スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めかぶ箱

2006.04.25.Tue
以前に書いた、はるおさんセットが届きました~♪

週末にさくっと帰省していた間に届いてしまい、やっと今日受け取りました~。ワタシにはトリトンフーヅさんの食料一式、ネコさんには「めかぶ箱」

さぁ、お入りなさい!!!

と言ったところで、素直に入るようなヤツではないのがうちのネコ。与えたものは軽く無視というルールにのっとって現在こんな状況。
0061.jpg

どう考えてもみっちり…いや、ケツがはみ出す。

どうしても入れてみたく、おやつでおびき出すもおやつを持って逃げ出す。
0062.jpg


強情な性格は誰に似たのか。ペットは飼い主に似るというのはウソのようだ。(本当なんだろう)

めかぶ箱の正しい使い方は、ご本家めかぶたんことはるおさんをご参照ください。
⇒ めかぶろく


ちなみにこれが「はるおさんセット」
0063.jpg

トリトンフーヅさん本当にありがとうございました。

こんなイカした名刺も入っていました。
0064.jpg

サイコーだ。
スポンサーサイト

サンマリノGP

2006.04.24.Mon
今、録画してたのを見終わったんですが…

ライコネン、走ってた?


ってなくらいな国際映像でして、えぇ。イモラのわりにシューマッハを映さないわねぇ、なんて思ってたんですが、気がつけばシューマッハとアロンソしか走ってなかったかのような結末で。内容的にも因縁的にもしょうがないレースだったので、誰も他の車を映す勇気なかったかと。しょうがないです。あそこで、シューマッハの後ろを走ってなかったのが全て悪いワケです。3位のモントーヤですら映ってないんですからこのレースにおいて、1位か2位に居なかったら問題外っちゅー話でした。

終了後のコメント読むと、車のセッティングが上手くいってなかったようですが、このマクラーレンの地味な低迷っぷりは歯がゆい。

偶然

2006.04.17.Mon
Hey×3で、ゲストのスガシカオさんにむけたKAT-TUNのVTRメッセージを見た。みんながやいやい言う中、何も言わない上田くんがいっちばん前面で立っているあたり、どんな場所取り合戦で勝ったのかという。勝ってその場を取ったら、それで満足か!っちゅー話で。スタッフ側の思惑とかはきっと全く無視してKAT-TUNルールのその配置だと思われるのですが、上田くんの後ろに隠れながらも一生懸命な亀梨くんと聖くんがこれまたおかしく。これでこそKAT-TUNですわな。

その時間までずっとテレ朝のTVのちからという番組を見ており、偶然フジに変えたらKAT-TUNのVTRをふる浜田さんのところだったワケですが、TVのちからより、己のちからに感動。

曲をくれ

2006.04.14.Fri
まだ光一さんは声優登場はしてませんが、見ましたよ。「獣王星

まーーー、当たり前っちゃー当たり前ですが、どんだけざくざくと話が進むのか! 本でカバーにあらすじが書いてあるけど、あれがそのまま動いてる感じ。本編があらすじ。あらららら。大雑把だな、おいっっ。


が、主題歌はいい。さすが堂本さん。アニメ主題歌なんつーのは全く気にしない、堂本ワールドですがな。いろんな事が脳裏をかけめぐり、全く画面を覚えていません。えぇ。踊る堂本さんの姿とか、この曲KAT-TUNにくれないかなぁとか、やっぱ堂本両氏にKAT-TUNへ1曲書いて貰いたいよなぁとか、とかとかとか。

早く、光ちゃん出ないかなぁって事で、アニヲタでなく、ジャニヲタとして楽しみとちょうど良いかと。

どうも運がなぁ

2006.04.14.Fri
ジャニーズJr.の中ででぶーまでこぎつける人をみつける目はあるようだが、食玩の山の中で当たりを引く確立がとても少ない。

ハロの祈願なんとかシリーズ
0058.jpg

どう見てもタヌキだろう。ハロって書いてあってもハロには見えない逸品を引き当てた。

ケロロのスタンプ
0059.jpg

アフロケロロ…スタンプにしても全く可愛げなし。なんなら、版が一番簡単ではないかと思われる絵ズラ。

ワタシの人生は大丈夫か不安な今日この頃です。ひぃ~
0060.jpg

って、これはカワイかったな。うん。まだまだ捨てたもんじゃない。(能天気)

まったくもって

2006.04.13.Thu
内容はまだまだ全く面白くない上田中丸ラジオですが、2人がケラケラ笑っているので、それでいいです。

そんなことより、ラジオ聞きながら見てた「堂本剛の正直しんどい」に、山本たかおプロデューサーが出た時に、ワタシも中川兄弟達と一緒にひれ伏したかった。山本氏の手によるKAT-TUNの番組をひとつよろしくお願いいたします。ディレクターでやってください。次なる野望はこれにしよう。

はるおさんセット

2006.04.12.Wed
こちら⇒「めかぶろぐ」のめかぶの箱にはいった部長「通称めか部長、本名はるおさん」を密かにうらやましく見ていたのですが、このたび、その箱の本拠地トリトンフーヅさんが、その名も「はるおさんセット」を限定販売!

