宝」
・かつてシャドーの隊長だった天道を見てるので、影山にとっては「天道総次郎」
・工場内にはワームのタマゴがいっぱい
・またまたワームになってしまう神代剣と、そのワームと戦うカブト
・ガタックにやられながらも、爆破からガタックを守って死んでいく子供ワーム
・どんどん暴走していく加賀美パパ


【初めて出てきたあれこれ】
「カブトクナイガンの剣モード」「仮面ライダーガタック」
「ゼクトルーパーが乗ってきたガタック用バイク」

【今日の天道くん】
ワームを倒す為に工場内に入ってくる天道。暗がりの中で顔こそはっきり見えませんが、そのほっそい体にぴっちりしたシャツをまとって歩いてきたうえに、でっぱりにひょいと身をかがめるその流れるようなフォルム。(←使い方が違うだろう)。いつもよりややワイルドな髪がかかった顔がもよろしい!

仮面ライダーカブト -21-

2008.02.21.Thu
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太

新たなるライダー「ガタック」の資格者を探す実験の回。
と同時に、ワームの巣になっているという工場内に居る子供を信じて、これまた暴走する加賀美の回。今回もさりげなく登場のコスプレ天道は「看護士」。

っちゅーかですね、ワームが所構わず大暴れするのはしょうがないとしても、カブト、病院の中で変身しちゃったもんだから、ワームとカブトで病院の壁を突き破って大騒ぎですよ。過去にもクロックアップしたバイクでビルの側面とか走ってぶち壊したりもしてますが、そんな設定で正義の味方もあったもんじゃございません。
まぁ、そもそも「正義の味方」というのはたまたまの状況で、基本、自分の為に戦ってるカブトですけどね。

つか、意識不明なうえに、入院した部屋の壁を突き破られてる加賀美ってちょっと気の毒。ちょっとだけ。

・ガタックゼクターの資格実験で大怪我して入院する田所さん
・神代剣の誕生日は1985年6月25日
・ゆみこさんが風邪の為、サルのシェフを務めた天道
・月の光で見える虹をMoonbow(ムーンボウ)という。へー。
・天道の料理にひかれてサルに登場の神代とじいや
・天道、神代を「お坊ちゃまくん」と呼ぶ
・少年を助ける為にガタックの資格を得ようとチャレンジする加賀美
・ガタックゼクターの資格実験でこれまたフルボッコされる加賀美


【初めて出てきたあれこれ】
「資格者として選ばない相手はボコボコにするガタックゼクター」


【今日の天道くん】
じいやの作った料理の味付けについて考えている時に鳴った携帯電話に出た瞬間の顔と、そのまま岬さんの依頼を「断る」とばっさりいった時の顔。血も涙もない感じがサイコー。

仮面ライダーカブト -20-

2008.02.20.Wed
脚本:井上敏樹
監督:長石多可男

怪盗シャドウの続きの回。
犯罪者を襲うワームをおびき寄せる為に、おとりとして怪盗シャドウを結成した田所チーム。
神代剣の家の宝を狙う事でやっとワームをおびき寄せに成功した怪盗シャドウ。

天道のおばあちゃん「オトコはクールであるべき。沸騰したお湯は蒸発するだけ」
神代のじいや「オトコは燃えるもの。火薬に火をつけなければ花火はあがらない」
と、上手い事対比をさせたシーンがあるくせに、何かってーと熱くなる天道はどうしてくれる。

にしてもですね、ピアノの天道の吹き替えの人の指が、あまりにも天道とは違う指です。少々無骨なピアニストってのはやっぱりあんまり居ないものなんでしょうかねぇ。

そして、最初こそはキメキメだった神代剣ですが、そのキャラが加速する事で、どんどん演出全体のギャグ風味が強くなっていく仮面ライダーカブト。
それに呼応するかのように、こっちもだんだんキャラ設定が読めなくなってきたゼクトTOPであり警視総監の加賀美パパ。「ちょっとびっくり」のセリフ回しにこっちがびっくりじゃい!三島さんは置いてきぼり。

・全てのワームを自分で倒したいが為に毎度カブトに襲いかかるサソード
・怪盗シャドウの用心棒になる天道
・お姉ちゃんが殺された時のトラウマで薔薇が嫌いな神代
・怪盗シャドウが「ゼクトルーパー先鋭部隊シャドウ」と同じ名前なのが気に入らない影山
・怪盗シャドウとしてもいまひとつな仕事っぷりの加賀美
・生まれて初めて買い物へ行って迷惑な神代剣
・天道と神代のピアノ連弾


【初めて出てきたあれこれ】
「天道の趣味は知恵の輪か?(樹花ちゃんが帰ってきた時にやってた)」
「天道はピアノも上手い」「戦いの最中に発作を起こしワームになるサソード(神代)」


【今日の天道くん】
樹花ちゃんがケガをした原因である神代剣を殴った後の怒ったお顔。
前髪も目もお鼻もとんがって、とってーもワイルド。

仮面ライダーカブト -19-

2008.02.19.Tue
脚本:井上敏樹
監督:長石多可男

「神に代わって剣を振るうオトコ:神代剣(仮面ライダーサソード)」初登場です。
エピソード的には「怪盗シャドウ」の回。

ゴンが居なくなり、いろいろ一人ではキャラ押しの出来なくなったドレイクは風に吹かれてどっかにやってしまい、その代わりに新たなるライダー投入。
城のような家に住み、じいやが付いている神代くん。声も低めに表情も硬めに、まだまだホンキで坊ちゃまをやってます。そして神代は「ゼクトからワームを倒す事で報酬を得る」という、ものっすごい斬新な設定。

天道との出会いは、町内会のサッカー大会に出た時。「サッカー」でのオレ様対決で決着が付かず「バスケ」「バレー」「卓球」「剣道」「ボーリング」で対決。きちんとユニフォームを代えてのコスプレ祭り。残念なのは、剣道着を着た天道のショットが無かった。できれば面をはずして汗をかいた顔ショットとか欲しかった!

