スポンサーサイト

--.--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.5次元再び

2015.03.20.Fri
ふと、あ、誕生日じゃん?とか天からいきなり降ってきて、久しぶりにブログなんぞを見たワケですよ。
えぇ、2.5次元俳優が生きる道だと思ってやまない井上正大くん。お誕生日おめでとう。

って、そしたら4月からの「牙狼〈GARO〉-GOLD STORM- 翔」ってのに、出るそうーじゃありませんか!!!

素晴らしい2.5次元仕事!!!!

以前に仮面ライダーに走っていた頃、「牙狼もオモシロイのでぜひ!」とメールを頂いて事がありました。
その時は何度か見たのですが、ライダーに比べてなんてマジメな特撮なんでしょう!と思い、…いや、ライダーがふざけてるとかでなく、どっかやっぱり仮面ライダーって日曜朝の小さいお友達もちゃんと意識してるけど、牙狼は完全に大きなお友達向けでして…ま、そんな事を思って、脳内が小さいお友達なワタシは数回で脱落したのですよ。

しかし、このマジメな特撮にまーくんが出るっていうなら見る価値ありそうじゃありませんか!

だって、制作発表もかねた劇場版の舞台挨拶の写真を見たんですけど、これよ!これ!ってビジュアルで。
一般市民とか、そーゆー役とかやらなくていいのよ!!!井上まーくんはこれなのよ!!

というワケで、
牙狼4月放送開始! 楽しみだぞーーーー!




スポンサーサイト

通りすがった

2013.09.29.Sun
仮面ライダーウィザードは最初数回と途中に数回しか見てないので、全体の話しがわかりませんけど、ディケイドが通りすがると聞きまして、先週と今日は見ました。ディケイドが出るという事は平成仮面ライダーが出るとは思ってましたけど、ホントに出ましたな。

映画かよ(笑)

この調子で事あるごとにディケイド出しては仮面ライダー召集して、徐々に仮面ライダーが増えていく総力戦とかが恒例になっったら楽しいんですけど、中の人はたいへんだよね。頭数足りねぇとかにならないでしょうか。合成すればいいか、そうか。

にしても、このウィザード最終回で、おもいきりキメセリフ吐いたのがディケイドでいいですか。
いいのなら、いいんですけどもーーーー。ウィザードファンのみなさん、びっくりしますよね。




で、ディケイドのまーくんですが。

その後いろいろドラマやら舞台や映画で経験を積んでいるせいでしょうか・・・あの「棒」セリフがとうんでもないレベルでは無くなると同時に、ビミョウな小芝居が加わってて・・・おもしろい。

あのディケイドでの「迫力ある棒セリフ」は、やっぱり味わい深かったんだなぁ、と今ならわかる。確かに他の仕事では致命的ではあるんでね、変化してるのはいい事なんですけど。うむ。複雑。


井上まーくんには、そのちょっとおかしなセリフまわしと、ちょっと一般人でない空気感を生かしてディケイドに続くハマリ役が欲しいなーーー。2.5次元。そこが彼の居場所だと思うの。








久しぶりのまーくん

2011.10.15.Sat
久しぶりに井上まーくんを見てきたーーーーー。やっほ~い。

いやぁ、俳優さんのワンフって何していいんだかさっぱりわからん・・・とかですっかりご無沙汰だった井上まーくん。
「まずはフツーに出演作品を見るもんじゃね?」って話しですが、これがなかなかどうして・・・・出来ない!!

TVドラマにそこそこ出てはいましたが、どうにもワタシが見るようなドラマじゃないし。
それに、なんといっても、まーくんの演技は、正直理解しずらいし。←ワンフのセリフじゃない

しかし、ある日アニメイトで、妙な軍服風衣装のまーくんの立て看板がドン!とあり、これなんだべーーと思っていたらば
どうやら映画らしいと。マンガ原作らしいと。

常々、井上まーくんの使い道としては、「ごく普通の人」ではなく、「どっか非日常の人」が良いのではないかと思っておりますワタシとしては、条件的にはなかなかじゃね?という事で、ふむふむかちゃかちゃ、と検索してたら、「舞台挨拶決定」の報が。

