スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボンジュールって

2015.07.04.Sat
以前にネットで配信していた5分アニメの「Bonjour 恋するパティスリー」ってアニメがありまして、
いわゆる女子主人公に男子いっぱいのハーレムアニメだったので、もちろん5分といえども見続けられず断念したんですが、
そのアニメのイベントがあったので行ってきたー。本編見てないのにダイジョブ?と思ったけど、登場メンバー考えたらたぶんそんな事は些細な事のような気がしたのでね。

柿原徹也さん、木村良平さん、緑川光さん、小西克幸さん、羽田野渉さん、榎本温子さん、秦佐和子さん

昼の部だけ見てきましたが、いやぁ笑った。腹よじれたわ。

スポンサーサイト

終わってしまったよぉ

2015.03.28.Sat
Gのレコンギスタ

本当に楽しかった。

一瞬たりとも見逃すワケにいかない濃密な時間が積み重なった半年でした。

宇宙世紀という宝箱を作り出してくれた富野御大が、新たにリギルドセンチュリーという世界を広げてくれました。
世界の創造主として天才だと思う、本当に。

あまりに思う所が多過ぎで言葉にならない最終回を迎えたのは本当に久しぶりで、この喪失感はどうしたらいいのだろう。


イデオン復活上映会

2015.02.28.Sat
ガンダムTHE ORIGIN の劇場上映が始まった本日、ワタシはそこに行ってるであろうと予測されていたかと思いますが、行っていません。

ふふふふふふ。こちらに行っていましたよ。「イデオン復活上映会」
0726.jpg
接触編 休憩約15分 発動編 という、修行のような時間を過ごしてまいりました。

映像としてはもう何十回と見てますが、劇場で見るのは何十年ぶり。
TVの超ダイジェストなので、TV版を通して見るより重さのダメージは少ないとは思っていますが、それでもやっぱり一気に大画面で見るとぐったりですねーーーー。

やっぱり引き込まれ具合が尋常じゃないのよね、イデオンの空気って。
そして、オブラートに包まないセリフが押し寄せてくるので、そのまま頭に叩き込まれるという。

ガンダム劇場版3部作も大概ダイジェストで、何も知らない人がそれを先に見たとしても、もっと詳細な話を知りたかったらTVを見たらいいよって言える所があって、両者うまく噛み合ってる気がするんだけど、イデオンに関しては、この「接触編」「発動編」は超超ダイジェストなのでもっとちゃんとTV版をお勧めしたいのだが、気軽にTV版をお勧めできない程にぐったりする濃さだし、そもそももっと話を詳しく知りたいと思える気力がこの2作を見た人に残っているかという問題もある。

何度見ても疲れるけど、何度見てもどっぷり引き込まれる恐ろしいアニメがイデオン。



Gのレコンギスタ みんな見てるー?

2015.01.31.Sat
最初に先行上映会で見てからずっとGレコが面白くてしょうがないワケだが、当初友達に「わからない」と言われて、先日この子はきっと楽しく見てるよねって思ってた人から「いつ面白くなるの?」と問われ(見てはくれてた)、なんですとぉーーーー!?と他の人にも聞いたら、みんな見てない事が判明。

がーーーーーーーん!!!!(昭和の擬音)
全話漏れなくオモシロくて何度も見返してるのはどうやらこの付近ではワタシだけの模様。

オモシロイオモシロクナイなんてもう超絶個人差なので、見てよ!とかオモシロイでしょ!!って言う話じゃないんだけど、
見てないって人が居るなら見て欲しいよぉ。少しでもオモシロイと思う人が増えたらいいなぁ、とは思うのよ。

楽しいので、天才クリムくんのジャハナムまで作っちゃったよ。
0722.jpg
Gレコはなんというか、変態っぽいMSが多い中で、グフっぽくてジオンの系譜が感じらるせいか一目で気に入りましたよ。量産型はツノが無いんだけど、天才クリムくんの専用機はツノつき。かっこいい。

年末年始にローゼンズール(ep7Ver.)2機めを作ってたんですが、一緒に戦いに出ていただいた。
0723.jpg

アンジェロくんとクリムくんが共同戦線をはれるとは思えないけどなーーーーー。



もしかするかもな

2015.01.11.Sun
今期スタートアニメ。

継続組や、有名タイトルは置いておくとして、
もしかして「夜のヤッターマン」がノーマークの中で抜群に面白かったのではなかろうか。


ま、ヤッターマンは有名タイトルですけどもね。
その有名タイトルを内包しながらの新展開としても、
新しい物語としても楽しみになる1話だった。





Gのレコンギスタ スペシャル上映イベント

2014.12.29.Mon
さぁ、世の中的にどーなってるのかわかりませんが、ワタシはとっても楽しんでいる「Gのレコンギスタ」。

14話の放送終了してここで折り返しという事で、年明けに放送予定の15話を含む上映イベントが28日に行われ、行ってまいりました。
18日深夜0:00の発売開始ではもちろん手に入らなかったのに、完売表示から1時間以上を経過しながらしつこくリロードしてたらフッと座席選択画面が!空席が数個!!!!ひぃ~~。眠気吹っ飛ぶとはあの事で。 ざっつミラクル。