・神代剣は、イギリス ディスカビル家の末裔
・ワームを倒す事への報酬「ワーム1体120万円」
・ゼクトの小切手を発行してるのが「株式会社飛鳥銀行」
・株式会社飛鳥銀行 本店 東京都中央区寿町5-18-12 (東京にはこの住所はないが東京以外だとある)
・三島さんは字がわりかし子供風味
・神代はお姉さんをワームに殺されている
・怪盗シャドウは岬さん


【初めて出てきたあれこれ】
「仮面ライダーサソード」「怪盗シャドウ」

【今日の天道くん】
サッカーの試合で「気にするな、始めようか」「やればわかる」の・・・・声がエローーーーい。録音して着ボイスに勝手にしていいですか。というか、用途は代えてもいいですか。
身を潜めている怪盗シャドウの気配を感じ、そちらへ行きかける時の顔と、その後サイレンに気づいて方向転換をしていくときの顔。そんでもって、ワームと戦い始めた時に現れた神代に「オマエ」と言った時の顔。

もう、顔とか表情とか既に神の領域。

仮面ライダーカブト -18-

2008.02.18.Mon
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太


誘拐されたゴンを助け、ゴンは記憶を思い出し風間の元を去る回。
コスプレ天道くんの今回は「コックさん」。もろに帽子がコックさん。

「カブトを倒したらゴンを開放する」という約束を、まんまと破るゼクト影山。もう、見る前からというより、脚本家も書く前から判っているような「決まりごと」の展開で逆に新鮮。シャに構える事無く、「やっぱり!こいつら!なんて卑怯な!」と一緒にゼクトに対して怒ってみましょう。

ゴンを助ける手段は、みんなで保養所の料理人になり潜入。
最初は睡眠薬で従業員を眠らせるつもりだったが、食を大切にする天道により「食事に睡眠薬を入れる作戦」は撤回され、「美味いものを食べさせて我を忘れさせ隙を作る」という仰天作戦へ。食に対してのコンセプトは忠実に守られているようで安心。

もうひとつの仰天は、ワームと戦うドレイクに「裏切りモノめ」と襲いかかるザビー影山。
いや、とりあえずワームは先に倒そうぜ、影山!!と。キミも卑怯者とはいえ、腐ってもザビーちゃうんかい!・・・腐ってるのか。そうか。そうなんだな。

・ドレイクの手をゴンが離していく瞬間はセツナイ。
・カブトに変身するシーンが、壁に隠れていて初めてて見えなかった
・卑怯なサビーに仕返しをし、ふん!とばかりに背中で演技をするカブトの中の人。


【初めて出てきたあれこれ】
「ドレイクの銃は水の中でも使える」「カブトは水の中でもクロックアップできる」
「ゴンを隠しているゼクトの建物は海辺の白いロマンチック仕様=伊豆にあるゼクトの保養所」
「みそ汁のダシにトマトを入れると美味いらしい」「ゴンはゆりこという名前」
「東京タワーを歩くサソリの姿」

【今日の天道くん】
海風に思いっきり吹かれながら、「戦わなくてもゴンは助けられる」と風間を説得しようとする天道。引きの映像ですが、やっぱりちょっと眩しそうな目を細めた具合がどうやらかなりワタシは好きらしい。
絵に描いたようなコックさんの帽子を被った、絵に描いたようなビジュアル天道。

仮面ライダーカブト -17-

2008.02.17.Sun
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太


ゴンがゼクトに誘拐される回。

ドレイクをゼクトに入れカブトを倒させる為に、ゴンを誘拐するゼクト。
その実行犯は影山。卑怯な事をさせる時は必ず影山を使うゼクト。そして拒まない影山。

時間の大半は「加賀美のワーム倒した自慢」と「誘拐におびえるゴン」。

何がびっくりって、ゴンを誘拐した後、その事実を風間に伝える影山のその手段が、ゴンが「助けて!」と言っている動画を、ノートパソで思いっきり人が居るオープンカフェで風間に見せるというやり方だという事。それも音付き。途中ではその音量すら上げましたよ!
ワタシがお茶してて、近くのテーブルから「助けて!」と子供が叫ぶ動画が流れてたら、即効通報する。いやワタシでなくてもするだろうよ!!

そしてうっかり気がついたんだが、ワームを倒すときに、他の人間の手前、クロックアップをして時間をゆっくりにして戦うのはイイとしても、他に何ら介在するモノが無い状態でライダー同士が一緒にクロックアップして戦っても、そのままの時間で戦っても、そこは別に何も変わらん気がするんだが、間違っているか? 


