スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙食を食べてみた

2006.09.27.Wed
昨日科学博物館で買ったスペースシャトルでも使われた宇宙食「おもち」を食べてみました。
他にもフリーズドライのものがあったが、実際にスペースシャトルで使われたのはこの「おもち」だったので選択。
0142.jpg


中身の確認
0143.jpg
フリーズドライされた餅6個、きなこ1袋、食べる用の楊枝(?)。
きなこは宇宙には持っていって無い、と売り場にあったような気がする。
まぁ、そりゃそうだわな。
おもちは硬いが、ちょっと力を入れるとパカッと割れて
干菓子みたいな感じ。

0144.jpg
入ってた容器の左側に水を入れ、そこにおもちを入れて待つ。
右側はきなこをまぶす用だそうで、きなこを入れて待機。

0145.jpg
5秒ほどすると、水を吸っておもちが柔らかくなる。
刺すと確かにおもち。

0146.jpg
きなこをまぶす。
この時点で完全に一口サイズのおもち。


食べた結果「賢い人ってすごいねぇ」

・本体そのものは十分に美味い
・「激しく美味い」とするにはきなこの力が必要なので
 自分で美味いきなこを用意したらイイと思うが、
 ワタシなどはこれで十分
・水を思いのほか吸いあげる
・「お湯は不可」だと注意書きに書いてあった
 しまった、やってみればよかった
・一口だいのもち6個なので、おやつ程度
・非常食としてイイと思うが、一食500円ほどするのが問題
・つっても、非常食でなくて宇宙食だからな
スポンサーサイト

腹いっぱい

2006.09.26.Tue
帰ってきたら、なあさんからブドウが届いたーーー。果物大好きで、何なら主食は果物でもイイと思うワタシには嬉しい限り。

写真を撮ろうと思ったら勝手に隣に座るネコさん。

0141.jpg

頼んでないのだが。と悪態をついたら邪悪な顔された。


早速食べはじめたら止まらない。美味い。腹いっぱい。どうしよう。でも食べたい。

雨の中をさまよう

2006.09.26.Tue
マンションが朝から夕方まで「断水」だというので、外をほっつき歩いてみました。

とりあえず…国立科学博物館に行ってみた。

今上野では「ベルギー王立美術館展」だの「ペルシャ文明展」だの「ダリ回顧展」だの華々しい事になってるワケですが、何かに導かれるように科学博物館。

何十年ぶりだよ!っていう勢いなワケですが、無駄にデカかった。明らかにスペースもてあまし気味の気がしますが、もしかしてそれは禁句なのでしょうか。国立ならではの余裕っぷり。まぁ、子供達(つっても中高生)が団体でどやどや見たりするには必要な空間なのか。

で、入ってみたら、地味ながら「さよならYS-11展」をやってましたよ!!来てよかった!

ワタシも決して詳しくはないのですが、YS-11というのは日本で最初に作られた国産旅客機でして、それが今月末で運航をやめるという節目を迎えるワケですよ。しみじみ。作る過程にあって風の流れを確認するために、機体に毛糸をずら~~~~ってくっつけて、その毛糸の流れを見て風の向きを確認したとか、そんなお話があったりでなかなか感動します。

同じフロアに日本の技術力を示す展示物もたくさんです。
0122.jpg

0123.jpg
零戦もあるよ。間近でじっくり。
0124.jpg
ロケットのエンジン
0125.jpg
日本で最初に飛んだのがこんなちっさい「エンピツロケット」
0126.jpg
有名な和時計。確かに美しい。

他にもコンピューターの移り変わりとか、衛星とか、んでそれ何?っていう難しいのとかいっぱいで2F展示フロアが一番楽しい。

そして次におもしろかったのが3F。
暗い展示室に入っていくと…どーん
0130.jpg
0127.jpg
0129.jpg
0128.jpg

動物達の大きさを体感するという事らしいが、ハンパない数の剥製達が全員がこっち向いてまーーーす。ぎゃー。うす暗い照明がまたむやみにヤツらの迫力を増倍させてます。外向きの円陣というのでしょうか、3重くらいの層になっていて、剥製を中心に通路がぐるっと取り囲むようになっているのですが、どこを歩いても、みんなこっちみてるよぉ~!ってな状態。凄すぎて笑えてくる。途中、床が透明になっていて剥製を上から眺める箇所があるのですが、下にある剥製がワリにちっさめで、あんま意味なくないような緩さとかもまた笑いを誘うという、何とも感動と笑いの空間と化しておりました。