なので、ワタシも舞台挨拶に行ってきたー・・・・川崎まで。
だって、池袋は売り切れだっていうからぁ・・・えぐえぐ。

朝9:30に川崎とか。  仕事行く勢い。

果たして、生まーくんは何ヶ月ぶり?つか、何年ぶり?この前のトレカ発売握手会も行ってないしね。
なもんで、ちょいどきどきしてお迎えした生まーくん。

お変わりなく!!!!安堵。
まぁ、まだまだ劣化するような歳じゃないんですけどね。

まずは何より、ファッションが相変わらず井上まーくんらしい。これって事務所お抱えスタイリストさんとかなんですかねぇ。せっかくスタイルが良いので、どんどんいろんな服を着せてあげました、っていう心意気をいつも受けるんですけど。勝手に。
今日は一応、ちょい落ち着いた色合いでまとめてましたけど、ひざ丈の半ズボン。
ブーツまでまっすぐ伸びた素足がふぁびらすマックスです。
相変わらず、人の話を聞いてる時の表情とかたたずまいが、一切きゃいきゃいした感じのない独特の空気で、
隣に居る主演の荒井くんが、「これぞジュノンボーイ」っつーふんわり雰囲気なので、その対比がまた余計におかしい。
そして、やっぱり白目がキラキラも変わらず。

肝心の映画本編ですが、もっとワタクシはポスターなどにもなってる軍服風衣装を着て活躍する男子達!というのを期待してたんですけど、ちょい違った。メインは「友情」っすな。友情を超えた友情がメインテーマのような。ま、それはそれとして。

ほんのちょっとではありましたけど、井上まーくんの長い足が大活躍!のシーンがありまして。
派手な立ち回りじゃないけど、派手っすなーーー、みたいな。
あとは、はん?みたくあごあげつつ、人を見下すような一瞬とか。
井上まーくんの使い道はこーゆーのだと思うの。
仮面ライダーディケイドって、本当にまーくんの使い道としては抜群だったような気がします。

ちなみに、まーくん以外にも、メサイアには、
Wのアクセル、フォーゼの変身しない子のほう、キバの名護さんやら、龍騎の松田さんもご出演。
なんだかすっかりヒーロータイムな映画です。


今更ですが

2010.11.17.Wed
先日の、井上正広くんカレンダー発売記念握手会。

ワタシは風邪により行っておりません…あ~あ~


数日前より弱っていたワケでして、ヤバいな~と思いつつ、当日も症状としてはとんでもない事にはなってなかったのですがーーーー

人ごみ行ったら確実にボーダーライン超える気がして止めました。

いや、人ごみより、まーくんのワケわかんないパワーを浴びたら、そのまま知恵熱状態になりそうな気もしたし。ホントに。


まーくんにはこれからも頑張って頂いて、ワタシが這ってでも行きたくなるべく成長を見せて欲しいと願う次第。さりげなく完全に上から目線の応援ですみません。

さてさて

2010.11.10.Wed
ニノミヤくんが主演だしってんで、まーくん出演のドラマは毎回見てんですが。

精神的にへこたれそうになるストーリーなので、危うく脱落しそうです。


またまーくんの演技がビミョーだし。あぅあぅ。


まーくんは見たからに独特な表情だったりするので、やはりちょっと変わった役でないと違和感あるのかな。

コツコツいろんな現場で揉まれつつも、ハマり役が巡ってきたらいいなぁと思うのね。


そんなまーくんのカレンダー発売記念握手会なるものが、13日にあります。


まだ整理券貰いに行ってないんですが、果たしてワタシは行くのか?行かないのか?