・ワームを倒して調子にのって自慢する加賀美
・ワームに襲われて頭を打ったショックで少し記憶を思い出すゴン
・岬さんは風間のモデルデビュー
・ゴンが最初に襲われたのは琴川駅行きのバス
・天道の作るみそ汁より美味しいみそ汁を知っているというゴン

【初めて出てきたあれこれ】
「天道はカブトに変身しなくても、銃弾をよけられる」

【今日の天道くん】
雑誌に載ってる風間を見て「ヘンなヤツだコイツも」という表情。
ゴンが誘拐されて自分を責めてしゃがむひよりを見下ろす苦悩の表情。
そして、夏になってきたからか、ノースリーブ衣装満載。鍛えたにの腕を披露です。

仮面ライダーカブト -16-

2008.02.16.Sat
脚本:井上敏樹
監督:鈴村展弘

複数の医者擬態ワームの続きの回。ついでに「天道医者コスプレ」あります。
「白衣」と「青の手術着」、両方あります。

前回「裏があるな」とつぶやいた天道ですが、いきなりカブトの事は伏せ「天道寺総司郎」としてゼクトに加入・シャドウ隊長となる。「カブトである事は誰も知らない」って言ってますが、それが本当ならゼクト本部はどんだけ調査する力がないのかと。

っちゅーかですね、「天道寺総司郎は何もなんですか」と三島に詰め寄る影山くんですよ。
んで、その不満によってザビー(影山)は、ドレイク(風間)に「抹殺しろとの隊長(天道寺)命令だ」と襲い掛かってドレイクがカブトに仕返しをするように仕向けた、という事はですね、
影山くんは「隊長=天道寺総司郎=カブト」と知っているって事ですわな。
「カブトとは誰も知らない」って天道くんは思ってますけど、バレてませんかね?

以前に天道に後ろから羽交い絞めにされた事がある影山くんは、その声で「オマエ、カブトだな」と言ってまして、顔こそ知らないけど声でその存在は知ってるとしたら、三島さんには「あれは何者か」と問い詰めつつも、影山は自分だけで、天道寺=カブトと判断したんでしょうか。

まぁ、そんな辻褄の合わない事言い出したらキリがないのでイイんでけど、でーすーけーどー!

けど・・けど・・「話を聞かせてもらうか」という夜のシーンの次に、その話を聞いてるのが、ものっすごい日の光で水面がキラキラしてる朝ってのはどうなの。
その間、何をしてたの。お話は明日の朝にでも、、、ってどんな悠長な問題じゃないだろう!

そしていきなり影山の手から落ちたザビーのブレスを拾い「戦い方を教えてやる」と飛んでるザビーゼクターをムリヤリ掴んで変身する三島まで現れます。
ザビーゼクター、そんな簡単に捕まってる場合かっ!

・・・なんなら、ワタシもザビーになれる?

・前線では天道寺隊長の指示は従っていたが、その実不満満載の影山
・風間の連れている少女は「名無しのごんべい」から「ゴン」という
・勝手な行動をした影山の罰は皿洗い
・医者の謎が解け解決したのでゼクトを辞めた天道


【初めて出てきたあれこれ】
「ムリヤリでもゼクターを掴めれば変身できる」

【今日の天道くん】
「オペを受けろ」という天道の言葉にびっくりする加賀美に向かって
にこっと笑ってう無邪気な笑顔の白衣天道。
日の光の中、ちょっと眩しそうにしゃべる顔はもう定番のナイスショット。

仮面ライダーカブト -15-

2008.02.15.Fri
脚本:井上敏樹
監督:鈴村展弘


おとりにされて凹んだあげくにゼクトに休職願いを出し、ひとりでワームを倒して「やればできると証明したい」とていきってる加賀美。そこに現れる忙しい医者に擬態して一緒に手術をやってくれてるワームの回。

休職届けを出してるくせにゼクトのパソコンを持ち出す加賀美を注意する岬さん。そうです、岬さんは正しいです。
しかし結局パソコン持ち出し、岬さんと風間で加賀美を影からサポート。
加賀美は考えたら今までもそして今回も「やっぱり」自分勝手で結構ウザキャラだった事に気がつく。


・おとりに利用されてショックで大泣きする加賀美
・以前は父親に反抗的だった加賀美が父親を呼び出して友好的ムードのランチ。なんでや。
・サルで岬さんのヘアメイク対決をする天道と風間
・隊長としてサビー影山以下シャドウを率いて登場する天道。


【初めて出てきたあれこれ】
「ゼクトはパソコンの持ち出し可能」「ドレイク用ゼクトマイザー」
「シャドウ隊長としての天道」

【今日の天道くん】
泣いて走り去る加賀美を見送り、横を向く天道。赤い工事ランプに照らされて憂いたっぷり。
そして!そーしーてー!シャドウの隊長として登場した天道くんが、メットを取って頭ぷるぷるですよ!
そして!そーしーてー!驚く加賀美の方へ視線を動かしてニヤっですよ!!!
シャドウの服すら完璧に似合うこのオトコは何者か。