もずくは近所に売っているのでちょくちょく食べてるのですが、本命の「めかぶ」を食べられる!!やほ~い。

そして、めか部長に毛の色合いは似てる我が家のネコさんもダンボール大好きなので、箱を心待ちにしているはず。まぁ…部長のような仰向けの入りっぷりは期待していませんが。

詳しくはトリトンフーヅさんのThanks & LINKSをご参照ください。


箱待ってるウチのネコさん
057.jpg

おたんじょうびー

2006.04.12.Wed
サワーさん、おめでとぉー
0056.jpg

末永くよろしゅーなのです。

夢のはなし

2006.04.12.Wed
かなりの割合で夜寝ると夢を見て、冒険あり、サスペンスありでなかなかオモシロいのですが、今日のはちょっとオモシロイのジャンルが違った。

何やら生活の中から格言のようなものを実感していく、というものだったんですが、一番印象に残ったのが

「シスターはトイレに住んでいる」

どうやら、トイレというのは人の出入りが頻繁なので、そこに誰が居ても不自然ではなくて、他の人は「たまたまたシスターとトイレで一緒になった」と思うだけでそこにずっと居るとは気づかないので隠れやすいな、という事らしい。なので、隠れるにはトイレはいいと。

それを夢の中で、「なるほどー」と思ってるワタシ。我ながらなんのこっちゃ。シスターはスパイなのか。スパイだからってトイレには住まないだろうよ。ワタシは隠れ家を探しているのか。そうなのか。何か深層心理で深刻なことになってるのか、ワタシ…。

で、この続きで、夢から覚めた時にTVが点いており、そのTVでこういう格言みたいな事を言う番組をやっていて、それで睡眠学習のような感じでワタシも夢の中で同時にそんな事をしてたんだ、という記憶もあるのだが、果たしてそれが現実か、そこまでも夢なのか全く区別がついていない。深層心理より、せめてここが本当かどうか知りたいです。

ジャニヲタの夜

2006.04.07.Fri
始まって早々に待ちきれず「で、田口くんはいつでんのよ」となあさんにメールを送ったら、「ワタシが知りたい」と軽くすっぱり言い返されてスタートした田口くんドラマ。その後、田口くんが出るや「でたー」「きたー」「たまら~ん」と他の田口ワンフも交えてメール交信開始、と思ったら、途中から他のJフレのメールも混在しはじめ、通常の返信ボタンを押しても代表にしか返信できない携帯なもので、もしかして?と思い「全員に返信ボタン」を押したら、Jフレのお名前が並んでて笑いました。複数人が人の話を聞いてるようで聞いてない「お母様~~」「ソープランドつった!」「濁音」「おかえりでご飯1杯」などアホ丸出しの中、央ちゃんの名前まであり、しっかり「ユー達、東京タワーに変えてみなよ」というメールが混じってみたりと大騒ぎ。

つか、いい大人が金曜の夜に家で必死にドラマを見すぎ。

必死過ぎて全員疲労し、各自ドラマに集中しメール交信もなくなってから1時間後、ドラマも「決心をして告白して振り返ったら相手が居ない」というベッタベタなオチを迎え、終わったと思った瞬間、聞こえてきた曲…

あはははは、そこでKAT-TUNかよ!!

事前予告みたいのとか提供告知の部分でうっすら「SHE SAID」が流れてて、ムリヤリ何でもKAT-TUNで引っ張りよるなぁと思ってたんですが、そんな事もいつしか忘れ気を緩めていたとこに、「REAL FACE」。いきなり現実を見せられたような不思議な感覚でした。

ラジオだべー

2006.04.06.Thu
田口田中コンビのラジオはオモシロかったようで、軽くプレッシャーを感じながら聞いた第一回の上田中丸ラジオでございました。

まぁ予想通り、進行を中丸くんが担って上田くんが適当に食いついていく、というのが基本だと思われるのですが、今日は紹介だとか募集とか案内ばっかなうえに、なんつっても軽くキンチョーしいの中丸くんはうわっつべりになる事があるので、こっちがドキドキもんですわな。気楽な上田くんの適当トークに中丸くんがのっかっていくと、途端に調子が出てくる瞬間があるので、中丸くんが慣れていけばフツーにおもしろくなるんじゃないかなーと思っておりますー。なので、心配してません。