あのちょっとフツーでない迫力を見るには気合いが必要なんだな。

井上正大21歳

2010.05.08.Sat
既に「2、3000円の写真集の複数買いをしたらツーショットチェキ」という世の中に定着したあこぎ商法には慣れてはいましたが、さすがに「1箱5,250円を3箱でツーショットチェキ」・・・・・高っっっっっっっっっっっ

いくらなんでもどーなんだ、と思いまして、必死に耐えて握手だけにしました。大人っす。だいぶ大人になりました。おかげさまで。

そんな高額井上正大様。


握手が両手になってたよーーーーー。両手ががっつり握られるので結構痛いよーーー(喜んでますから)。前かがみで「何?お話聞くよ!」な体勢のまーくんの顔が近いよーーーーーーーーーーーーー。うっかりチューしたくなる距離ですけど、オトコマエ過ぎて顔が小さ過ぎて逆にそのオーラにこっちが引くという、考えつくされた距離ともいう。そして恐ろしいほどの眼力でじーーーーってこっち見てるよーーー えーーんえーーーん

どんくらい話せるのかわからないので、とりあえずミッション(←友達との約束)の「もみあげの疑問」を振ったら、まーくんがなかなか反応よく答えてくれ・・・・むしろこっちが答えに困る勢いで話してくれ・・・・おかげであえなくそこで係員の人に肩をそっと叩かれるワタシ。「もうそろそろ引け」の合図。あぁ~~~~~~~もみあげの事しか話してないですよ~~~~~~

一応引かねばと思いつつも、「あ、あの・・・」と切り出すと、そのままワタシの手をがっつり握ってるまーくん。もうそれは「聞くよ」の合図ですよねーーーーー ♪ブレーキランプ5回点滅ア・イ・シ・テ・ル のサイン(ドリカム。それもふるい)・・・ってな事で、断末魔のように出てきた言葉が「男の子の友達も応援してますから!」。自分でも「え?それ?」って思いました。

本当はその友達の男子から「これからもおもしろい役をやってね。応援してる」的なメッセージを預かってたワケですよ。ワタシも「大丈夫って言ってほしい」という野望も持っていたワケですよ。そんでもって「まーくんも大丈夫」って伝えたかったワケですよ。

それが、もみあげ話メイン。締めが友達の紹介。この握手会でワタシのあふれるまーくんへの思いは全く触れらず。あはは~ あぅあぅ


ただ、そんなこたぁどーーーーーーでもイイんす。

まーくん、相変わらず超絶オトコマエだったから。

顔がどんどん引き締まっていくお年頃もあるでしょうけど、お仕事をしてきて、なんかふんわり華やか~~~から、線のしっかりした華やかになっていってるような。

ってか、21歳とは思えない妙なダンディーっぷりは毎度驚かされます。なんというか・・・・やっぱり高そう。いや、握手の値段とかチェキの値段とかでなく、まーくん本人が高そう。ホントに。


かっこいいーーーーーーーーかっこいいーーーーーーーかっこいいーーーーー



でも、しゃべるとちょっと不思議。すんごいオトコマエな対応なのに、ジャケットの胸には大きい「M」(まさひろのM)が付いてる辺りのナイスコーディネート。スタッフさん含めてステキすぎる。





と、ここで気づいた・・・・・


バイバイ って手を振ってもらうの忘れたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーぎゃーーーーーー。手を大きく開いてバイバイするまーくんが好きなのにーーーーーーーあーーーーんあーーーーん


でも、オトコマエだったからいいんだもん。


5,250円のトレカBOX。
0414.jpg
どうしていいのかわかりません。

今出川ハイジ

2010.05.07.Fri
触れていませんでしたが、まーくんの出ている「プロゴルファー花」は、結構毎度楽しく見ております。狙いどころと配役がちょーーーーどイイんではないかと!ハマらなかったらあまりにもしょーもなーーー!なセリフがとても生きておりますよ。取り立て屋の二人とかすんごい好きだ。

そんな中で、あくまで真面目に王子様演じるまーくんですが、「まっすぐ過ぎてむしろズレてておかしい」というのが狙いどころかと思うんですが、まーくんって素でそーゆーとこあるような気がするので、非常に楽しみな役どころ。

なんて、思ってたら、いきなり「ハイジ」ですよ。

まさかのコスプレ。いやそんなかわいいもんじゃないが。ここにきて、そーくるか!なアルプスの少女ハイジ。声出して笑ったわよ。衣装さん、どこから持ってきたのか。あのでっかい少年にあうハイジ衣装。縫ったか!?