仮面ライダーカブト -14-

2008.02.14.Thu
脚本:米村正二
監督:長石多可男


本部より「内通者は加賀美」との情報を流されて、ピンチの加賀美。
だが、そんな事より、ひよりのプチ反抗により昼飯を探して歩き回る天道の回。

天道を疑うひよりに、まずいロールキャベツを食べさせられ「もう来ない」宣言をし、あちこちウロついた挙句に、なぜかフツーにサルへ戻ってくる天道。まさに「舌の根も乾かぬうちに」。
ひよりが樹花ちゃんのおかげで思い直していたから良かったものの、それが無ければ、またまずいロールキャベツが出るハズなのにな。あは。

と、他に書く事ない位に、本筋の加賀美をどーのこーのというストーリーは特に親展はなく、細かエピソードのみ。
ただ、その細かいエピソードに対しまんべんなく天道をちらすので、うっかり見てしまうという、悔しいが上手い見せ方。


・ザビーやら隊長やらで調子にのってる影山。
・ひよりに「あのベルトはオマエのか」と聞かれ「違う」と言う天道。完全にウソつきくん。
・まだゼクトに入るように風間を説得する加賀美と岬さん
・樹花ちゃんとご飯を食べてプチ反抗を反省するひより
・おとりにされ、命を奪われそうになって激怒りの加賀美


【初めて出てきたあれこれ】
「ワームはクロックアップを見破れる」

【今日の天道くん】
たずねてきたひよりに「何か用か」と聞くその顔。
影山を羽交い絞めにしながら「ほぉ~」と目を細めてつぶやくその顔。
「まずは飯を食ってからだな」のその顔。
カメラマンがイイのか、監督がいいのか、演出がいいのか。
細かい表情がホントにきゅっきゅとツボをつきます。

仮面ライダーカブト -13-

2008.02.13.Wed
脚本:米村正二
監督:長石多可男


元シャドウ連続殺人事件の回。内通者が居るという事であれこれ騙しあい。
ってか、「オリーブオイル」の回という方がいいか。

のっけに前回の続きでカブトに戦いを挑むドレイクですが、
さすがに全く戦いに興味がないだけあって普段鍛えてないのでしょうか。
武器を使わないで戦うとものっそい弱いです。

そして元シャドウ連続殺害という事で、元リーダーの矢車さん再登場!!

ですが、一人いきっている矢車さんの目の前で、サビーゼクターは影山の手へ。
胸に浮かんだ「ザビーの紋章」を見せる影山。
矢車と一緒に「いーつーのーまーにー!」と叫ぶワタクシ。
と同時に、矢車⇒加賀美⇒影山、とどんどん資格者を代えてまで「資格者を選ぶ」というワリに、ここにきて卑怯な事をちまちましてる影山を選ぶザビーゼクターに不信感。

ちなみに、田所より加賀美に「カブトへ渡すように」と託されたゼクト開発の新しい武器を、気がつけば使っているカブト。指みたいな形をしたところから、ちっさいカブトゼクターみたいのがびゅんびゅん飛び出てきて弾幕みたいな役割をします。


・シャドウ解散により、田所チームに「オペレーター見習い」として配属される影山
・マニュアルによると、田所チームの指令車のレーダーモニターは
「指令車半径10kmのワームの捜索」ができるらしい
・ゼクトが新しく開発した武器(ゼクトマイザー)をカブトへ渡すように指令が出る
・ひよりを倉庫の一角に隠し戦う天道
・シャドウの情報を流してる内通者をあぶりだす作戦中の影山
・矢車に向かって「むしろ不協和音」とか言う影山
・ひよりがベルトを見て、両親を殺したのはカブトだと宣言
・内通者は「加賀美」と本部からの情報


【初めて出てきたあれこれ】
「RADAR MONITOR」「ゼクトマイザー」


【今日の天道くん】
悪態をつく風間に「毒があるほど美しいってな」と言うその顔。
そして去る風間を見送る天道。
太陽の光を浴び、海風に吹かれてるそのとんでもないオトコマエっぷりはどうなのか!

仮面ライダーカブト -12-

2008.02.12.Tue
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太


スクラッチと女子集め等、天道総司と風間大介のちっさい戦いの続きの回。
ついでに加賀美がメイクされる。

風間の登場により、演出が少しづつコミカルになっていく仮面ライダーカブト。
スクラッチ勝負辺りまではフツーにちょっと楽しい演出として見られるのだが、
メイク終了時の妙なコミカル映像があちこちに挟まってきて、少々ウザい。

それより気になったのは、カブトがキャストオフをしたその瞬間にもう、ツノが上に向いてた!
あまりにしょうもないシーンに時間を費やしたが為に、変身シーンの尺が取れなかったのだろうか。


・「ドレイクかなんか知りませんが」と言うドレイク資格者風間
・桜の花びらの中のクロックアップ。
・お気に入りの女性に擬態したワームを倒され、
 「正しいが気に食わない」とカブトに襲いかかるドレイク