国立科学博物館。地上3F、地下3F。歩き回るだけで結構な運動量かと。足、痛くなった。

足が痛くなったうえに、外は結構な雨だというのに、ついでに行ってしまった上野動物園

雨の動物園ってどうなんだ?と思ったが、幼稚園の団体さんは雨天決行なのね。子供達は雨合羽を着せられてペコペコ歩いてましたが、どうやら付き添わないといけないらしいお母さん達が「雨なら中止にして欲しい」と影で悪態ついてました。うひゃひゃ。がんばれお母さん。確かに勝手に来てるワタシでさえ、雨うっとおしいと思ってるワケですからね。

そんなうっとおしい雨の中、とりあえず見たいのだけ見てきました。

パンダ。
0131.jpg
見てたらいきなりウンコをし始める。
大量のおしっこも延々する。
0132.jpg
そのウンコの臭いを確認する。
うちのネコさんもやるが、これは動物の本能か。
出すものを出した後、水を飲み始めたのだが、これが長い!!
ひたすら動くパンダを見たい客から、
「いつまで飲むの!」と思わず突っ込みを受けるパンダ。
0133.jpg
確認が終わって歩いてみる。シャッターチャンス。
みんなで一斉に写真を撮る。

それに引き換え、となりのレッサーパンダ。
片方の檻では、寝たまま動かない2匹。
もう片方の檻では、動きまわって止まらない1匹。
0134.jpg

早いっ、はやいよ! なのでブレます。


ライオンとトラを見に行く途中に居た象さん。子供象がウキャーウキャーって鳴いてた。大人のあのパォ~ンみたいなヤツではない。へーへーへー。しかしそれよりも、降りしきる雨の中、肩を寄せ合って象をずっと見ていたギャル2名の姿もまた印象的でした。

んで、ライオン。
ガラスに好物を塗りつけておいて、
客の近くにライオンを呼ぶ方法をこちらも実践。

0135.jpg
近い。
子供がへばりついて見てる姿もまたほのぼの。

しかし、負けてなかったのが隣のトラ。
雨を避けてガラスのすぐ近くに居るのはイイのだが、そこで熟睡。
0137.jpg
近すぎて何がどうなってるのか。
客のおじさんに「ほれ、営業しろ!」と
ガラスをカツカツされるも起きる気配なし。
0136.jpg
近すぎて敷物みたいです。

反対側でこれまた雨を避けていたトラ。
0138.jpg
オトコマエ。

0139.jpg
と思ったら、あくびした。
もう、うちのネコさんにしか見えない。
やること全て「でっかいネコ」

ライオンはかわいいが、トラは美しいと思う。
パンダはおもろいが、レッサーパンダは美しいと思う。

とりあえず見たいもは見たので終了。
帰りにもう一回パンダを拝んでみたら、こんな事になってた。
0140.jpg
寝てるらしい。
階段の上の段につっぷしてる模様。
授業中に寝てる学生のようです。
リアルたれパンダ。脱力する。

そんな本日わかったこと。
平日の雨の動物園も結構来る人が居るという事。


さて、本日の収穫物。
科学博物館で買ったスペースシャトルでも使われた宇宙食「おもち」0142.jpg
明日にでも食べてみよう。

追悼

2006.09.20.Wed
機動戦士ガンダムのワッケイン司令の声の人が亡くなりました。と同時に、この方はパタリロのバンコランの声優さんだった事も知りました!!!

