スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライコネン!

2011.11.08.Tue
以前、マクラーレンのキミ・ライコネンが大好きだったワタシは、F1をホントに楽しく見てました。
それが、ライコネンがフェラーリに移籍してから、見事にF1への興味が冷め、自分でも、どんだけマクラーレンとライコネンのセットが好きだったのか!と驚いたもんです。

その後、ライコネン自身もF1を離れたもんで、もうここ数年のF1の状況は結果すらわからない程全く無知なんですが、ここにきて、ライコネンがF1復帰の噂が…

ただ、交渉してるのがウィリアムズ。うーーん、最近どうなの?ウィリアムズって。それすら知らないので、喜んでいいのかどうかも解らないのですが。

ただ、もしホントに復帰したら必ず一回見る!そして走るのを見て、また雷に打たれたような衝撃を感じたい!

とはいえ、フェラーリとライコネンのセットが気に入らなかったワタシなので、ウィリアムズとライコネンがハマらないとアレなんだが。気難しい奴だな、ワタシ…。


とりあえずウィリアムズ…ちょいとここをとこの状況でも調べるか。
スポンサーサイト

マレーシアGP 優勝

2008.03.25.Tue
今年の開幕戦までこの本を読んでいました。

キミ・ライコネン…頂点へ―F1ドキュメントキミ・ライコネン…頂点へ―F1ドキュメント
グランプリスピード-F

東邦出版 2008-01
売り上げランキング : 2198
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

じわじわとワールドチャンピオンである事を噛み締め、そして、今年はぜひさくっ!っとワールドチャンピオンになって欲しいと願って迎えた先週の悪夢。

オーストラリアGPでいきなりのリタイア。軽く眩暈を覚えたまま、このまま今年は知らんふりでもしようかと思っていましたが、車さえ走ればやっぱり早かった。ライコネン、今年初優勝おめ!!!

赤いもんに囲まれた姿もやっと少し見慣れたよ。こうなったら、「赤い彗星」とか言い出してくれないかね、フェラーリ。ジオンのマークとライコネンのマーク、方向性も似てるし。日本ではいっきに人気もんだよ。まぁ、別にそんな人気は必要ないだろうがな。うん。まぁ、とにかく、止まらないエンジンを今年はたのんだよ、フェラーリの諸君。

今更ですが、去年のヘルメットより今年の方がマシンになじんでカッコイイね。良く見るとなんだか妙な模様が入ってますけどレース中は気にならないのでいいです。

結構うれしいんだ

2007.10.22.Mon
ライコネン ワールドチャンピオンの祝い
0226.jpg


思い返せば2003年からライコネンの走りを見続けはや5年。5年目の今年はすっかり手抜きをしたものの、気にならなかったワケはなく。手をグーにしながら泣き笑いしたこの数年。どんなに善戦したとしても、どんなに接戦だったとしても、ワールドチャンピオンにならなければ全くその歴史に名を残せないF1。やっとライコネンの名が刻まれた・・・感涙。

0227.jpg

にしてもさ、銀紙降り過ぎ。

やったよぉ・・・・

2007.10.22.Mon
ライコネン・・・・ワールドチャンピオン!!!!!!


今年取れなければ厳しいと思っていました。今年はもう厳しいと思ってました。

ホントにコイツ、諦めてなかったのね。いつでも笑っちゃう位にホンキだったけども、やっとやっとやっとワールドチャンピオンです。

フェラーリが未だにしっくりこないワタシですが、ライコネンがチャンピオンになれたのでもう思い残す事はございません。

おめでとぉーーーーーーーーーーーらいこーーーーーーー!!!!!

まぁそれでも・・・

2007.10.05.Fri
週末に富士スピードウェイでTOY○TAがやらかした事に比べたら、ぴろくん事務所はまだまだかわいいもんですよね。

F1という世界の娯楽を何だと思ってるのかと・・・という規模で考えれば、研おんのゆっるい対応なんて、ちっさいちっさい。うんうん。

陥没事故も、レースの見えない席も、時間に間に合わない人への払い戻しも、TOY○TAのご機嫌を損ねない程度に、いやむしろ美談位な勢いでしか伝えられてない日本って怖いわー。敵にしたら生命の危機も感じないといけない世界よ!それに比べたら、まだまだ。

つか、ライコネンのまたネジが1本飛んでしまったような最後の追い込みで笑ってたら、更にネジが10本くらい飛んでしまったようなマッサが走ってて、思わず大爆笑ではあったんだが、それすら笑えない惨事が観客を襲ってたと思うと、気の毒だ。
http://nomano.shiwaza.com/tnoma/blog/archives/006212.html


特に思い入れがあるワケでもない日本GPですが、こんな惨事で今年は終わったのは、やはり気分のいいもんではないんだよねー。悲しいかな、その辺は日本人だと感じるところである。

カナダGP

2007.06.11.Mon
とうとう見なかったよ!カナダGPを。一応結果は知ってるけども、なんかもう期待してなかったせいか、「あ、そう」程度。

勝たないからダメかってーと、実際問題いつもライコネンはバカ勝ちしてるワケじゃないし、上ったり下がったりで結局チャンピオンにまだなってない位の成績だし。だから別に勝てないからどうって事は無いんだ。泣きながら応援するのはもう慣れっこだった。でも、でぇもぉ・・・今年はなんかテンションが・・・ワタシのテンションがあがらない。

やはりフェラーリで走るライコネンに思いが入らないというのが正直なところだ。かといって、じゃぁやっぱマクラーレンを?というと、やっぱあのライコネンが操る走りっぷりでないとどうもガツンとこないようでマクラーレンのマシンを見てもピンと来ないのだよ。ハミルトンはすげぇと思うけど、心揺さぶられない。うーーーむ。


光一さんにフェラーリの良さを3日3晩語ってもらって洗脳されたら気合が入るかもしれない。どうでしょう。

モナコGP

2007.05.28.Mon
ダメだ・・・テンション下がりまくり。ライコネン8位。

それもただの8位じゃないぞ。予選でコケて16番スタートだぞ。なんだその予選!それを考えたら8位入賞はいいかも。。。とか、そんなこたぁワタシは言わない。そんなしょぼいライコネンを見たいワケじゃないんだよぉぉぉぉ

フェラーリに気持ち入りこめずに居るワタシのこのテンションがダメなんだろうか。もっと全身全霊をこめて応援しないとダメなんだろうか。しかし、こんなんじゃ余計にフェラーリにも気持ち入らないしさぁ。そうこう言ってる間にライコネンへの思い入れまでテンション下がるしさぁ。うーーーーーん、いかんね。

何をしようか。厄払い?  だから、ライコネンは厄年じゃないって。

スペインGP

2007.05.14.Mon
ライコネン、リタイア・・・・




電気系トラブルだそうで。そうですか。ライコネンが思うように結果を残せない事と同時に、好きになれないチームメイトが無駄にはしゃぐから余計にてんそん落ちまくりです。何か!何かが違う!!!ライコネン!!!えっと・・・厄年?いやいや、昭和54年は今年は厄年でないよね。いやいや、その前にライコネンに厄年関係ないし。フィンランド人だし。

次はモナコだけど、モナコは勝って欲しいなぁ。去年みたいにふてくれされたままクルーザーに直帰するのもオモシロイけど、毎年はイヤだ。ホントに。頼みます。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。