【初めて出てきたあれこれ】
「仮面ライダードレイク」「薬を飲む三島さん」

【今日の天道くん】
白ジャケVネックに黒マフラー・・・無敵の天道。
樹花ちゃんに「友達」について語る時の上斜めからのカメラアングルに敬礼。

仮面ライダーカブト -11-

2008.02.11.Mon
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太

ドレイク登場。トンボです。メイクアップアーティスト風間大介です。
子供連れてます。そして、屋形船の回。

だいじょーーぶかーーーーー!!!と思わず叫ぶほどの「棒読み」の風間大介。
しかし、そのおかげで女大好きキャラだし、
ビラビラのブラウス(シャツではない)を着てるし、女を口説きまくるし、
事あるごとに周りにお花を飛ばすCGを施しても、いやらしさ皆無。
あえて子供番組である配慮なのかと思いもしたが、
それに比べて、どんどん天道の声がいやらしくなっていっている事を考えると
そんな配慮は無いはず。


・ザビーを捨てた事に「大事な事を忘れている」と言う天道
・カフェで岬さんにゼクトに入るよう話してるところへ風間大介登場
・天道と加賀美、屋形船合コンへ
・トンボゼクターが来るので仕方なく変身する風間大介


【初めて出てきたあれこれ】
「仮面ライダードレイク(まだ名前は出てこない)」

【今日の天道くん】
トンネルの中でワームに遭遇。飛んできたカブトゼクターを掴んだ瞬間の顔!
っつーか、目!瞳!眼球!たけのこ持って変身したよーん♪

仮面ライダーカブト -10-

2008.02.10.Sun
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)

ザビーの資格者を巡ってあれこれの回。


フォルム的に全く美しくないキャストオフしたカブトバイク。
ビルをぶっ壊しながら走ったり、地面に突き刺さってみたりと
それってどうなの?という役割なワケですが、
そのでっかいツノが、ライダージャンプの瞬間にちょっと伸びて
カブトを手助けした時は思わず爆笑。
もう少し・・・もう少しカブトの役に立つ何かをやらんかいっ!と。
まぁ、バイクに怒ってしょうがないけど。

そんでもってザビーの資格を失い、天道の家にたずねて来た矢車だが
気がつけばサルで料理してますよ。天道と2人きりですが、
あのレストランの責任者は誰?鍵はどうしたの?ねぇ。
後でひよりに「勝手に使った」とか言われてましたので無断なのは確実。


・ザビーになった事でシャドウの隊長になった加賀美
・サビーの紋章が加賀美の胸に浮き上がる
・ザビーだとカブトを倒さなければならない
・「友達」は天道の嫌いな言葉
・迷う加賀美を煽って対決し、去っていく天道
・ザビーの資格を「もっと大事なものを掴んだ」と放棄する加賀美


【初めて出てきたあれこれ】
「天道と加賀美の父親がサルで初対面」「トンボの形のゼクター」

【今日の天道くん】
光を浴びながら「きょうのまかないは何だ?」とサルに入ってくる天道くん。
光を背負って輝くまさに天の男でございます。
「あったかいぞ」とひよりに料理をすすめるその、ま・な・ざ・し。

仮面ライダーカブト -09-

2008.02.09.Sat
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)


ザビーとカブトの戦いの回というか、
その戦いの後、病院で女医を逆診察し、勝手に入院患者に食事を作って振舞う天道の回。

「おばあちゃんは言っていた。病は飯から。食べるという字は人が良くなると書く」
という語録にまともに胸を打たれたワタクシ。

倒したはずの天道はいる挙句に、カブトに変身するのを見て
我を忘れるザビー矢車だが、ザビーゼクターに見放される。
まではアリですけど、その後、使命感に燃えて熱くなってる加賀美が
サビーになるというびっくり展開。

そして、カブトバイクまでも「キャストオフ」機能が!
前輪が二つに割れて間からものっすごいでっかいカブトのツノが出る。
3輪バイクになるやら、ツノはでか過ぎるやらで
バイクのビジュアルがとんでもない事になるこちらもびっくり展開。


・加賀美を助けるためにサビーのライダースティングを受けるカブト
・樹花ちゃんの制止を受け一晩入院する事にする天道
・シャドウに入ってもゼクトビデオで戦いを録画する係りの加賀美
・カブトを倒したと思っている矢車
・影山と同じ病院に入院した天道「芝三田園総合病院」
・ひよりが触るとベルトの破損が直る。ひよりは記憶のベルトを思い出す。

【初めて出てきたあれこれ】
「ザビーゼクターは自らブレスにくっつくことも可能」
「カブトバイクもキャストオフする」

【今日の天道くん】
ザビーに殴られた後に死んだ振りから立ち上がる天道くん。
どうにも撮影した時にとんでもなく寒かったようで、
白い息を吐きながらしゃべる引きの映像ですが、
血の気が引いた感じがホントに仮死状態から戻った風でたまらんです。

りっぷす

2008.02.09.Sat
なんだかんだでまたちゃんとカツンさんのシングルを買いました。というより、PVメイキングDVDが付くので買ってしまいます。コウキさんがPV大好きなのと同じ位にワタシはメイキング大好きだ。

今回も中丸さんがちまちまとイイ仕事をしております。ありがとう。

ヘアメイク中丸はもちろん格別ですが、田口さんにチョコのダジャレを言わせようというくだりで、なんとなーく田口くんの顔を覗きにきている上田さん(マイクに完全に被られて顔が見えない辺りもご愛嬌)や、拡声器でチキチキ言ってる赤西さんの横でたくらみ顔のコウキくんが好きです。あ、亀梨さんのお帽子をかぶってペコってされるくだりも格別。上田くんとカメさんとコウキくんのそれぞれの様子がホントにほほえましい。この3人のかもし出すバランスが昔から好きなんだな。