バンコラーーーーーン(涙) ←脳内で響いてる声はパタリロです

気がつけば移動しまくり

2006.09.16.Sat
ぴこちゃんから品川アクアスタジアムで「銀河鉄道9999」に乗ってきたよ!と言われ、それはぜひ乗りに行かねばと思ったアニヲタのワタシ。アトラクションにつきものの「何名様ですか?」「お一人様です」のハードルを越えようかどうか迷った挙句、アニヲタの中では一番仲がイイと思われる実兄を「999に乗らないか?」と誘い、兄妹で「銀河鉄道999」に乗りに行きました。

0109.jpg
0110.jpg
アトラクションに乗る前にいくつかの段階を経て、「さぁ、みんな急いで999に乗ってください」という車掌さんの合図で、いざアトラクションへ。設定上は999だが実際のところは軽いジェットコースター。「銀河鉄道999」というより「暴走列車」。そういった乗り物がキライな兄貴は予想外の展開に「宇宙空間では逆さまとかないからな!」と細かい負け惜しみ。このアトラクションの売りは、ジェットコースターではなくそれに乗るまでの小道具とか設定とかCGだったんだと、全てが終わってから確信。

ついでに「バーチャルライドシアター」も乗る。装置はいいのだがバーチャ用メイン映像が意外にチープ。しかし、それでもうっかり乗り物酔いになりそうになる手軽なワタシ達。

同じ建物内のイルカショーへ移動。当初は水族館まで見る事を面倒がっていた兄貴だが、相次ぐ揺れ揺れマシンの衝撃でスイッチが切り替わったらしく、開演30分前から席を陣取ってイルカショーを待つ事に。

0111.jpg
イルカショー、楽しい!
30分待った甲斐があります。狭さを活かし、すぐそこにイルカが。
イルカの数もトレーナーの数も多く、
同じプールのあちこちでジャンジャン見せてくれます。
MCもテンポがいい。
トレーニング風景も見せてくれたりと、サービスに徹しております。

「アシカショーも早く行かないと席がなくなる」いう兄貴の声で、こちらも開演30分前のアシカショー会場へ。イルカブースの1/5程度なので狭い、満杯、大盛況。
0112.jpg
写真では全く何をしてるのか伝わりませんが、
今まで見た他の水族館の「アシカショー」と比べて一番イイ!
技は一緒でも要は「見せ方」です。

0113.jpg
たくさん写真をとった本日のベストショット。
やたらとカッコイイポージングで立っている。
それも動かずに。フィギュアかと見まごう。

0114.jpg
水槽に小道具を入れて見せるシリーズ。
ト音記号とタツノオトシゴ。上手い!
他にうなぎと七輪とかもある。

ちなみに「マンボウ」も居たんだが、水底で腹を上にしてヒレをぴらぴらしながらその場で泳いでおり、うっかり病気かと思う勢いだったがどうやら遊んでいるらしい。そんなマンボウに子供達が群がっており、写真断念。

そして、気づけば恐ろしい程の人出。逃げ出すようにそこを後にする。

そこへ兄貴の「横浜へ行くぞ」との声。は?
ここから妙な展開になる。

既に足を洗ったと言いながらも、以前辻ヲタだった兄貴はこれが気になっていたらしい。本人達もいるというので行ってみる事に。品川⇒横浜タクシーにて移動。どんだけ行く気満々なんだ。

昼飯を食べていざ会場へ。

感想「なんだこれは」

入場料1800円。だだっぴろ会場の一番端っこのステージでなにやら緩い劇をしてるハロプロのみなさん。しかし何百メートルも手前で柵があり、顔は判別不能。どうやらがっついて整理券を貰う人だけ近寄れるシステム。
あとの人は、生のメンバーが同じ会場に居るにも関わらず、明らかにビジョンすら見えない角度で配置された場所でグッズを買う為に延々並んでいるか、やはりこれも会場のマ反対でしかもステージに背を向けるように設置されたビジョンの前で床に座り込んで映像を見るともなくワンフ同士で輪になって食事。遠足か?しかし、そこに活気とか騒がしさは一切ない。どんより。怖いもの見たさであちこち見学。
0115.jpg
♪でっかい地球~なんだが、
ぐるぐる回って海しか映らず。えへ
0116.jpg
亀井ちゃんの衣装。
さほど亀井ちゃんズキではないが一番まともな衣装だったので。
0117.jpg
名前は知らない。
ヒマそうだったので声をかけて手を振ってみる。
0118.jpg
あの番組には一切加担してないので、
初めて生見た中丸くんデザインの「24時間Tシャツ」。
ここで会うとは。