2回あるうち、手に入ったのは2回目のチケット。
「終了予定時刻23:00」  …… おい、まだワタシは翌日も仕事ーーーーーー!!!!
もちろん、行ってきたけど。そして、今日ちゃんと仕事してきたし。


登壇者
富野由悠季総監督・石井マークさん(ベルリ)・嶋村 侑さん(アイーダ)・佐藤拓也さん(マスク)・逢坂良太さん(クリム)
司会:小形プロデューサー(これで今年最もたくさん見た人になったよ)

ネタバレ寸前のところもあったり、富野さんの話に小形Pが「それ聞いてません!」という場面があったり、今日の発言でこの先の話を変えるとか御大が言い出したりで、話がいったりきたりのわちゃわちゃしトークセッション。
途中で、マスコミ用の写真撮影もあり、そこでは入場者プレゼントで配られた「マスクのマスク」をワタシ達もみんなでつけてのフォトセッション。なんか、EDで手をあげてるマスクと同じように、ワタシ達も右手を掲げてみたり。
どこかの記事に客席が写ってる事でしょう。うっかりワタシも写ってるでしょう。マスクで顔わからないのでOKです。

0721.jpg

上映は結局何話見たんだ。セレクト4話&先行1話だったのかな。

来年放送の15話。「飛べ!トワサンガへ」
いよいよ、トワサンガが出てきましたよーーーー。新しいコロニーの形だった!かっこよかった!
もともと各勢力が一枚岩じゃないもんで、思惑がいろいろあるところにもってきて、トワサンガの勢力もこれまた少なくとも2派閥に分断されてるようで、もうーーーーーーーーー楽しい。
誰かどこでどう落ち着いて最後を迎えるのかわからんぞ、これって感じですよ。
宇宙戦もたくさんあったし。

毎回動きがあって、ワタシはやっぱりこの流れがすごいしっくりくるんだなー。
富野さんが、「今までにない駆け足で進んむやり方」って言ってたけど、おかげで毎度ワクワクで終わる楽しさ。
最初に見た時「なんて絵とセリフに無駄が無いアニメだ!」って思ったけど、そのまま今に至る凄さ。
昔みたいに1年間やって欲しいのはもちろんだけど、この勢いで1年やったら確実に御大にとどめ刺しちゃうだろうから、2クールでぎゅーーっと見せていただこう。





ヲタの優しい夜

2014.12.26.Fri
夏アニメで少年ハリウッドというのがありまして、柿原さんが声で出てたのでよいこのワタシは見てました。

バラバラだったメンバーが少しづつ距離を縮めてやっとアイドルグループとしてまとまってきた!
さぁ、クリスマスライブ!ってとこで終わったわけですな。アニメは。
いくぜ!おー!的なキラキラ爽やかな最終回。

あれから数ヶ月。
リアルクリスマスイブに、その少年ハリウッドがニコ生でライブをやります!と。

どうやらこの日の為に中の人たちはライブをしてる用音源をとったらしい。
柿原さんももちろん歌ってるワケだ。ふむ、それはちょっと見てみよーかね。ワタシいいワンフ。

と、ライブについてのアナウンスを読んでたら、"音源のみで、アニメはありません"…ほほーーー。
どんな事になるんだ?ラジオみたいなもんか?


そして、迎えたクリスマスイブ。

ニコ生画面にはポスター的な画像が出てるだけで、マネージャーのコンサートにおける注意事項を皮切りに、
音だけで本当にコンサートが始まったーーー♪♪


…ってか、密録かよ、的な。



しかし!!!そんなちょっと冷めたワタシの心を暖めたのは、ヲタのコメントですよ。

"きゃー手を振ってくれたー""衣装、似合ってるよ!!""みんなの振り合ってる" etc.......

ちょっとみんなの妄想すげーーーよ!
コメント見てる限り、完全にみんなコンサート見てる勢い。
いや、もしかしてタイムシフトで見てるからアニメ見えて無いだけで本当は流れてた?
と、思わずにはいられない勢い。みんな、すごい。

それでも正直、途中まで、ヲタすげぇってのを、半々の意味で思って眺めたんですよ。ええ。すみません。
でもね、でもね!
"今、ウィンクしたよね☆"っての見た時には、ワタシは陥落しましたね。
全面的に称賛のすげぇ!に移行。


そんなこんなの優しい空気に包まれ、約1時間のクリスマスライブは大成功のうちに終わったのでした☆←本当だって


0720.jpg






メモ

2014.12.18.Thu
今でもちょいちょいいろんな意味で話題に引き出されるアニメ「ギルティクラウン」。
あのビミョウな作品の的確なキャッチコピーが2ちゃんに書かれてて、すっきりしたのでメモ。

"面白いか面白くないかで言えば面白いけどクソかクソじゃないかで言えばクソ "

そーなのよ、そーなのねー。
なんでかキライじゃないのよ、ギルクラ。


 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。