仮面ライダーカブト -08-

2008.02.08.Fri
脚本:米村正二
監督:石田秀範

前回逃したワームの続き。ザビーの任務以上に
カブトへの嫉妬で打倒カブトに燃える矢車ザビー。

っていうより、天道「司祭」コスプレの回。


・戦わないカブトを襲い、カブトの反撃で部下がケガをするザビー矢車
・矢車を尊敬し、田所チームからシャドーへ移動する加賀美
・ケガで入院している影山
・樹花ちゃんの願いでひよりを呼んで豆腐パーティー予定
・ゼクトカメラを加賀美と岬が持って式場内検査。2台はあるという事だ。
・カブトに戦いを挑むザビー。夕日の決闘シーン。


【初めて出てきたあれこれ】
「三島さん」「ゼクター同士も戦う事がある」

【今日の天道くん】
おはようを言わない樹花ちゃんに戸惑いながら、一瞬視線を下に落とすとこと、
そのまま樹花ちゃんを見上げる横顔がマンガのようです。
その後にあいさつを受けて破顔するギャップが!!!!

仮面ライダーカブト -07-

2008.02.07.Thu
脚本:米村正二
監督:石田秀範

ザビー、登場。ザビーの重要任務は「カブトを倒すこと」。
結婚式場で白い服の人を襲うワームと対決の回。

バイトの時間だからと捜査途中で帰されるくせに、
ワームの行動パターンが読めたという電話ですぐゼクトへ戻る加賀美。
見習いだからってバイトを許可してるのもどうなのかという話だが
バイト途中でも呼び出す位なら、バイトに行かせるなよ・・・とか、
仕事なめるなよ!という。


・矢車のキーワード「パーフェクトハーモニー、完全調和」
・豆腐屋の前で出会う天道と矢車
・矢車と豆腐料理対決をしてひよりの審判で敗れる天道
・ザビーはシャドウのエリートだった矢車が資格者
・襲いかかるザビーに「戦う意味がない」と言うカブト

【初めて出てきたあれこれ】
「ザビー」「シャドウ(本部直轄部隊のゼクトルーパー)」
「ライダースティング」

【今日の天道くん】
どれもコレもイイんでお顔は置いておいて、
「白い服」を狙うワームをおびきよせるのに
全身白のお洋服を着用の天道くんが映える!顔が映える。

仮面ライダーカブト -06-

2008.02.06.Wed
脚本:米村正二
監督:長石多可男

カブト捕獲作戦の続き。

ゼクトに拘束され岬に尋問を受ける天道くんですが、手錠をかけられながらも
樹花とひよりに電話をするくだりは、コント交じりながらもグッとくる。
何がって「電話からあの声が聞こえるってたまらんだろうなぁ」と
うっかり想像してしまう事もありますが、樹花とひよりへの愛情が溢れる良いシーン。

そして何と言っても、天道がひよりにあげた「世界でひとつだけのチューリップ」が
壮大すぎ。東京タワーを勝手に装飾ライティング。
さりげなくキテレツ設定ですけどイイです。

・東京タワーに行ってくれと頼まれたのに忘れる加賀美
・来なかった天道を信用できなくなったひより
・走る車から飛び降り、天道へベルトを託す岬さん
 というか、そもそもそのベルトは天道の物かだがな!


【初めて出てきたあれこれ】
「ゼクトの本部は簡単には知られない所にある」
「ゼクトのTOPの後頭部のみ登場」「ザビーの姿」

【今日の天道くん】
オレ様な態度で岬に電話をさせながら、樹花やひよりと話す時のやさしい顔ーーー!
逃げるためにゼクトルーパーになり、ヘルメットを取って「オレだよ」の顔ーーー!
「天の輝きを知るがいい」の後、カブトゼクター装着を下からアングルってのが
結構きます。

仮面ライダーカブト -05-

2008.02.05.Tue
脚本:米村正二
監督:長石多可男

カブト捕獲作戦の回。

攻撃する田所チームの前に立ちはだかり、
擬態するワームを放置する事でカブトをおびき出し、捕獲しようとする本部チーム。
岬が田所チームではなく本部のチームに参加。

本部のやり方に怒った加賀美は自分でワームを探そうとするんだが、
その時使ったのは戦闘を録画してたゼクトのビデオカメラ・・・これが、
「Mode:Thermo」にする事で、録画してる人の体温がわかる!!!
そしてワームは体温が低いので青い!!
このビデオカメラの量産と使用方法をもっと考えようぜ、ゼクトの諸君。


・天道はお家の車庫でバイクメンテナンスをちゃんとする
・ひよりが加賀美を慰めるように依頼をしに天道の家へ来る
・樹花がひよりの絵をみつける
・チューリップを描くひより
・「世界の花展」に行く約束をする天道とひより
 4:00に東京タワーの前待ち合わせ
・本部の罠だと知りながらも加賀美を助ける為にやってくるカブト
・本部の人間に囲まれてひよりとの待ち合わせに行けない天道


【初めて出てきたあれこれ】
「加賀美の父親」「ワームは体温が低い」「バイク走行中に変身」
「ひよりは人ごみが苦手」

【今日の天道くん】
シャッターを開けてたずねてきた加賀美を見て「なんだオマエもかくれんぼか」と
言ってる時の顔の角度はすばらしいんだが、その後車庫内で話す天道の顔がどれもイイ。
光の加減と角度がバッチグー(樹花ちゃん風に)

なつかしい

2008.02.05.Tue
イケパラのドラマDVD〔後編〕が届きまして、今回のオマケはエンブレムだけかと思っていたら、「トランプ」が付いていました。いわゆる「イケメントランプ」。

あぁ・・・あの魔の遊びイケパラバージョンがすぐ出来るよ!!!

