スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐらちゃん

2005.10.30.Sun
昨晩のぐらちゃん番組を見ました。当初より「キャッチコピーを作ります」が台詞だった上田くんですが、なにげなーく別に隊長でもなくフツーに考える一員で、更に気が付けば今回はヒトコトも使ってもらえなかったよ。どうなんだ、その役割分担。まぁ、誰も彼の仕切りなど期待してないだろうがな。彼は茶々入れ担当ですから。まぁ、そんな事はいい。なんつっても、今回はひさしぶりに中丸くんがきゅーじょーしょー!!やっほぉ~い!

言うまでもなく本来ワタクシは上田中丸大プッシュな人でして、2人がKAT-TUNだからKAT-TUN好きだという大前提ありきなわけですが、なにしろ中丸くんが2歩も3歩も4歩も5歩も下がって誰よりもKAT-TUNの後ろに回ろうとするもんで、どうしても前に居る人に話がいってしまう自分が情けないと思っていたりもします。すみません。えぇ、本当に応援してますよ、中丸くん!

という事で、今回のぐらちゃん。あの何と言ううさんくさい服と着こなし!!なのに、あのへなへな笑顔にへなちょこ言動!!ぶら~ぼぉ~!じゃございませんか。なんて見事な1人コラボレーション!そんな言葉ないけども。いや、ホントに。あの溢れんばかりのオリジナリティはやっぱり特筆すべき事柄じゃないだろうかと思うのです。例えば今初めてワタシが中丸くんを見たとしても、おそらく「な、なんだ!あの人!だーーれーー!」と食いつく事間違いなし。速攻グーグル先生に「中丸雄一」と入力してる事かと。だって、全てがおかしいもの。

バレーボールの取材にきらめくシャツをまとい、その裾はきっちりパンツにイン!どないや、どないや、その格好。歌うのか、踊るのか。え?だけどやる事はスピードガンで速度計測ってますよ!軽々と持ち上げられて飛んでますよ!軽そうだなー、その体。更には話す時は全て手を前ですりすり。シャツの襟は立ってるけど体は妙に前のめり。絶対口から唾飛んでそうだし。アナタは通販番組の司会者か?百貨店でデモ販売してるお兄ちゃんか?中丸くーーん!あやしいーよーーー!楽しいよーーー!

とどめは、聖くんの怖ぇーんだわの声に「怖いよねぇ~ぅん~」というあのつぶやきでノックアウト。リベロの返すボールがソフトだソフトだと騒いでましたが、アンタの相槌が一番ソフトですって事で。
スポンサーサイト

かめなしくんのおべんとう

2005.10.29.Sat
どんなテンションで見ていいのか掴めないまま、それでも見続けている「かめなしくんのお弁当」。って、もう弁当一切出てこない今、果たしてこの呼び名でいいのでしょうか。まぁ、ワタシ達しか呼んでないけどもな。数年後これを読んだ時にこのドラマを思い出せるかどうかもわからない程にかけ離れた事になってます。

にしても、IWGPの窪塚くんが乗り移ってたような山下くんの役でしたが、こーいったバランスのドラマでは有効なキャラ作りなんだという事が回を追うごとに理解できてきたワタクシ。今となっては鼻にかかりまくった声でうっかり「だっちゃ」と言ってしまいそうでございます。あわあわ。一般的な評価としての演技が上手いとか下手とはワタシにはわかるものではありませんが、ドラマの山下さんにはいつもフツーにはいっていけるので、ワタシに対しては上手なんでしょうな。

で、かめなしさんは…ちょんまげサイコー。ってそこかよ!って話ですが、なんとなーく見るのを躊躇した時にワタシをひっぱったのは「でも、かめなしくんのちょんまげが見たいんだよなー」という事だったり。今日は赤いゴムちょんまげですよ。あはははは、か~わ~い~~~(←バカまるだし)

日テレ番宣

2005.10.29.Sat
央ちゃんから他の番宣録画依頼を受けたので知った夕方の番組。KAT-TUNと松潤さまがゲームをしとりました。番組が番組なのでさして期待もしないままに見たら、松潤さまとKAT-TUNでうきゃきゃしてて何やらちょっと楽しそうで良かった。歳はさしてかわらない…いや、同じ歳もいる松潤さまとKAT-TUNですが、すっかり先輩オーラも板についてきた松潤様と、でっかい図体でちょろちょろするKAT-TUNがうっとおしい感じでたまりません。

花よりズン様

2005.10.28.Fri
なあさんに「花より男子」は21日からと書いてもらっていたのに、すっかり忘れていた先週。っつか、央ちゃんからメールがこなかったのが悪い!と勝手に人のせいにしてみたり。央ちゃんに「ひどいよー!」と苦情を送ったら「第一話は送ります」という事でご機嫌も直り…って、ワタシはいつからそんなズン様ファン?

そんな騒ぎの中で見た第二話。わははは。楽しい。かめなしくんのお弁当(注:そんな題名ではない)もいじめなら、これもいじめかよ!いう気もするが、原作マンガを知ってるのもあるせいもあり、その空気感がつかめるので気にならず。ってか、楽しいなー。マンガのドラマ化。松潤様が「ありえねー」というカッコで出てくるだけでなんか満足。「つくしちゃん」もかわいいお顔で。かめなしくんのお弁当の「のぶたちゃん」もかわいいし。カワイイ男の子とカワイイ女の子が出てるものは大好きだよ。って、おっさんか、ワタシは。

ただひとつ、誰もが思ってしまうであろう問題が…えぇ、「何をしても矢口の男」ですよ。彼は舞台を見てからそのアゴなど実際全く無問題だという位に恐ろしいほどカッコイイ男として己ランキングに入ってたワケですが……それが今では……「何をしても矢口の男」という肩書きが。いや、肩書きと言わない。レッテル?称号?キャッチコピー?(全然違っている)。いずれにしてもそれが彼を見事に上回って一人歩き状態で、ドラマ見ててもそれを思い出してしまうんだよなー。せっかくのマンガの実現だというのに、ぽっかりそこだけ現実が。今まで、プライベートの関係性が分かったからといってドラマ見てて気になる人など居なかったんですが、彼だけはものっすごい引きずるのは…やっぱ相手が…なぁ。

亀さんとPさん

2005.10.28.Fri
KAT-TUNの活動でない場合のかめなしさんはちょくちょく見失うワタシですが、さすがにMステは見なくちゃですかね…と思ったら、楽しいものを拝見できました。えぇ、かめなしさんの見事な歌詞忘れ。あはははは。歌い始めて「生かいっ」と思った途端に、生ならではのアクシデンッッッッッ!忘れたその瞬間をカメラが捕らえていなかったのが悔やまれます。真っ白になった瞬間のかめなしさんの顔、見たかったよなー。次に映った時はもう「キュートなボク」になっちゃったもんなー。惜しい。

先だってのKinKiさんによる「3回うちひしがれたビロードの闇」には敵わない気がしますが、ここで、かめなしさんがぐだぐだになりながらもワケわかんない作詞しして歌いきってくれるようになった時、彼はひとまわり大人になるのかもしれません。って、そんな成長記録はとられたくないべな。わはは。

お引越ししてきました!

2005.10.16.Sun
ライブドアはもうこりごり~

0002.jpg


今は有料なうえに方法もめっさ面倒なんでやらないけど、無料で簡単になったらログも全部引越ししたいぞー。
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。