最初は景気よく「伝説つくるよ」と言いながら、最終的に「地味じゃね、オレら」という方向性らしいので、それも安堵しております。2人でしみじみやるラジオ。いいなぁ。中丸くんが昔からラジオやりたいといい続けてきて夢が叶うと同時に、ロバ丸での仕事を願ってたワタシの夢も叶ったわけだーね。早くぶっ壊れて、自分達だけが楽しいだろう!っていうトークをかましてくれる日を楽しみにしてますよ。

ってか、中丸くんが台本通りに進めるのは容易に想像できたのですが、その緊張をみかねてか、上田くんまでもしっかり台本通りに事を進める様が非常に面白かったです。めっさ棒読みトーク。うきゃきゃきゃ。

にしても、20分そこそこの番組で、REAL FACEをフルで流さなくても…。ラジオってこんなもんだっけ?なんか、曲の途中でやんややんやとしゃべり始めるイメージだったんだが。久しぶりにMDの編集して、そっちの方がクタクタだよ。

マンガたち

2006.04.04.Tue
実家の兄貴の部屋にあるマンガ棚(痛っ)に「獣王星」の1巻~3巻があるはずなので、読んでみたらいいよ、とママに言っておいたら、今まで全くマンガ文化に立ち入らなかったのに、どうやら本当に探したそうで、ホントに光ちゃんのためなら、何でもやるなという感じですが、その意欲もむなしく、どうやら1巻しか見つからなかったそうだ。どこへ行った2巻と3巻!

そして、ワタシはといえば、獣王星の4巻と5巻を読みたくてマンガ喫茶に2件ほど行ったが、どちらもショボイ漫画喫茶で獣王星が置いてなかった…。新刊で2冊買った方が安かったよママン。結局まだ読んでません。

ちなみにワタシの本格的なマンガ開眼は、兄貴のマンガ棚によるものでした。エリア88からパタリロ、萩尾望都から高橋留美子、士郎正宗に森川久美などなど。。。何を基準にしているのかさっぱりわかりませんが、確実に全てがワタシにもオモシロかったのが怖いところです。そこにワタシが追加して築きあげていったマンガ棚。

そんなワタシ達が家宝のように大事にしてるのが「内田善美」のマンガの数々。これも兄貴所蔵。思い起こせば、当時兄貴は何をもってこういうマンガの情報を仕入れていたのかが不思議だ。半数は少女マンガだよ、お兄ちゃん!

そんな兄貴は先日我が家に遊びにきてたのですが、「あ、今日はガラスの仮面の最終回だ」と言って急いで帰っていきました。

スカパー

2006.04.03.Mon
我が部屋の方角が数十度衛星からズレており、泣く泣くスカパー断念したワタクシにとって、カツンのスカパーのCMほどツライもんはございません。

今年こそは引越しだ!スカパーの見れる部屋に引越しだ!と息巻いてたのもむなしく無職となった今、その悲しさはひとしお。

誰か衛星をちょっとズラしてきてはくれませんか。

オーストラリアGP

2006.04.02.Sun
ライコネンは2位。

うーーーーん、勝てない。確かに波乱のレースだったけど、ライコネンはいつもあまりそういったものに大きく左右されないので、純粋にレースとしてアロンソの前に出られなかったのが悔しい。まぁ、ごたごたした結果、いらない遅いマシンにひっかかるとか、マシン的には途中でフロントウイングを交換してたので何かあったようですけど、できる事は確実にやりきってはいたので余計に悔しいですな。

いや、しかし話題にはことかかなかったGPでした。地上派は数分遅れでの放送だったので、携帯速報で先に「クラッシュー」だの「ストップしてまーす」だの見てからTVでそこが放送されて、ちょっとおもしろかったんですが、そんな状況の中、最後のCMがあけたとたんに「中継」から「生中継」にスイッチされててびっくりよ。モ、モ、モントーヤが止まったつって今速報にあったのに、もうすぐレースが終わるとこまで飛んでるよぉーーつ!あわわ。

ざっと起きたことはこれ。
モントーヤがフォーメーションラップでスピン/エクストラ・フォーメーションラップでフィジケラがエンジンストップ/トゥルーリがクラッシュ/マッサがクラッシュ/ロズベルグがクラッシュ(この辺のごたごたでセーフティーカー)/クリエンがクラッシュ(セーフティーカー)/ウェバーがスローダウンでストップ/シューマッハがクラッシュ(せーフティーカー)/リウッツィがクラッシュ(セーフティーカー)/モントーヤがエンジンストップ/バトンがエンジンから火噴いてストップ/

ざっとこんなもんか?書き洩れとか間違いがあっても気づかないくらいにてんこもり。つか、このレースでいくらが塵となったのか。うほー。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。