以前にJ フレンズがあみ出した、「よりオトコマエを出していく大富豪ジャニバージョン」や、「グループとして最強のメンツを集めるジャニ版ポーカー」や、その都度生み出されるオプションルールでアホだが徹夜でやってしまうという魔のカード遊びがあるワケですが、それがすぐに出来る。この場合、数字も模様もはっきり言って全然関係ない。重要なのは、オトコマエの写真入りカードが複数存在するという事。

誰が最強カードとなるかというのは、世間の常識なんかではなく、その時集まったアホJフレンズの力関係(どんなよ)で決まるというものですが、このイケパラカードでやったら、これが一番最強カード。
0263.jpg
ハートのキングのこのオトコ。

岡田のよしのりくんカードもいい働きをするはず。

仮面ライダーカブト -04-

2008.02.04.Mon
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)

加賀美の弟ワームと対決の回。

「松輪の丸特サバ」が加賀美宛に届き、樹花ちゃんがサルへやってくる。
加賀美とひよりと初対面。天道の家でサバ味噌食べる加賀美。

2年前に消えた弟を見つける加賀美だが、念願の再会のわりに
あっさり用事のあるという弟と別れてしまうのは何故!
明日グランドで会う約束より、家に連れて帰れよ!
弟、まだどう見ても学生の年齢だし。

何はともあれ、この回は雨の中のクロックアップがすばらしい。
雨粒が戦いと共にプチプチ弾けます。
そして、なんだかこの回の天道総司の表情はあちこちですばらしい。
天道の顔を撮る側の「この顔サイコーでしょ」という声が聞こえてきます。
えぇ、しっかりと聞きましたよ!ってな位に顔サイコーポインツてんこもり。


【初めて出てきたあれこれ】
「擬態したワームは人間の記憶も引き継ぐ」

【今日の天道くん】
バイクを道に停め、気配を感じてビルの上を見上げ、
何かを感じながら視線を動かす様。
弟に擬態したワームは自分で倒すので手出しをするな、という加賀美に
「いいだろう」と言う表情。
加賀美をつける男を見送りながら、殴られて血が出た唇をなぞる様。
「弱さを知ってる人間だけが本当に強くなれるんだ」というその顔。
ワームを倒してカブトから天道に戻り静かにふりむく一瞬。
崩れ落ちる加賀美を見つめるずぶぬれの一瞬。

宝の持ち腐れ

2008.02.03.Sun
先週、えみちゃんの突撃訪問中に放送してたぴろくん出演バラエティ第一回。えみちゃんに過去のアレコレを見せながら必死にぴろくんを紹介してたら、肝心のその第一回が録画されていなかったという驚愕の日から1週間。「センセイって呼んでもいいですかぁ?」というぴろくんのすっとんきょうな発言だけは聞こえていたので、うっかり面白い番組だと期待して向かえた本日。

「近未来予測テレビ ジキル&ハイド」・・・面白くないです

よっぽど始まる前の週に夜中にやってた番宣3分番組の方がおもろかったよ!ぴろくんのアホ回答が輝いてたよ。無邪気な字にココロ躍ったよ!

それにくらべて、ずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっとVTRを見せられるこの本編はなんだ!!!!

ぴろくんと八田ちゃんにレポートやらせて、爆笑問題がいじればいいのに。それだけでいいのに。それか、途中で2人に問題出して予測させればいいじゃん。それだけでいいのに。

番組としてこのままじゃ、打ち切り覚悟って勢いじゃなかろうか。面白い番組に出来る素材を持ってるのにもったいない!プロデューサー、出て来い。説教する。(今日も上目線です)

仮面ライダーカブト -03-

2008.02.03.Sun
脚本:米村正二
監督:田村直己(テレビ朝日)


ワームの擬態をみた女の子に更に擬態するも、
その擬態元を殺しそこねたワームを追って戦う回。

ゼクトに協力すると言い、加賀美から渋谷隕石・ワームの事などを聞きだす天道くん。
しかし、あっさり「ワームを倒してんだから協力してる」として、
加賀美の期待を裏切る天道くん。あはは。


・加賀美にはじめてゼクトの銃が渡される
・留置所に潜入する岬
・道で弟らしき姿を見る加賀美
・ワームを見つけるために留置所から堂々と女を連れ出す天道
・遊園地で銃を撃ってしまう加賀美はどうなのか、と。
・情報源確保の為に、ゼクトをクビにならないよう、
 手柄を加賀美のものにするように告げる天道