金だけはハンパなく取るがその実態はデパートの屋上営業かとみまごうイベントに驚愕し会場を後にする。

脳内がすっかり溶けた兄妹は、なぜか「東京まで変わった帰り方をしよう」というワケのわからない使命感にかられる事に。

イベント会場だったパシフィコ横浜の裏にある「ぷかり桟橋」で、東京まで水上コースを聞くも、「昔はあったけど今はもう無い」との返事。せっかくなので、「山下公園」へ水上バスで移動。
0119.jpg
途中、海上保安庁の巡視船しきしまが停泊中。すげーすげー。

「山下公園」から「横浜駅」まで横浜市営バスで移動。

横浜駅で東京都へ入れるバスを探す。羽田行きとお台場行きを発見。なんとなくお台場を選択。「横浜駅」から「お台場」まで京浜急行バスで移動。夕方5時過ぎに横浜からお台場へ行こうとするアホは他に居なかったようで、バスを貸切状態で夕暮れのベイブリッジを走行。見晴らしサイコー。

お台場でフジテレビショップへ立ち寄り、兄妹でサザエさん、チビまる子ちゃん、鬼太郎のタオルをむやみに買う。夕食をとろうととあるビルに入ったところ、車発見。走り寄るワタシ達。
0120.jpg
ご存知F1カー。
このマシンには全く思いいれはないのが
とりあえず見ておく。
0121.jpg
そしてかの名車GT2000。キレイざます。

お台場から日の出桟橋への水上バスは既に時間切れの為、最後のルートを「ゆりかもめ」か「バス」で迷っていたが、夕食後、すっかり疲れきり、混んでるのに乗るのはイヤだなとあっさり「お台場」から「家」へタクシーで移動し、銀河鉄道で始まった乗り物の旅はこれにて終了。


楽しかったが、途中、うっかり「横浜」⇒「東京ディズニーリゾート」のルートが2人の目に留まった時は一瞬お互いにかたまりました。片方がディズニー好きだったら危なかった…。

すっきり

2006.09.13.Wed
沢尻エリカちゃんを見るたび、亀井ちゃんより矢田亜希子より、もっとひっかかる「誰か」を感じていたんですが、この写真を見て確信しました。


0108.jpg

そうそう、あべ静江ですよ。

恥ずかしい話ですが

2006.09.12.Tue
パソ周りの整理をしていたら、先日のなあさんのお手伝いに関して電話で話をしてた時のメモが出てきました。

13:00~ はんにゃー

搬入という漢字をとっさに書いてない事も恥ずかしいですが、ひらがなでも尚かつ間違ってる自分にせつなさを感じます。

マイ☆ボス病なのかもな、と言っておこう。同じ枠で10月から始まるどう見ても面白くなさそうなドラマなど辞めて、マイ☆ボスをこのまま続行したらいいのに、ともついでに言っておこう。

ネコさん3連発

2006.09.11.Mon
自宅にて。
0103.jpg
自分より小さい「冷たい板」の上で涼をとるネコさん

実家にて。
0107.jpg
畳の上で思う存分転がるネコさん

自宅にて。
0106.jpg
長旅が終わり脱力のネコさん(※写真の向きはこれであってます)

イタリアGP

2006.09.11.Mon
予選放送もパソコンもない実家で、携帯から情報を得ていた昨晩。何やらまた予選でフェラーリ寄りな裁定が出たりで、フェラーリの地元でそのドライバーであるシューマッハが去就を発表する為のお膳立てにFIAが必死になってる空気をイヤでも感じてたワケですが、そのうえ、シューマッハとアロンソのポイント争いで、どちらがポールポジションを取るか!という騒ぎもあり、全てはシューマッハありきの中、「空気、読め!」と総突っ込みをうけそうな「ライコネンがポールポジション」の報。ワタシですら携帯を握り締めて苦笑したそんな予選からあけて本日。


びっくりする程あっさり1回めのピットストップでシューマッハにやられるライコネン。なんじゃそれ。
表彰台圏内に食いこんだところでエンジンブローリタイアのアロンソ。そんなんありか。

ってか、これなんていう魔術?