そんな今日のまーくんのブログのタイトルが「ハイジです」。”突っ込まれる前に上げた”というハイジ写真も付いてるあたりが好きだよ、まーくん!



という事で、ハイジ記念に、明日はトレカイベの握手会に参加してきます。


そんでもって、プロゴルファー花は、もっと評価されるべき。

ゼブラーマーン!

2010.05.01.Sat
舞台挨拶付鑑賞券を先行予約した時点で、まーくんの名前はどちらも無かったので「近いし」という理由で新宿を選んでいたワタシ。

なので、今日はまーくんの居ない舞台挨拶付ゼブラーマンを見てきました!!!!あはははははは。朝っぱらからどんなテンションで見たらいいんだ・・・という話よ。

まーくんブログで既に来ないのは判ってはいたので、軽くローテンションの昨晩。しかし、偶然にも「東映チャンネル」で前作のゼブラーマンを見て、とははははと笑っていた昨晩。しかし、そこはそれ。まーくん居ないと思うと気合が違うので、すっかり夜更かしをしてしまい、睡眠時間3時間で望んだ本日のゼブラーマン。

哀川翔さん、三池監督、里依紗ちゃんの舞台挨拶を朝の9:15から見る客層って・・・謎。三池ファンなの?翔さんにあこがれてるの?里依紗ちゃん好きなの?掴めない。好き好んで朝っぱらから来てるくせに、軽くまったりしてるし。ワタシも。

しかーーーし。哀川さん面白いし。三池さんいい人そーだし。里依紗ちゃんとんでもなくかわいいし。まーくん居ないので里依紗ちゃんをガン見っすよ。ハチワンダーバーを誰でもなく里依紗ちゃんが良くて見てた軽いワンフですし。おかげでちょっとわくわくな気分で見る事が出来ました。

ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲

あーーーー、三池さんと宮藤官九郎だなーーーーーーーーーーーー な映画です。ワタシはキライじゃないです。好きかと問われると非常に難しいとこですけども!!!でも、睡眠時間3時間のワタシが寝ることなく、おぉーーーーっという気分で見終わりましたし。1時間50分弱。十分面白いって事かと。

Vシネの妙な迫力と宮藤さんの味付けとそれに丁度いい配役と。「お金回収しなくちゃ」とか「これでヒットさせないと」的なところとはちょっとハズれた、大人の壮大な娯楽的なところが安心して楽しめるというか。いや、十分お金を回収しないとタイヘンそーな事になってますが。みんな、見に行ってね!と言いたい。

が、万人受けジャンルじゃないからね。あははは。特撮だしグロいとこあるし。でも、楽しいよ。


あとは、前作を見て無くても問題ないですが、偶然見れてから行ったワタシとしては、前作見てから見た方が良いかな、と。


んで、んで、んで、生では拝めなかったまーくんですが、映画の中のまーくん!良かったよ!!! 三池さん、ありがとう!

ちょいとしたハズすせりふ回しとかがちょこちょこ出てくる映画ですけど、あの真顔とあのトーンの声とがなんかそーいった場面ですんなりハマってます。

そして、自分の信念との葛藤のシーンが良いっす。良いっす。脳内シャッターきりまくりよ。三池さんありがとう。

そのシーンと並んでワタシが強烈ツボったのが、「バカ」ってせりふんとこ。つぶやくの、バカって・・・・いろんなもんをひっくるめてその絶妙なひと言のシーンが大好きだ。リピートしたい。阿部力の役のがおいしいよなー、なんてちょっと思ったですけど、まーくんの直球過ぎの見た目とかまっすぐキャラとか考えると、直球かっこいいその役より、このちょい斜め上な役の方が良かったのかも。キャスティングしてくれてありがとう。

青春のなんとか、とか、泣けました、とかってキャッチフレーズの映画は一切興味が無いので、ちゃっちい映画に主演とかそんなじゃなく、これからもこーゆー面白い人が関わってる作品にまーくんが出ていってくれたら嬉しい。

映画は娯楽っす!






 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。