【初めて出てきたあれこれ】
「ゼクト」⇒ワームを殲滅する為の秘密組織。
ワームになす術のなかった警視庁はゼクトと協力関係を結んだ。


【今日の天道くん】
留置所から女を連れ出すとき、岬に「貴方、なんなの」と言われ
振り向き「総てを司る男」と言うお顔。総ては彼の手の中です。本当に。

仮面ライダーカブト -02-

2008.02.02.Sat
脚本:米村正二
監督:石田秀範

加賀美ではなく別の人間がライダーになった事をゼクトが知る。
ゼクト本部の選んだ資格者を送りこむも、
途中でワームにやられ、その擬態ワームとの戦いの回。

ひよりの居るサルへ行き、まかないの「サバ味噌」をいきなり頼む天道くん。
加賀美にゼクトについて聞きにくる天道くん。
ゼクトが怪しい組織だと感じる天道くん。


《キャストオフ》
ちょっとカブトゼクターのツノを持ち上げる⇒全身の装甲が浮き上がる
⇒天道の「キャストオフ」の声と同時にツノを右へ全て倒す⇒
カブトゼクターの胴体が広がり赤く光ると同時に「キャストオフ」の音声⇒
装甲が弾けて、顔の前にカブトのツノが持ち上がり「チェンジビートル」の音声
と共に目とツノ中央の球(ネジにしか見えない)みたいのが光って完成。

《クロックアップ》
右か左(どっちでも可)の横にある四角部分をタッチ

《ライダーキック》
カブトゼクターの側面にあるボタンを順番に押すと「ワン、ツー、スリー」の音声⇒
カブトゼクターの胴体を左手で縮め右手でツノを左へ戻す⇒
天道の「ライダーキック」の声と同時にツノをもう一度右へ全て倒す。
その時カブトゼクターの胴体が再度開いて光る。⇒
「ライダーキック」の音声でびりびりびり~がカブトゼクターからカブトのツノへいき、
その後右足までいきわたったらキック

【初めて出てきたあれこれ】
「ひよりのイラスト」「カブトバイク」「ビストロ・ラ・サル」
「カブトクナイガン」

【今日の天道くん】
地下で擬態ワームに宣戦布告する時のアップ。
これでもかの寄りまくりアップ!超真正面からのアップの連続攻撃。
ワームよりこっちが倒れる。

今回もよろしいですね

2008.02.01.Fri
カツンさんの新曲、今回も良い感じですな。

先日別の番組で聞いた時は、音程があやうくてメロディを掴みかねましたが、今日のMステはリピートさせていただきました。やっぱ歌謡ロックだね、カツンは。似合うもの。爽やかさなんて皆無よ。それでこそカツンよ。

今回はマイクスタンドを作ってもらったのね。中丸くんはもちろんですが、赤西くんの指のキレイさも際立つ良きアイテム。ありがたや、ありがたや。田口くんのマイク部分の造形がうっかり顔にささらないか心配ですけど。赤西くんが途中、車のハンドルみたくスタンドを握ってたのが笑いましたけど。そんなことより、人一倍細っこいので、上田くんにはあと一枚、何か着せてもらえないと妙に寒そうでした。

そして「FIVE」が一緒だったのが、無償にココロ騒ぎました。中江川くんのストラップが途中ではずれたのも見逃してはいません。FIVE連れてツアーやってくれ。

仮面ライダーカブト -01-

2008.02.01.Fri
脚本:米村正二
監督:石田秀範

7年前の宇宙からの隕石が渋谷に落下した事から話はスタート!
天道総司をはじめ登場人物紹介の回。

いきなりベンツに続いてハマーが何台も走ってるざます。なんと贅沢な。
加賀美は戦ってるゼクトルーパーとワームを録画するという任務だが、
戦闘後、「死亡21」という報告が。そんな中で防弾チョッキだけで
録画任務をしてた加賀美って!ってか、ゼクトって!!!!

天道総司は豆腐を持ってゲタで登場。まだ声は高いですよ!
まだ垢抜けないお顔ですが、既にピッカピカのオトコマエ。
そのオトコマエは普段何をしてるのかといえば、
「学校に行くなり、働くなりしたらぁ?」と妹に言われるニートくん。
しかし、「準備の為」に体は鍛えております。
何の準備かといえば、天道本人も「よくわからない何か」。でも自信満々。

メモ
・ワームが出たというのは、何を持って本部へ知らされてるんでしょうか
・ゼクトルーパーには田所さんが指示を出している
・ゼクトのビデオカメラで加賀美が撮影(録画のみ)
・ベルトが本部から田所のところへ
・資格者は本部から送られてくる
・天道も同じベルトを持っている
・ワーム出現でベルトがお目覚め(ひよりが襲われたからか)
・加賀美はゼクト保有のベルトをするが、
 カブトゼクターに無視され、天道がカブトに変身する
・マスクドフォームのまま

【初めて出てきたあれこれ】
「ワーム」「ゼクトルーパー」「脱皮」「クロックアップ」
「マスクドライダーシステム」「ライダーベルト」「資格者」

【今日の天道くん】
道端のアクセサリー売りのお姉ちゃんに注意をし、
ひよりの後ろを通りすぎていく時の天道くん、サイコー。
黒ジャケ白シャツ黒スカーフを着る為にこいつは居る!!!
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。