そんな魔術の後発表された「2007年、ライコネン、フェラーリ移籍」
とうとう来たこの瞬間…

どう見てもズルっこフェラーリをワタシはあまり好きでは無いし、マクラーレンのデザインとかデニスおじさんとかが好きなので、ライコネンが移籍したらどーしよー、と以前は思ってましたが、現段階では、ライコネンについていく所存。アロンソを選択した時点で応援する気が減ったのが正直なところですな。ライコネンがあの真っ赤なスーツにマシンが似合うとも思えないのだが、あのマクラーレンのマシンに乗るアロンソはどうにもこうにも。だからといって、フェラーリを応援しまうとも言えないから複雑な心境。うーむ。

とりあえずの心配は、長年シューマッハに慣れ親しんだフェラーリチームがライコネンのあのキャラを受け入れてくれるかが心配。ヘタに聖人ぶらないあのまんまのキャラで居られるよう、寛大な心で向かいいれて欲しいもんです。

これがイタリアン

2006.09.10.Sun
新潟名物といえば、魚沼産コシヒカリがダントツで地味ながらも笹ダンゴとか柿の種とか、実はブルボンって新潟なのよ、とか色々あるんですが、ワタシが日夜押し続けている新潟の名物は「イタリアン」と「ぽっぽ焼き

ぽっぽ焼きは基本的に屋台ものなので、そういった時期にそういった怪しいおじさんたちから買うしかない為、いつも帰ると食べるのはどうしてもイタリアンになります。

で、これがイタリアン(大盛)
0105.jpg

大盛りでも380円なり。やすっっっっ。さらに「期間内なら何度でも使えるクーポン券」なるものが「常に」発行されている緩さなので、定価などあって無きの如し。原材料とか考えたらそれでもいいのかもしれないが、都会で麻痺した金銭感覚には刺激的。庶民のお供、イタリアン。

っつか、休日の昼時に飛び込みで行くと「電話予約分」のイタリアンを延々作っており、必ず待たされる。どんだけみんなイタリアン好きか!

告白

2006.09.05.Tue
毎年毎年「中丸くんの時には力が入ってない」と突っ込まれながらも、ワタシなりにココロをこめて誕生日企画をしてたサイト時代。閉鎖後も、律儀に真夜中12:00にはブログをおめでとー更新してましたよ。それなのに…

今年は慣れないお手伝いにすっかり気をとられ、中丸くんの誕生日を忘れた挙句、思い出させてくれたのが、「今日は中丸くんの誕生日なので後で電話をして…」とワイドショーで流れたベストジーニスト☆亀梨くんのコメントでした。

まさか亀梨くんに教えてもらう日が来ようとは誰が想像したでしょう。


昨日はお誕生日おめでとう、中丸くん。こんなワタシですが、今でもワンフです。

言ったもん勝ちか

2006.09.04.Mon
寝むいのに、ついウタワラの再生ボタンを押してしまったら、田口くんと上田くんのソロだというので、見ました。

田口くんの腕の龍がフツーにお茶の間に流れてる不思議さに思わず苦笑していたら、次の上田くんの紹介が「KAT-TUNでもピカイチの歌唱力を誇る」というもので、苦笑どころではなく大爆笑。いつから歌が上手いキャラ設定に勝手に突入してたんだよ、上田くん。売り込み上手か?誤解され上手か?…それとも他に何も言うべき売りこみどころが見つからなかったのか…?そーゆー場合は亀梨くんが以前に言った「KAT-TUNのリーサル・ウェポン」を利用していただきたいなと思うんだな。

にわかグルメ

2006.09.03.Sun
なあさんのお手伝いも土日の大波をなんとか乗り越え、明日で終了。

そんな日々でワタシのココロを捕らえたのが、高島屋の8Fにある「甘味処 梅園」。ここの「マンゴーみつ豆」にぞっこんです。

呉服などを売ってる奥なので目立たないのですが、休憩時間にあまり遠出をする元気もなくふっと立ち寄り何気なく頼んだ「マンゴーみつ豆」。これが出てきてまず、その「器の大きさ」にびっくり。思わず1人なのに「わぉ」と声が出ました。一瞬、さして甘いものが好き!というワケでもないワタシが果たして食べられるのかと思いつつ食べ始めたのですが、マンゴーがシャベーット一歩手前のような状態になってるところへ、キュウイ・白玉が具合よく入っていて、めさ美味い!小腹の空いた疲れた身体はこれを待っていた模様。あっという間に食べました。美味い。

明日でお手伝いも終わりなので、最後にもう一回食べる予定。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。